1ユーザー月500円から使える?Collaboflow(コラボフロー)の料金・評判・機能について

最終更新日 

紙のワークフローは、書類の保管など管理の手間がかかることや資源を無駄にしてしまうなどの問題があるため、近年では専用のシステムを導入して業務の効率化やペーパーレス化を目指す企業も増えてきています。
そんな中で多くの企業が利用しているCollaboflow(コラボフロー)の特徴、強み、料金プランなどについて、本記事で解説いたします。

Collaboflowとは?

Collaboflowは、株式会社コラボスタイルが開発、販売しているWebコラボレーションワークフローシステムです。
Excelなどで作成した稟議書などの書類をそのまま申請フォームに活用することやワークフローを簡単に作成できる機能が搭載されています。操作方法も簡単で、パズル感覚で直感的に利用可能です。

Collaboflowの特徴・機能

Collaboflowには、本格的なワークフローシステムを構築するための機能がたくさん搭載されています。
主な機能や特徴については、以下の通りです。

稟議の承認や見積もり発行などが簡単に行える

Collaboflowの特徴は、稟議書の承認、見積書の発行などの作業が簡単に行える点です。
書類の内容を判別したうえで、次の承認者へ自動選択して届けてくれる機能が搭載されているため、わざわざ承認者のところまで足を運ぶことや回覧をまわす手間を省くことができます。

ペーパーレス化できる

Collaboflowを導入することで、ペーパーレス化が可能となります。書類をシステム上で管理することによって、検索もしやすくなりますし、ファイリングや保管の手間がかからないというメリットもあります。
さらに、紙代、輸送費なども省くことができるので、コストカットも実現できるのが特徴です。

情報共有ツールや帳票出力ツールとしても利用できる

Collaboflowは、複数人で情報を共有し、申請データを活用して見積書や納品書などの帳票出力ツールとしても利用できます。帳票は、ExcelやPDFなどの形式で出力可能です。

簡単操作で多機能

Collaboflowは、操作がとても簡単であるにもかかわらず、多機能である点も特徴です。
承認者自動判別、差し戻し後再申請、CSV定期インポートなどさまざまな機能が搭載されており、一部項目のカスタマイズも可能となっています。

Collaboflowの強み

Collaboflowの強みは、外部システムとの連携が可能な点です。
連携パーツを利用することで、サイボウズOffice、Garoon、Office365などとも自由に連携でき、さらに業務の幅を広げて効率化が目指せるようになります。
また、最低5名から契約できる点も、Collaboflowならではの強みとなっています。少ない人数でも利用できるため、最初は少人数で運用してテストを行ったうえで社内全体で利用するという使い方もできるのです。

Collaboflowの価格・料金プラン

Collaboflowは、クラウド版、パッケージ版のどちらのプランを利用するのかによって価格が異なっています。
クラウド版の利用料金は、1名あたり月額500円、年間契約だと5,880円です。
パッケージ版の料金については公開されていませんので、詳細な料金について調べたい場合には株式会社コラボスタイルへお問い合わせしてみてください。
30日間無料トライアル版もあるので、興味を持った方は試してみると良いでしょう。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

Collaboflowの注意点

Collaboflowのデメリットは、オプション機能や連携サービスを利用する場合には、さらに料金がかかってしまうことです。
たとえば、帳票出力オプションを利用する場合だと、クラウド版は1ユーザーあたりで月額50円、パッケージ版は15万円が必要となります。
また、クラウド版では利用できないオプション機能もありますので、その点も気を付けたほうが良いでしょう。

Collaboflowの口コミ・利用企業からの評判

簡単に電子化が実現できました

“使いやすさを重視してCollaboflowを導入しましたが、操作も簡単で直観的に良いなと思えるシステムでした。元のExcelを利用できるので、従来の紙と近い形で電子化できたので、従業員の抵抗感も少なかったです。”(株式会社雄飛堂様)

決裁状況の把握が簡単になりました

“いままでは紙ベースの稟議制度を運営していましたが、Collaboflowの導入によって決裁進捗状況を把握できるようになりました。”(BEENOS株式会社様)

類似サービスとの比較

Collaboflowと類似したサービスとしては、ジョブカンワークフローがあります。
ジョブカンワークフローは、株式会社 Donutsが提供しているクラウド型ワークフローサービスです。多彩なテンプレートが用意されているのが特徴で、さまざまな申請書類に対応できます。Collaboflowと同様にExcelから申請書を作成することも可能です。

ジョブカンワークフローの料金は、1ユーザあたり月額300円となっています。初期費用、サポート費用などは一切かかりません。Collaboflowのクラウド版の月額料金は500円なので、比較すると料金は少しお手ごろです。さらに、労務管理、採用管理などジョブカンのほかサービスを利用する場合には、1ユーザあたり月額50円以上の割引も受けられます。

Collaboflowでワークフローん効率化を

今回は業務効率化ツールのCollaboflowをご紹介させていただきました。

少子高齢化が進む現代において、業務を効率化できるツールの導入はぜひ積極的に進めたいところです。

Collaboflowを導入すれば、効率的なワークフローの構築、進捗の把握が可能です。さらに、ペーパーレス化で、紙代などの無駄も省けますので導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像・データ出典:Collaboflow公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部