Gluegent Flow(グルージェントフロー)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
300円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求

社内の申請から承認までのスピードが遅く、なかなか業務効率化が実現できない場合や、内部統制を強化する必要があるといった目的でワークフローシステムを導入する事例が増えています。

しかし、様々なワークフローシステムが登場していることもあり、自社にどのようなサービスがマッチするかわからないという方も多いのではないでしょうか。

Gluegent Flow(グルージェントフロー)は、操作性に優れ、時間や場所にとらわれることなく、稟議や申請の承認・決裁ができるサービスとして注目されています。

本記事では、Gluegent Flowの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

Gluegent Flowとは

Gluegent Flowとは、サイオステクノロジー株式会社が提供しているクラウドワークフローシステムです。

シンプルな操作性のため、誰でも簡単に扱うことができ、ITツールの扱いに不慣れな方が多い場合でも安心して導入できます。

クラウドで提供されているサービスのため、インターネットに接続できる環境があれば、場所や端末に縛られることなくいつでもどこでも利用可能です。

申請・承認のための手間も削減できるため、紙の書類を回すのに時間がかかっている、管理の負担が大きいという組織にもお勧めです。

おすすめの類似ワークフローシステム

類似サービス: コラボフロー

(4.5)

         
月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

簡単操作でワークフローを作成

コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

Webからも申請フォームが作成できる

Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

運用をしながら改善が可能

更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

 

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

その他のおすすめのワークフローシステム

月額300円〜/ユーザー!シンプルな操作性「Gluegent Flow」
この製品はワークフロー(決裁・承認フロー)の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の製品をまとめて資料請求

Gluegent Flowのサービスラインナップ

Gluegent Flow for Google Workspace

Gluegent Flow for Google Workspaceは、Google Workspaceの拡張アプリケーションとして利用できるワークフローシステムです。

Google Workspaceのアカウントをそのまま利用することができるため、利用者はスムーズに利用開始でき、管理者は新たなアカウントを管理する必要はありません。

また、スマホアプリが標準提供されており、場所や時間、端末にとらわれず申請・承認・決裁業務を行うことができます。

Gluegent Flowの確認や承認をトリガーに、Gmailへの通知や申請内容を記載したGoogleドキュメント、Googleスプレッドシート管理表などを自動処理で作成する機能が搭載されています。

Gluegent Flow for Microsoft 365

Gluegent Flow for Microsoft 365は、Microsoft 365の拡張アプリケーションとして利用できるワークフローシステムです。

Microsoft 365のアカウントをそのまま活用できます。

60種類以上のテンプレートが搭載されており、導入当日から利用可能です。

ノーコード・ローコードで、誰でも簡単に申請フォーム(申請モデル)を作成することができ、管理・総務部などの部署導入にも利用できます。

Microsoft 365で定義した組織構造と、利用企業自身が設定した社員情報を利用して、稟議に関する社内規定やルールを変更することなく、柔軟な経路設計ができる点が特徴的です。

Glugent Flow Plus

Google WorkspaceやMicrosoft 365を使用せずに利用できるワークフローシステムです。

Gluegent Flowをセキュリティ面、管理機能面で強化したワークフローシステムとなっており、アカウント・組織管理はもちろんのことログイン認証やアクセス制御といった細かいセキュリティ対策を実現することができます。

Gluegent Flow 各サービスとの外部システム連携

上記3サービスは、いずれもLINE WORKS、Chatwork、Slackといったビジネスチャットへの自動通知機能で見逃しを防止することが可能です(別途お申込みが必要)。

また、クラウドサイン、DocuSign、GMOサインといった電子契約サービスとも連携することが可能であり、契約に関する社内の承認・決裁業務から社外との契約締結まで一気通貫でクラウド化することができます(別途お申込みが必要)。

Gluegent Flowの特徴

グループウェアのアカウント活用で管理を効率化

Gluegent Flowは、Google WorkspaceやMicrosoft 365といったグループウェアのアカウントをそのまま活用することができるため、新たにアカウントを発行する手間や管理、IDやパスワードのユーザー対応を省略することができ、アカウント管理の効率化を実現することができます。

ユーザーにとっても追加でアカウントを管理する必要がないため、混乱することなくスムーズに利用開始できます。

フォームの作成パターンはいろいろ

Gluegent Flowの申請フォームは、Googleドキュメントを使用して普段から利用している紙のフォームそっくりにレイアウトを作成することが可能です。

使い慣れたフォームのままスムーズに電子化へ移行することができます。

新しくフォームを作成する場合は、60種類以上のテンプレートから選ぶことも、入力規則が組み込まれたパーツを組み合わせて作ることもでき、組織にあった作成方法を自由に選ぶことが可能です。

ユーザーはシームレスにログインでき、承認作業はボタン1つで完結します。

複数の通知で見落としを防止

Gluegent Flowでは、モバイルアプリを標準で提供しているため、外出先やテレワークでも手軽に申請・承認業務を行うことができます。

モバイル通知に対応しており、ロック画面でもお知らせを表示できるため見落としを防止します。

通知をクリックすればGluegent Flowの画面に遷移するので承認作業も手間をとらせません。

また、見落とし防止を強化するため、メール・ブラウザ・チャットといった複数の方法で通知を送ることも可能です。

Gluegent Flowの主要な機能

Glugent Flowに搭載されている主な機能を紹介します。

  • 申請書の作成機能:テンプレート、HTMLエディタなどで自由に申請書の作成が可能
  • 承認経路の設計:わかりやすい階層表示の組織からユーザー/組織/ロール(個別に設定された組織内の役割)を指定して簡単にワークフローの承認経路を設定。経路数に制限はなく、合議や条件による分岐の設定も可能
  • マルチデバイス対応:端末や場所を選ばずに申請・承認が可能
  • 通知機能:メールやブラウザ、スマホなど複数の手段で確認・承認依頼を通知
  • 外部システムとの連携:チャットツールやグループウェア、電子契約サービスなどとの連携が可能

Gluegent Flowの価格·料金プラン

Glugent Flowの各サービスごとの料金は、以下の通りです(1ユーザーあたり)。

  • Gluegent Flow for Google Workspace:月額300円(税別)
  • Gluegent Flow for Microsoft 365:月額300円(税別)
  • Glugent Flow Plus:月額400円(税別)
  • Gluegent Flow各サービスとの外部システム連携:0円(別途お申込みが必要)

詳細な情報については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

※価格情報は2022年10月時点のもの

Gluegent Flow導入から運用までの流れ

Gluegent Flowでは、検討段階から運用後まで丁寧なサポートを提供しています。

Webからの問い合わせに対して、豊富な導入実績をもとにした最適な提案をしてくれるため、初めてワークフローシステムを導入するという方でも安心です。

個別相談やデモンストレーション、ハンズオンセミナーなどを実施してくれるため、納得した状態で導入に進むことができます。

正式申し込み後は、導入支援を実施しており、導入に関する不明点はサポート対応してくれます。

初期設定後は、運用サポートチームと利活用サポートチームで支援を行なっており、必要に応じてカスタマーサクセスによるオンラインサポートを受けることも可能です。

Gluegent Flowの導入事例・評判・口コミ

効率化とペーパーレス化が実現

“Microsoft 365の導入をきっかけにワークフローシステムも新しいものへと変えようということになり、数製品を比較してMicrosoft 365と連携できるGluegent Flowを選びました。デフォルトのデザインがシンプルで使いやすく、現場ごとに使いやすいデザインの申請モデルを活用しています。テレワークでも申請・承認が滞ることがなく、紙の申請の煩雑さを払拭することができました。”(三友株式会社様)

大幅な業務短縮を実現

“文書管理の一環としてワークフローシステムの導入を検討しており、様々な連携機能を持つGluegent Flowを導入しました。まずは課題の洗い出しとルールの整理を行い、スモールスタートで運用し始め、今では300件ほどあった申請書が半数程度になっています。自動処理機能を使って決裁済みのデータをアウトプットし、印刷業務の部分はロボット化したことで、年間で1,600時間の業務削減を実現できる見込みです。”(株式会社サンゲツ様)

Gluegent FlowとGluegent Flow Plusの違い

Gluegent FlowとGluegent Flow Plusの大きな違いは高いセキュリティ対策があるかどうか、外部システムとの連携ができるかどうかです。詳しく見ていきましょう。

高いセキュリティ対策

Gluegent Flowは、Google Workspace / Microsoft 365のアカウントと連携して利用できるワークフローシステムのため、ある程度セキュリティは担保されています。それに対しGluegent Flow Plusは、Gluegent Gateのログイン認証とアクセス制御を利用するため、そもそもGluegent Gateを利用していないとログインはできない点から、Gluegent Flowよりもセキュリティが強化されていると言えるでしょう。

外部システムとの連携

Gluegent Flow Plusは、Gluegent Gateの機能を利用して、社内外ユーザーの管理や、外部システムとの連携が可能となっています。例えば顧客管理システムや生産管理システムなどを連携させることで申請管理以外の作業も、効率的にワークフローを運用することができます。

Gluegent Flowのセキュリティ体制について

申請物は個人情報等の重要事項が含まれている場合がありますので、セキュリティ事項をしっかり満たしたツールを導入したい企業が多いと思います。Gluegent Flowでのセキュリティ体制について説明していきます。

データ暗号化

Gluegent Flowは、データの暗号化を採用しており、ワークフローのデータはSSL/TLSで暗号化されて送信されるため第三者による情報漏れを防止することができます。また、ワークフローデータベースは、AES-256で暗号化されて保存されているため保全性を高めることができます。

監査ログの記録

Gluegent Flowは、監査ログを記録しているため、ワークフローへのアクセスログや、データの変更ログが記録されます。万が一不正利用や改ざんがあった場合でも、原因の特定を容易にすることが出来ます。

Gluegent Flowはどんなサービスと連携できる?

Gluegent Flowは様々なサービスと連携が可能ですが、今回はMicrosoft 365、Google Workspaceとの連携について説明していきます。

Microsoft 365とつながるワークフローシステム

Microsoft 365と連携することでAzure ADと連携してMicrosoft 365のアカウントを活用するため、ログインのためのIDやパスワードが不要となります。また、確認や承認依頼をメールへ自動送信したり、Power Automateを活用してTeamsに自動通知することが可能になります。

Google Workspaceとの連携

Google グループの情報を活用するため、異動や組織改編が起きてもGoogleのアカウント、グループの変更のみでGluegent Flowにも情報が反映されます。また、Gluegent Flowに入力した内容をGoogleスプレッドシートに自動で出力することも可能です。 稟議書の管理台帳や、分析・報告用の元データを、Gluegent Flowが自動で生成してくれるので連携すると非常に便利です。

よくある質問

既存システムや外部データとの連携はできますか?

はい。GoogleスプレッドシートやCSVをマスターデータとして利用できます。 電子契約サービスとも連携可能です。

自社の規定に沿った申請経路のカスタマイズは可能ですか?

個人・グループだけでなく、役職で指定することや複数人を指定するなど、自由にカスタマイズすることができます。

一部の人にしか使えないように権限を付与することはできますか?

一定以上の役職の人にのみ閲覧権限を付与するといった細かい権限設定が可能です。

申請フォームは簡単に作ることができますか?

ウェブブラウザ上のマウス操作で簡単に作成することができます。

Gluegent Flowの詳細について

Gluegent Flowについて、特徴や導入事例などを紹介させていただきました。

ワークフローシステムは、操作性が複雑で社内に浸透しなかったり、自社にあった申請経路の設計ができずに導入が失敗してしまうケースも少なくはありません。

Gluegent Flowは、シンプルな操作性と柔軟な経路設計、豊富なデータ連携で業務効率化やコスト削減の成功へと導きます。

Gluegent Flowのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    その他の関連する記事

    これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
    ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    Google Workspace利用企業なら間違いなく利用価値があるツールです

    良い点

    スプレッドシートやGmailなど使い慣れたツールと組み合わせてより便利なワークフローを構築できるところ。

    改善点

    ノーコード開発とはいかずに、フル活用するためにはJavaScriptなどのIT知識が必要なところ。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    普段業務でよく使用するGoogle Workspaceとスムーズに連携できるところが導入の決め手です。ほとんどの業務をクラウド上のツールで行っているので、ワークフローを既存のツールと絡めて運用することで複雑な業務が不要になりました。

    満足度

    ストレスフリーなUIです

    良い点

    既存のソフトのような使用感でフォームが作れるところ。

    改善点

    カスタマイズのサポートが充実していると嬉しいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    レガシーなシステムだと外資のクラウドサービスに対応していないこともありますが、普段業務で一番よく利用するGoogleの各種サービスと連携できるので、導入に抵抗がなかったです。比較的自由度が高い申請書の作成が可能なので、元々使用していた仕様の申請書をそのまま引き継げました。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【ワークフロー】

        類似サービス: コラボフロー

        (4.5)

                 
        月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

        継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

        簡単操作でワークフローを作成

        コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

        Webからも申請フォームが作成できる

        Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

        運用をしながら改善が可能

        更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

         

        類似サービス: コラボフロー for ClimberCloud

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        コラボフロー for ClimberCloudとは、株式会社ストラテジットが開発しているワークフローシステムとデータ保存サービスの連携アプリです。 ワークフローシステムとして幅広いシェアを誇るコラボフローで申請・承認された申請書に添付された請求書等のPDFファイルを統合型電子データ保存サービスのClimberCloudへ自動で登録することができます。

           

        申請〜承認、電子データの保存が同時にできる

        コラボフロー for ClimberCloudを導入することで、スキャンした請求書データをコラボフローで申請・承認後、ClimberCloudへ自動で保存できるようになります。 電子帳簿保存法に対応した形式で保存できるため、改正電子帳簿保存法に対応させたいという方にもおすすめです。

        豊富な機能

        コラボフロー for ClimberCloudでは添付PDFをClimberCloudのファイル付きリストに登録したり、申請フォームの入力項目も連携可能です。 コラボフロー側の申請フォームに紐づく固有情報も連携可能で、受信時や経路完了時など希望に合わせた連携タイミングを柔軟に設定できます。

         

        類似サービス: Gluegent Flow

        (4.5)

                 
        月額料金300円〜/ユーザー無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Gluegent Flowとは、サイオステクノロジー株式会社が提供しているクラウドワークフローシステムです。 シンプルな操作性のため、誰でも簡単に扱うことができ、ITツールの扱いに不慣れな方が多い場合でも安心して導入できます。

           

        グループウェアのアカウント活用で管理を効率化

        Gluegent Flowは、Google WorkspaceやMicrosoft 365といったグループウェアのアカウントをそのまま活用することができるため、新たにアカウントを発行する手間や管理、IDやパスワードのユーザー対応を省略することができ、アカウント管理の効率化を実現することができます。

        フォームの作成パターンはいろいろ

        Gluegent Flowの申請フォームは、Googleドキュメントを使用して普段から利用している紙のフォームそっくりにレイアウトを作成することが可能です。 使い慣れたフォームのままスムーズに電子化へ移行することができます。

        複数の通知で見落としを防止

        Gluegent Flowでは、モバイルアプリを標準で提供しているため、外出先やテレワークでも手軽に申請・承認業務を行うことができます。 モバイル通知に対応しており、ロック画面でもお知らせを表示できるため見落としを防止します。

         

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: AgileWorks

        (4.5)

                                               
        料金要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        AgileWorksとは、株式会社エイトレッドが開発・提供しているワークフローシステムです。 組織改編や人事異動が多い中堅・大企業でも、柔軟に設計ができる点が強みで、急な業務変更にも対応できる標準機能を搭載しています。

        操作性に優れたインターフェースで設計

        AgileWorksは、従来の紙のようなフォームをノーコードで作成できる「X-WebForm for Agile」という機能が搭載されています。 マウス操作で入力フィールドを配置することができ、プロパティから入力補助の設定もできます。

        複雑な組織構造にも対応

        AgileWorksは、組織や所属データを履歴構造で持つため、組織改編を施行する前から設定作業が可能になります。 標準機能で大規模な組織改編や統廃合、長い決裁フロー、多数の運用システムといった課題に対応することができ、ワークフロー全般をカバーすることが可能な実用性の高さが特徴的です。

        内部統制を強化できる

        AgileWorksは、閲覧権限や書類オーナーの設定、引き継ぎ時の設定など、各種申請に応じた保管方法を事前に設定できるため、事業所ごとに異なる管理ルールを設定して内部統制を強化することが可能です。

      広告

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載