Streamline(ストリームライン)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
300円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求

Streamlineは、簡単な操作で自社に合わせた決裁ワークフローが構築できるワークフローシステムです。

1ユーザーあたり月額300円で利用でき、便利な機能が満載かつ、コストパフォーマンスの高さが魅力的です。

SSO機能により、G SuiteやOffice365等のグループウェアとのシングルサインオン連携も可能で、あらゆる業務の効率化を実現します。

Streamlineとは

月額300円という低価格で利用できるのが一番の魅力です。

従業員数にかかわらず、気軽に導入できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、紙の書式のイメージを採用しており、利用中のExcelや紙の書式のイメージをそのままフォーマットに落とし込むことができます。

自社の業務フローにあわせて、自由にルート設定を行うこともでき、基幹システム・グループウェア・SFAなど、外部システムとのデータ連携にも優れています。

おすすめの類似ワークフローシステム

類似サービス: コラボフロー

(4.5)

         
月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

簡単操作でワークフローを作成

コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

Webからも申請フォームが作成できる

Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

運用をしながら改善が可能

更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

 

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

その他のおすすめのワークフローシステム

月額300円〜/ユーザー!シンプルな操作性「Gluegent Flow」
この製品はワークフロー(決裁・承認フロー)の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の製品をまとめて資料請求

Streamlineの特徴や機能

かんたんな操作で業務フローの設定が可能

Streamlineの最大の特徴は、フォーマットへの入力がドラッグ&ドロップで簡単に行えることです。

誰でもスムーズに申請書を作成できるのは大きな魅力の一つと言えるでしょう。

現在利用している紙書式やExcelと同様のフォームを作成することができるので、PDF出力や印刷も行えます。

既存の帳票レイアウトをそのまま利用することで、引き継ぎ時の煩雑さも省け、スムーズに運用することが可能です。

また金額等による条件分岐・事前定義ルート・手動設定ルート・捺印機能・指定時間自動承認など、自社の業務フローに合わせて決裁ワークフローシステムを自由に作成できる柔軟さも、人気の要因と言えるでしょう。

連携機能など便利な機能が充実している

APIを利用して、自動申請や承認済みデータの取得を行うことが可能です。

基幹システム・グループウェア・SFAなど外部システムとのデータ連携にも対応できるのは強みの一つです。

また、SSO機能を利用すれば、G SuiteやOffice365などグループウェアとのシングルサインオン連携を行うことができます。よりスムーズに決済フローを進めたい企業にはもってこいでしょう。

海外に拠点を置く・取引先を持つ企業である場合、言語切替機能により英語にも対応可能することができます。翻訳する手間を省くことができるので、こちらも業務の効率化に繋がります。

Streamlineの強み

費用対効果

1ユーザーあたり、月額300円という低価格が魅力的。

社内の一部門だけをスモールスタートしたい場合にも最適なサービスです。

UIと操作性

申請フォームは入力項目をドラッグ&ドロップのみで作成できるので、操作性も好印象です。

Streamlineの価格·料金プラン

1ユーザーあたり月額300円のプランは、保存容量が1GB×契約ユーザー数と少ないので、社内の一部門でのスモールスタートや小規模な会社に最適です。

中規模・大規模会社向けに、保存容量が10TBで月額750円のプランも用意されています。

Streamlineの評判・口コミ

Streamlineのいい評判・口コミ

Streamlineでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

Streamlineの良い口コミ・評判

・稟議書や申請書類等をオンラインで作成でき、申請ルートが簡単に設計できる。

・active directly連携が可能なため、社員情報と権限グループの運用が簡単にできる。
・紙のフォームに入力するのと同じ感覚で、簡単に入力が行える。

このようにStreamlineでの良い口コミでは、紙のフォームで作成する時と同じように稟議書や申請書類をオンライン上で簡単に作成することができ、申請ルートも簡単という声があります。
また、active directly連携もできるため、社員の情報と権限を持つグループの運用が楽に行えるというメリットもあるようです。

Streamlineのその他評判・口コミ

Streamlineでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

Streamlineのその他口コミ・評判

・画面の動作が非常に遅く、1つの申請書を開くのに時間がかかる。
・フォーム作成時に陰影の配置などの制約事項が多く、既存で利用しているフォームイメージをそのまま移行することができない。
・月額300円プランだと書類数に限りがあるため、電子化したい書類が多い場合は月額750円のプランにしなければならずコストが増える。

このように、Streamlineの悪い口コミには、通信環境によるところもあるかも知れませんが、画面の動作が重く、遅くなることがあり、1つの申請書を開くのにも時間がかかりストレスに感じることがあるようです。
また、申請書のフォーム作成時に陰影の配置などの制約事項が多く自由度が低いため、既存で利用しているフォームイメージをそのまま移行できず利用しづらいと感じるという声や、電子化したい書類が多いとコストが増えるという声もあります。

Streamlineを導入した結果は?

Streamlineを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

Streamlineを導入した結果に関する評判・口コミ

・申請書類をプログラム無しで作成することができるため、申請書類作成の時間が削減でき、加えてペーパーレス化にも繋がりました。

・承認結果などがメールにより知らされるため、見落とすことが無くなりました。
・申請書類をオンライン上でやり取りできるため、外出が多い上長などの承認をスムーズに受けられるようになりました。

このように、Streamlineを導入することで、作成した申請書類をオンライン上で上長などに回せるため、上長が外出中であってもスムーズに確認し承認がもらえるという声があるようです。
また、承認の結果もメールにより知らせてくれるため見落とすことがなく、オンラインで申請書類が作成できるため、申請書類を作る時間が短縮できることに加え、ペーパーレス化に繋がったという声もあります。

Streamlineの改善希望ポイントは?

Streamlineに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

Streamlineで改善して欲しいポイント

・承認ルートや条件のカスタマイズに柔軟性が欲しい。
・条件分岐が数値のみのため、複雑な条件分岐に対応しづらいため改善して欲しい。
・申請書類内容を変えたい場合、自動保存機能がなく保存を忘れてしまうことがあるので追加して欲しい。

このように、Streamlineの改善希望ポイントには、使い勝手が良い分、承認ルートや条件のカスタマイズに柔軟性が欲しいという声や、条件分岐が数値のみのため、複雑な条件分岐にも対応できるようにして欲しいという声があるようです。
また、申請書類内容を変えたい場合に、保存を忘れてしまうことがあるため、自動保存機能を追加して欲しいという声もありました。

Streamlineの注意点

上述した通り、月額300円のプランは、保存容量が1GB×契約ユーザー数です。

もし、電子化したい書類が多い場合には、月額750円のプランを利用した方が良いでしょう。

この製品に関連する動画を紹介

Streamlineを便利に活用しよう

Streamlineは、PC・スマートフォン・タブレットなどで、場所を選ばずに申請・承認業務が行えるのも嬉しいポイント。

申請・承認業務を紙文書で行っているので、ワークフローシステム導入を見送った企業にも最適です。

様々な日本企業の文化にあった柔軟なルート設定が可能なうえ、あらゆるシステムと連携することもできるので、必ずや業務効率化に貢献してくれることでしょう。

画像·データ出典:Streamline公式サイト

    その他の関連する記事

    これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
    ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    コストパフォーマンスに優れたワークフローシステム

    良い点

    オンラインで申請書類を簡単に作成できるところです。

    改善点

    申請書類の内容を変更する場合などに、自動保存機能があると助かります。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    低価格で利用できるので、コストカットができてありがたいです。
    申請書類は、プログラム無しで作成することができます。
    承認結果などはメールで通知されるので、見落としがなく便利です。

    満足度

    まるで紙のようなフォームを実現

    良い点

    紙のフォームに入力しているような感覚で入力しやすいところです。

    改善点

    特にありません。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    これまでは紙ベースで申請書のやり取りをしていたため扱いが煩雑になっていましたが、Streamlineを導入することでオンライン上で済ますことができるようになり、ペーパーレス化が実現しました。
    紙のようなフォームなので、違和感なく入力がしやすいです。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【ワークフロー】

        類似サービス: コラボフロー

        (4.5)

                 
        月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

        継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

        簡単操作でワークフローを作成

        コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

        Webからも申請フォームが作成できる

        Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

        運用をしながら改善が可能

        更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

         

        類似サービス: コラボフロー for ClimberCloud

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        コラボフロー for ClimberCloudとは、株式会社ストラテジットが開発しているワークフローシステムとデータ保存サービスの連携アプリです。 ワークフローシステムとして幅広いシェアを誇るコラボフローで申請・承認された申請書に添付された請求書等のPDFファイルを統合型電子データ保存サービスのClimberCloudへ自動で登録することができます。

           

        申請〜承認、電子データの保存が同時にできる

        コラボフロー for ClimberCloudを導入することで、スキャンした請求書データをコラボフローで申請・承認後、ClimberCloudへ自動で保存できるようになります。 電子帳簿保存法に対応した形式で保存できるため、改正電子帳簿保存法に対応させたいという方にもおすすめです。

        豊富な機能

        コラボフロー for ClimberCloudでは添付PDFをClimberCloudのファイル付きリストに登録したり、申請フォームの入力項目も連携可能です。 コラボフロー側の申請フォームに紐づく固有情報も連携可能で、受信時や経路完了時など希望に合わせた連携タイミングを柔軟に設定できます。

         

        類似サービス: Gluegent Flow

        (4.5)

                 
        月額料金300円〜/ユーザー無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Gluegent Flowとは、サイオステクノロジー株式会社が提供しているクラウドワークフローシステムです。 シンプルな操作性のため、誰でも簡単に扱うことができ、ITツールの扱いに不慣れな方が多い場合でも安心して導入できます。

           

        グループウェアのアカウント活用で管理を効率化

        Gluegent Flowは、Google WorkspaceやMicrosoft 365といったグループウェアのアカウントをそのまま活用することができるため、新たにアカウントを発行する手間や管理、IDやパスワードのユーザー対応を省略することができ、アカウント管理の効率化を実現することができます。

        フォームの作成パターンはいろいろ

        Gluegent Flowの申請フォームは、Googleドキュメントを使用して普段から利用している紙のフォームそっくりにレイアウトを作成することが可能です。 使い慣れたフォームのままスムーズに電子化へ移行することができます。

        複数の通知で見落としを防止

        Gluegent Flowでは、モバイルアプリを標準で提供しているため、外出先やテレワークでも手軽に申請・承認業務を行うことができます。 モバイル通知に対応しており、ロック画面でもお知らせを表示できるため見落としを防止します。

         

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: AgileWorks

        (4.5)

                                               
        料金要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        AgileWorksとは、株式会社エイトレッドが開発・提供しているワークフローシステムです。 組織改編や人事異動が多い中堅・大企業でも、柔軟に設計ができる点が強みで、急な業務変更にも対応できる標準機能を搭載しています。

        操作性に優れたインターフェースで設計

        AgileWorksは、従来の紙のようなフォームをノーコードで作成できる「X-WebForm for Agile」という機能が搭載されています。 マウス操作で入力フィールドを配置することができ、プロパティから入力補助の設定もできます。

        複雑な組織構造にも対応

        AgileWorksは、組織や所属データを履歴構造で持つため、組織改編を施行する前から設定作業が可能になります。 標準機能で大規模な組織改編や統廃合、長い決裁フロー、多数の運用システムといった課題に対応することができ、ワークフロー全般をカバーすることが可能な実用性の高さが特徴的です。

        内部統制を強化できる

        AgileWorksは、閲覧権限や書類オーナーの設定、引き継ぎ時の設定など、各種申請に応じた保管方法を事前に設定できるため、事業所ごとに異なる管理ルールを設定して内部統制を強化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載