• Cloud CMOの料金·評判·機能について。導入事例も紹介

    最終更新日 

    Webサイトを使った問い合わせや資料請求、サービスの申し込みや商品購入が定番となっている中、他社との競争に打ち勝って集客をしていく方法が求められています。
    コンテンツマーケティング運用ツールを導入する企業が増える中、集客に定評があるCloud CMOの特徴や強み、料金プランなどを類似サービスと比較しつつ分析していきます。

    Cloud CMOとは

    Cloud CMOは集客に効果が発揮できる、コンテンツマーケティング運用ツールです。
    コンテンツの投稿や更新、効果分析の工数を大幅に削減し、運用者の負担を軽減してくれます。
    コンテンツマーケティングの専門知識がない担当者でも、スムーズな運用と集客アップをサポートしてくれるので安心です。

    Cloud CMOの特徴·機能

    Cloud CMOの特徴と主な機能をご紹介します。

    知識がなくても簡単に利用できる

    見込み客獲得のためにはターゲット層が検索で利用するキーワードを分析、発見して、コンテンツを作成することが欠かせません。
    Cloud CMOは直感的に使えるUIで専門知識を持たない方でも使いこなすことができ、注力したい検索キーワードの順位を定点観測できるため、Googleの検索アルゴリズムアップデートによる影響も簡単に把握できます。

    ブログやSNS作成を簡単サポート

    担当者が1人だけであっても、簡単にWebサイトの更新やブログコンテンツの更新ができます。
    Twitter、Facebookも一度連携すれば同時投稿ができ、投稿文も自動生成できるので便利です。

    フォーム作成

    サイトに訪れた見込み客の情報を得るには、情報を獲得するためのダウンロードページが必要です。
    Cloud CMOでは面倒な入力フォームも、用意されたテンプレートを使用することで誰もが簡単に設置できます。

    Cloud CMOの強み

    Cloud CMOはレポーティング機能も充実しており、コンテンツマーケティングの改善にすぐに活かせるのが強みです。
    マーケティングレポートは検索エンジン経由、SNS経由などサイトへの流入経路を把握しやすく、新規や再訪、平均滞在時間、パソコンやスマホなどユーザー属性の把握と分析ができます。
    コンテンツレポートはコンテンツごとの訪問者数や閲覧数、滞在時間、SNSシェア数などを把握することが可能です。
    どのコンテンツが最もコンバージョンに貢献したかがわかるため、その後のコンテンツ制作に活かせます。

    Cloud CMOの価格·料金プラン

    Cloud CMOではプラン詳細を明らかにしておらず、初期費用や月額費用については要問い合わせです。
    公式サイトの問い合わせフォームに必要事項を入力し、詳細資料をダウンロードすることで価格や無料デモの案内を受けることができます。
    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    Cloud CMOの注意点

    Cloud CMOでコンテンツ内容の制作のサポートも受けたい場合には、別途、記事作成サービスなどを追加する必要があります。
    SEO記事や商品紹介記事、事例記事やインタビュー記事など、ジャンルごとに依頼や相談が必要です。

    Cloud CMOの導入事例·評判

    獲得数が5倍増になりました

    “Cloud CMOを利用してWebサイトをリニューアルし、コンテンツ制作のサポートを受けながら月に5本のペースでブログを更新していきました。前年同月比でPV数が163%にアップし、セッション数も146%増となり、これまで接点のなかった企業からの問い合わせ数が増加しました。Cloud CMO導入前と比較すると、案件情報の獲得数は約5倍以上と飛躍的な増大を達成しています。”(プラス株式会社ファニチャーカンパニー様)

    月間問い合わせ件数10倍増を達成

    “Cloud CMOで特設サイトをリニューアルし、5ヶ月間で制作を依頼した10本の記事を含め70本超のブログ記事をアップしたほか、ダウンロード資料も制作してみました。無料お試し版の申込件数が増加したほか、月数件しかなかった問い合わせ件数が週に10倍近く急増する成果が出ています。”(国際航業株式会社様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスであるa-blog cmsはサイトの規模を問わず、長く安全に運用できるように作られたCMSです。
    ブログ感覚で記事を作成できるブロック型エディターが搭載され、馴染みがない担当者でも気軽に記事の作成や編集が可能です。
    本番環境で公開するには正式ライセンスの購入が必要で、月額費用はスタートアップ1,500円、スタートアップ+が5,000円、プロフェッショナル10,000円、プロフェッショナル+が15,000円で、スタンダード買い切りプランは初期費用50,000円で月額費用はかからず、アップデート期間延長費用として1回あたり10,000円がかかります。
    Cloud CMOはCMSとしての機能だけでなく、メール配信やステップメール配信機能、ユーザートラッキング機能などMAとしての機能も搭載されています。
    費用はサーバーの維持費まで含めた価格設定となっておりオールインワンのパッケージを低コストで利用可能です。

    Cloud CMOでWebサイトの集客アップを

    Cloud CMOは専門知識がなくてもコンテンツ作成や更新が容易にでき、分析も簡単にできます。
    デザイン性のあるメールテンプレートを使って簡単に作成して配信でき、開封率やクリック率などのパフォーマンスも把握可能です。
    マルチなコンテンツマーケティング運用ツールとして、問い合わせや申し込みなどの集客アップをサポートしてくれます。

    画像·データ出典:Cloud CMO公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部