Chat&MessengerのWeb会議はどこまで使える?使い方·料金·事例について解説

最終更新日 

社内の情報共有や業務効率化を図るには、グループウェアの導入がおすすめです。

また、近年のテレワーク推進にもグループウェアは大きく貢献できるため、テレワークの導入を検討している方にもグループウェアは良いでしょう。

Chat&Messengerは、グループウェアの中でも0円から利用できるコストパフォーマンスに優れている点が魅力的で、豊富な機能がオールインワンに搭載されています。

料金や特徴、機能などを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

Chat&Messengerとは

Chat&Messengerとは、株式会社Chat&Messengerが運営しているグループウェアです。

ビジネスチャットやWeb会議·ビデオ通話、ファイル共有など豊富な機能を搭載しており、オンプレミスとクラウド両方で導入できる利便性の高さが高評価されています。

期間の制限なく0円で利用することができる無料プランを提供しており、初めてグループウェアを導入するという方にもおすすめなサービスです。

Chat&Messengerの特に優れている点

高品質なWeb会議ができる

新型コロナウイルスの感染症対策を契機として、多くの企業で導入が広まったテレワーク。

離れた場所にいながら従来の会議と変わらないパフォーマンスを発揮することで注目されたWeb会議システムですが、Chat&Messengerにも優れたWeb会議機能が搭載されています。

クラウドで利用できるため、時間や場所を選ばず、後からでも会議に参加することができ、スマートフォンからでも利用できるため、倉庫などで実際の映像を映しながらの会議を行うことも可能です。

相手の顔を見ながら文書を共有することができるため、オンライン商談にも活用できます。

専用のソフトをインストールすることなく、ブラウザから簡単にWeb会議をスタートできる手軽さも魅力的です。

オフラインでもWeb会議が可能

離れた場所でも変わらないパフォーマンスで会議ができる点が最大の魅力のWeb会議機能ですが、官公庁や病院などではテレワークが難しく機密性が高い情報を扱う可能性も高いため、容易にWeb会議を導入できないという課題があります。

しかし、Chat&Messengerであれば、CAMServerをPCにインストールするだけで外部へのデータ通信が一切発生することなく、Web会議を行うことができます。

セキュアな環境で、機密性を守りつつ、高音質·高画質なWeb会議が実現できるのは非常に魅力的と言えます。

Webセミナーにも活用できる

会場の手配や集客にかけるコストを削減しながら、多くの人に対してPRを行うことができるため、注目されているWebセミナー、ウェビナーにもChat&Messengerのビデオ通話機能は活用できます。

登録不要で参加でき、視聴のみができるURLを簡単に発行することができるため、通信量を削減しつつも大規模なWebセミナーを開催することが可能です。WebセミナーはPCだけでなく、スマートフォンからでも参加することができます。

Web会議機能の使い方

Chat&Messengerを活用したWeb会議の始めた方には、いくつか種類があります。

チャットを作成してWeb会議を始める

Chat&Messengerでは、メッセンジャーグループ、チャットルームを作成することで簡単に複数人でのWeb会議を始めることができます。

後から他のメンバーも簡単に参加することができるため、チャットの流れからシームレスにWeb会議へと移行することが可能です。

スケジュール登録からWeb会議を始める

スケジュールを登録する際に「Web会議」の項目を有効にしておくことで、指定時間前に会議に参加するメンバーに対して通知を送ることができるため、スムーズに会議を始めることができます。

チャットルームからメンバーのスケジュールを確認してWeb会議を予約することができるため、わざわざ外部ツールを立ち上げる必要もありません。

クイックWeb会議

クイックWeb会議は、アカウント登録不要で迅速に参加可能なWeb会議です。

スムーズに参加できるだけでなく、招待用のURLは有効期限、パスワードを設定することができるため、セキュリティを落とすことなくWeb会議を実現できます。

デスクトップ版クライアントから連携

CAMServerのLANモデルとクラウドモデルそれぞれでWeb会議に参加することが可能です。

LANモデルの場合は、拡張機能でWeb会議メニューを追加、クラウドモデルの場合は、ビデオ通話と音声通話が標準でWeb会議に置き換わります。

Chat&Messengerの主要な機能・特徴

ビジネスチャット機能

Chat&Messengerのビジネスチャット機能は、チャット機能をベースとしながらWeb会議やファイル共有、タスク管理など統合しています。

ITリテラシーが高くない方でも無理なく使える操作性で、iOS·Androidのスマートフォンにも対応しているため、テレワークでの利用も可能です。

メッセージの開封状況の確認ができるため、無駄な確認連絡も必要なくなります。

ファイル共有·文書管理·掲示板機能

チャットで流れていく情報を文書管理ストックすることで、情報の見落としを防ぐだけでなく、ナレッジの蓄積にも活用できます。

文書管理機能には、リッチテキストエディターが搭載されており、メッセージ入力を柔軟にサポートします。直感的操作でファイル共有ができ、インクリメンタルサーチで高速かつ軽快な検索が実現可能です。

スケジュール·タスク管理·設備予約機能

スケジュール機能では、受信したメッセージからスムーズにスケジュール登録、ToDo登録をすることができます。

また、チャットメンバーのスケジュールを確認してから空いている時間にスケジュール予約、会議室などの施設予約をすることも可能です。

チャットメンバーに対するタスク依頼もスムーズで、柔軟なタスク管理が可能な点もChat&Messengerの優れている点でしょう。

Chat&Messengerの料金·価格

Chat&Messengerには、5つの料金プランが提供されています。

  • 無料プラン:0円
  • プレミアムプラン:月額200円/ユーザー
  • ビジネスプレミアムプラン:10,000円/ユーザー
  • オンプレミスプラン:月額150円〜/ユーザー
  • クラウドプラン:月額300円〜/ユーザー

無料プランは、期間の制限なく0円で利用することができるため、トライアルとして導入するのにもおすすめです。

よくある質問

インターネット接続が必要ですか?

オンプレミスで利用する場合は不要です。難しい設定なしで社内ユーザーを自動で認識してチャットやビデオ通話を行うことができます。

離れた拠点やスマートフォンとの連携は可能ですか?

Chat&Messengerのクラウドプランに利用することで可能となります。また、拠点がVPN·IP-VPNで接続されている場合は、オンプレミスCAMServerを利用することで実現することができます。

ビジネスプレミアムプランに無料のお試し利用はありますか?

サイトから無料ダウンロードしていただくことで、しばらくの期間はプレミアム機能が有効となります。またビデオ通話は数分間お試しで利用できます。

Chat&Messengerで高品質なWeb会議を

ビジネスチャットからWeb会議やスケジュール登録、タスク管理などがシームレスに実現できるChat&Messengerは、無料で利用できるコストももちろんのこと、直感的に利用できる操作性にも優れています。

テレワークの導入においても大きく貢献するサービスとなっていますので、本記事を読まれた方は一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Chat&Messenger公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載