アメリカではもはや主流!?コロナ禍で注目の【カーブサイドピックアップ】とは?

最終更新日 

新型コロナウイルスの脅威によって私たちの生活は大きく一変しました。

マスクをつけての外出は当たり前ですし、出先での消毒、三密を避けての行動もよく見かける光景となりました。

一変したのは私たち消費者側だけでなく、商品やサービスを提供する企業側にも大きな変化が生じています。

非接触を意識した売り場作りや、ECサイトへの注力などが見られるようになりました。

海外においても、デジタルを活用したサービスが多く登場し、注目を浴びています。

今回はコロナ禍で注目のカーブサイドピックアップというサービスについて紹介していきます。

カーブサイドピックアップとは?意味を解説

カーブサイドピックアップ(Curbside Pickup)とは、オンラインで注文した商品をまるでドライブスルーのように駐車場を利用してピックアップするサービスのことを指します。

アメリカでは通販はデリバリーと並び新たな販路として広く利用され始めています。

オンラインで商品を購入し、店舗の駐車場まで車でピックアップしに行けば、店舗スタッフが商品をトランクに詰め込んでくれるため、コロナ対策における密集の回避、非接触の買い物が実現できるとして利用する人が増えています。

カーブサイドピックアップのはじまり

カーブサイドピックアップサービスの導入事例として有名なのが、アメリカの小売業大手のウォルマート(Walmart)です。

同社が提供する店舗は広く、商品を買うための列も長蛇になるので「店舗に行くのが億劫だ」、「商品は魅力的なので並ばずに購入できるようにして欲しい」と思っている顧客のためにカーブサイドピックアップサービスを開始しました。

クリック&コレクトとも呼ばれており、オンラインで顧客が注文した商品を店員がカゴに詰めておき、車で来店した顧客のトランクに搭載するだけなので、手軽かつ感染症対策にもなることから、現在ではアメリカウォルマート2,000店舗以上で導入されるサービスとなりました。

カーブサイドピックアップ導入のメリット

店舗側のメリット

カーブサイドピックアップサービスは、一見すると顧客にとってのメリットが大きいように考えられますが、実は店舗側にもメリットが多数あります。主なメリットとしては以下の通りです。

  • 非接触での販売方法を確立できる
  • オンライン、アプリからの注文を受けることでリアルタイムの在庫を把握、管理することができる
  • 非接触の販売方法を取り入れていることで他社との差別化が図れる

顧客側のメリット

顧客側のメリットとしては以下の通りです。

  • 非接触での買い物ができる(感染症対策)
  • デリバリーと比べ、配送手数料が発生しない
  • アプリなどで事前に注文して受け取れるので店内での待ち時間がない
  • 商品を検索してすぐに探すことができる(店内を歩き回る必要がない)
  • 大量に商品を買っても詰め込みを自分でする必要がない

カーブサイドピックアップの導入事例

米マクドナルドの事例

日本でも2,500店舗以上を展開する米国ハンバーガーチェーン最大手のマクドナルドでもカーブサイドピックアップサービスを試験的に導入しています。

「マックディ·オーダリング」と呼ばれ、「モバイル·オーダリング」というスマートフォン専用のアプリから注目することで、顧客はパーキング(店内も可)で注文した商品を受け取ることができます。

支払い方法はクレジットカードかデビットカードになり、豊富なランチ·ディナーメニューから選ぶことができるそうです。

ピックアップ専用の駐車スペースでQRコードをスキャンすることで決済が完了し、そこから調理開始。できたての商品をスタッフが駐車場まで届けてくれる仕組みとなっています。

日本マクドナルドでの事例

アメリカでのカーブサイドピックアップサービス成功を受け、2020年に日本マクドナルドでも駐車場で商品が受け取れるサービスが開始されました。

「パーク&ゴー」というサービスで、原理はカーブサイドピックアップサービスと同様に注文専用のスマホアプリ「モバイルオーダー」を活用して駐車場で受け取るを選択することでカーブサイドピックアップサービスを利用することができます。

注文を確定し、店舗の駐車場へ車を駐車し駐車スペースの番号を入力することで決済が完了します。三密を避けてできたての商品を受け取ることができるため、ユーザーからは好評で全国250店舗以上で導入されており、コロナ禍の影響もあることから今後ますます拡大していくことが予想されます。

イオンの事例

小売業大手のイオンでも他社に先駆けてカーブサイドピックアップサービスを開始しています。

新型コロナウイルスの脅威が本格化してきた2020年5月、イオンリテール株式会社はネットで注文した商品を駐車場で受け取れるサービスを開始し、多くの顧客に利用されています。

驚くべきはそのスピードで、当日の午前9時までに申し込めばその日の正午から午後3時までの間に商品を受けとることができます。

さらに、午前9時から正午までに申し込んだ場合でも午後3時から午後6時までに受け取ることが可能です。

従来のネットスーパーを利用するよりも素早く商品を受け取ることができるとして顧客からは好評で、試験的に導入した店舗では運用開始月の売り上げが前年比の6割増にまでなりました。

コロナ禍におけるカーブサイドピックアップの必要性とは

日本にも本格的にワクチンが流入するようになり、各地でワクチン接種が開始されました。

ですが、東京都や大阪府など大都市では未だ日の感染者数は数百人を超え、まだまだ新型コロナウイルスの脅威は収束には向かわないと考えられます。

三密を避けての買い物ができ、ネットショッピングよりも迅速に商品を受け取ることができるカーブサイドピックアップサービスはイオンやマクドナルドなどの大手企業での成功を受け、今後幅広い企業での導入が予想されるでしょう。

実際に、カーブサイドピックアップサービスを導入した企業の多くは、非接触の販売経路を確立できただけでなく大きな売り上げアップにもつながっており、企業側·顧客側ともにメリットが大きいカーブサイドピックアップサービスはオムニチャネルの確立という意味でも進められていく可能性が高いと言えます。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載