Gluegent Flow(グルージェントフロー)の料金·評判·機能について。1ユーザー月額300円から使える?

最終更新日 

稟議書などの申請や承認を効率化することや一元管理するために、専用のシステムを活用する企業が多くなりました。
本記事では、クラウド上で利用できるGluegent Flow(グルージェントフロー)について取り上げて、特徴、強み、料金プランなどもご紹介いたします。

Gluegent Flowとは

Gluegent Flowは、サイオステクノロジー株式会社が提供しているクラウド型ワークフローシステムです。
紙ベースで行っていた申請業務を電子化し、業務を効率化できることから、アパレル会社、保険会社、有名ホテルなどさまざまな企業で導入されています。

Gluegent Flowの特徴·機能

では、ここからGluegent Flowの機能や特徴を見ていきましょう。

ペーパーレス化できる

 

Gluegent Flowの特徴は、紙で行っていた業務を電子化して、ペーパーレス化できることです。
帳票作成機能やテンプレートが搭載されており、稟議書や決裁書などさまざまな形式の書類が簡単に作成できます。

自社に合わせて経路を自由に設計可能

自社のやり方に合わせて、承認から決裁までの流れを自由に設計できる点も、Gluegent Flowの特徴です。
担当者を個人以外にグループに設定することや部長など役職で経路を設定することも可能となっています。

Microsoft 365やG Suiteのどちらかを選べる

Gluegent Flowは、「G Suite」、もしくは「 Microsoft 365」のどちらかのプラットフォームと連携が可能です。
連携させることで、アカウントを統合することやメールの自動配信、データの自動出力など自動処理も行えるようになります。

ブラウザ通知やメール通知機能

 

Gluegent Flowには、ブラウザやメールでの通知機能も搭載されています。
通知が入ることで、担当タスクを一目で把握することや情報の見逃しを防ぐことができ、スムーズな承認が実現できます。

Gluegent Flow導入のメリット

Gluegent Flowの強みは、クラウド型のワークフローサービスであることです。
自社でサーバーを準備する手間や管理する手間がかかりませんし、導入が非常に簡単で、すぐに利用することができます。
また、上位版のGluegent Flow Plusが用意されていることも強みとなっています。
Gluegent Flow Plusは、セキュリティや管理機能がより強化されており、G SuiteやMicrosoft 365は不要で動作するのが特徴です。
さらに、Gluegent Flowは、マルチデバイス対応となっており、スマートフォンやタブレットでも利用できるというメリットもあります。
社外からでも申請や承認が行えるので、テレワークにも活用できます。

Gluegent Flowの価格·料金プラン

Gluegent Flowと上位版のGluegent Flow Plusの2つの料金プランがあります。
1ユーザーあたりの月額料金は、 Gluegent Flowが300円、Gluegent Flow Plusが400円です。
Gluegent Gateの追加やオプションを利用する場合には、別途料金がかかります。
詳細な料金については、要問い合わせです。
2021年2月現在/詳細はGluegent Flow公式サイトを確認

Gluegent Flowの注意点

Gluegent Flowを利用する際には、1ユーザーあたり最低300円の料金が発生するため、人数が増えると費用もかさんでしまいます。
ただ、Gluegent Flowは価格以上の満足得られる機能が搭載されており、セキュリティ対策もしっかりしていますので、基本的に注意すべき点はありません。
そのためおすすめのサービスです。

Gluegent Flowの導入事例·評判

効率化とペーパーレス化が実現

“社内業務改善を目的としてGluegent Flowを導入した結果、業務が効率化し、ペーパーレス化も実現できました”(株式会社アイエスエフネット様)

業務効率がアップしミスも減少

“導入から2ヶ月ほどでGluegent Flowへ移行。紙ベースの申請からワークフロー化したことで業務効率がアップし、ミスも減少しました。Gluegent Flowのおかげでテレワーク環境がより強化できました。”(株式会社AIT様)

類似サービスとの比較

Gluegent Flowと類似したサービスとしては、インフォテック株式会社が提供しているCreate!Webフローがあります。
Create!Webフローのクラウド版の月額料金は、1ユーザーあたり500円です。
年間契約の場合は、5,500円です。
パッケージ版は、50ユーザーあたり60万円~となっています。
機能機能は、申請書フォーム作成、申請から承認までの処理、メール通知などがあります。
そのほか、データベース連携やAPI連携、サイボウズグループウェアとの連携も可能となっています。

Create!Webフローの料金·評判·機能について。1ユーザー月額500円から?

Gluegent Flowでワークフローの効率化とペーパーレス化を

Gluegent Flowを導入すれば、稟議書の作成から決裁までの作業を効率化できます。
スマートフォンでも申請や承認作業ができるので、テレワーク環境を整えたい企業にもおすすめのサービスです。

画像·データ出典:Gluegent Flow公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載