MA(マーケティングオートメーション)の市場規模や拡大の背景

更新日:
マーケティングオートメーションのサービス資料を無料ダウンロード

マーケティングオートメーションの製品をまとめて資料請求

現代のビジネスにおいて、マーケティングは企業が成功を収める上で欠かせない要素となっています。特にデジタルマーケティングは、インターネットを活用した戦略で顧客との関係を築き、ビジネスを成長させる手段として注目を集めています。

MA(マーケティングオートメーション)は、デジタルマーケティングの中でも特に期待されているサービスで、多くの企業が導入を検討しています。

本記事では、MAの市場規模や拡大の理由、今後の展望などについて解説していきます。

おすすめの類似マーケティングオートメーションツール

類似サービス: SHANON MARKETING PLATFORM

(4.5)

月額費用100,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

SHANON MARKETING PLATFORMとは、株式会社シャノンが運営している国産MAツールです。 日本の商習慣に合わせた名刺管理、集客、リード創出・リードナーチャリングの機能には定評があり、特にオンライン・オフライン接点を統合的に管理したアプローチイベント管理機能(トリ)に強みがあります。

           

多様かつ複雑なマーケティングチャネルに対応

SHANON MARKETING PLATFORMでは、リード管理やシナリオ、スコアリング、メール配信、LINE連携、SMS、動画視聴履歴といった豊富な機能を開発・改善しています。 そのため、日々複雑化していくマーケティングチャネルに対して柔軟に対応することが可能です。

リード情報をもとに細かな細分化が可能

SHANON MARKETING PLATFORMは、リードの属性だけでなく、デジタル・アナログ両面での行動履歴を蓄積することができるため、一人ひとりに最適化されたアプローチを実現します。

充実したサポート体制

MAツールをどのように活用すれば良いのかわからないという方でも、SHANON MARKETING PLATFORMであれば安心です。 導入前からの手厚いサポートを用意しており、導入企業専任のカスタマーサクセス担当者がアサインし、伴走したサポート体制を構築しています。

この製品はマーケティングオートメーションの製品です。

マーケティングオートメーションの製品をまとめて資料請求

MA(マーケティングオートメーション)の市場規模

MAは近年急速に市場規模を拡大しており、特にデジタルマーケティング関連サービスの中でも高い成長が見込まれています。

企業がオンラインビジネスを展開する中で、より効果的かつ効率的なマーケティング活動が求められるようになっており、そのニーズに応える形でMAの導入が進んでいます。

国内の市場規模

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2021年のMA市場規模は600億円と見込まれています。前年と比べると約60億円拡大しました。

市場が拡大した要因としては、新型コロナウイルス感染症拡大によるオンラインビジネスの発展や、企業によるECサービスへの投資が挙げられます。オンラインビジネスの拡充に努めている企業の増加が予測されます。

世界の市場規模

市場調査を専門とする矢野経済研究所の発表によると、2020年の日本のデジタルマーケティングサービス市場の規模は約551億300万円にものぼると予想されています。中でも、マーケティングオートメーションに絞ると447億3,500万円。

さらに、市場は今後成長していくことが予想され、2025年には約737億円の市場規模に成長すると見込まれています。また、マーケティングオートメーションは世界的にも有望と考えられている業界で、2024年には64億ドルの市場規模に成長すると予想されています。

今後の展望

現在では「移動時間そのもの」をムダと考える国内の企業も増えてきました。また、インターネットやモバイルデバイスの発達によって、対面での営業活動が重視されなくなりつつあります。

国内ベンダーによるMAツールの提供増加や、日本人のユーザビリティを考慮したMAツールの開発も進んでいるため、今後も大手・中小企業を問わず、MAツールを活用する企業は増えていくでしょう。

MA(マーケティングオートメーション)の市場規模が拡大している理由

インターネットの普及と、それに伴うユーザー行動の多様化がMA市場規模が拡大している理由の1つです。オンラインで顧客が自分で情報収集や比較検討を行い、購入に至るプロセスが変化しているため、企業もそれに対応する形でマーケティング戦略を見直す必要があります。

ユーザー行動の多様化

インターネットの普及により、顧客は、セールス担当者が不在でも自己完結で情報収集や比較検討、サービスの購入が可能になりました。興味深い調査によれば、90%以上の消費者がオンラインショッピングを行う前に同じような商品との情報比較を行っていると明らかになりました。

この結果から、これまでの対面商談に頼る営業手法からオンラインでの営業活動にシフトする必要性がますます高まっています。拡大するインターネットでの購買活動に対応するために、MAツールの普及も今後ますます進んでいくと考えられます。

マーケティング人材の不足

日本では少子高齢化の影響で労働者人口が減少し続けており、これまでの働き方では企業活動を維持することが難しくなってきています。従来通りの営業手法では手が足りなくなることも考えられます。

そのため各企業では生産性の向上や業務効率化が急務となり、多くの企業でMAツールの導入が進められています。このようなツールを活用することで、効率的に業務を回していくことが可能となります。

AI搭載や高機能化したMAツールの普及

AI技術が進化し続ける中、MAツールでもAI技術を活用した機能が増えており、精度の高いターゲティングや自動化されたカスタマージャーニーの構築が可能となります。これにより、より効率的かつ効果的なマーケティング活動が実現できます。

また、大企業やマーケティング部門だけでなく、中小企業やBtoC企業でも導入が期待されています。こうした企業では、顧客データを統合し、正確なターゲティングが可能になる他、顧客に合わせたパーソナライズされたコミュニケーションも実現できるでしょう。

シェア率の高い主なMAツール

国内外で多くの企業が導入するMAツールは、Account Engagement(アカウントエンゲージメント・旧 Pardot)、HubSpot(ハブスポット)、BowNow(バウナウ)などがあります。それぞれに特徴や利点があり、企業によって最適なツールが異なります。

Account Engagement(アカウントエンゲージメント・旧 Pardot)

国内で最もシェア率の高いビジネス・トゥ・ビジネス(BtoB)企業向けのマーケティングオートメーション(MA)ツールを提供しております。弊社のMAツールは、Salesforce社のセールスフォース・オートメーション(SFA)や顧客関係管理(CRM)ツールともスムーズに連携することが可能です。

また、高い受注確度を有する見込み顧客を識別するためのスコアやグレードなどの機能も備えており、さまざまな機能を備えた大規模かつコンテンツが充実している企業に特におすすめです。

HubSpot(ハブスポット)

世界シェア第1位で、国内のシェア率第2位のMAツールです。インバウンド概念に基づいた総合ツールで、関連部署全体で使えるUIがわかりやすく、情報共有がしやすいのが特徴です。

また、外部ツールとの連携も充実しており、日本語対応ツールも豊富に揃っています。

BowNow(バウナウ)

日本でシェア第3位の国内メーカー産MAツールは、シンプルな設計が特徴となっています。このツールは、最大1000件までのリード数を扱うことができるフリープランも提供されており、とりわけ中小企業やMAの初心者にとって、おすすめのツールとなっています。

このフリープランを利用することで、企業はMA活動をスタートさせることができ、予算の制約下でも効果的なマーケティング活動を展開することができます。

マーケティングオートメーションの市場規模を理解しよう

多種多様な顧客ニーズに応えるため、国内外でMAツールを導入する企業が増加しています。しかし、多くの製品が存在するため、導入前にサポート体制や使いやすさを確認することが重要です。

効果的なマーケティング活動を実現するためにも、企業に適したMAツールを選びましょう。

マーケティングオートメーションの製品比較

SHANON MARKETING PLATFORM

SHANON MARKETING PLATFORM

月額費用100,000円〜

SHANON MARKETING PLATFORMとは、株式会社シャノンが運営している国産MAツールです。 日本の商習慣に合わせた名刺管理、集客、リード創出・リードナーチャリングの機能には定評があり、特にオンライン・オフライン接点を統合的に管理したアプローチイベント管理機能(トリ)に強みがあります。

無料お試し要問い合わせ

マーケティングオートメーションの製品比較

SHANON MARKETING PLATFORM

SHANON MARKETING PLATFORM

月額費用100,000円〜

無料お試し要問い合わせ

SHANON MARKETING PLATFORMとは、株式会社シャノンが運営している国産MAツールです。 日本の商習慣に合わせた名刺管理、集客、リード創出・リードナーチャリングの機能には定評があり、特にオンライン・オフライン接点を統合的に管理したアプローチイベント管理機能(トリ)に強みがあります。

    その他の関連する記事

    これは マーケティングオートメーションの製品です。
    マーケティングオートメーションの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【MA】

        類似サービス: SHANON MARKETING PLATFORM

        (4.5)

        月額費用100,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

        SHANON MARKETING PLATFORMとは、株式会社シャノンが運営している国産MAツールです。 日本の商習慣に合わせた名刺管理、集客、リード創出・リードナーチャリングの機能には定評があり、特にオンライン・オフライン接点を統合的に管理したアプローチイベント管理機能(トリ)に強みがあります。

                   

        多様かつ複雑なマーケティングチャネルに対応

        SHANON MARKETING PLATFORMでは、リード管理やシナリオ、スコアリング、メール配信、LINE連携、SMS、動画視聴履歴といった豊富な機能を開発・改善しています。 そのため、日々複雑化していくマーケティングチャネルに対して柔軟に対応することが可能です。

        リード情報をもとに細かな細分化が可能

        SHANON MARKETING PLATFORMは、リードの属性だけでなく、デジタル・アナログ両面での行動履歴を蓄積することができるため、一人ひとりに最適化されたアプローチを実現します。

        充実したサポート体制

        MAツールをどのように活用すれば良いのかわからないという方でも、SHANON MARKETING PLATFORMであれば安心です。 導入前からの手厚いサポートを用意しており、導入企業専任のカスタマーサクセス担当者がアサインし、伴走したサポート体制を構築しています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載