Majinの機能や評判・料金は?実際の使用レビュー有り

最終更新日 

Majinとは?

Majinとは、マーケティングオートメーションツール=MAツールの一つで、広告運用会社ジーニーが発売元となっています。
広告運用の実績をもとに開発したMAツールですが、その特徴と効果・使用感、料金プランについてまとめました。

Majinの特徴

広告配信に強く、集客x販促の課題を同時に解決。
Majinは効果的な集客と販促をまとめて行うMAツールとして開発されています。
どこのフェーズに重点を置くかがMAツールの選び方では問題になりますが、Majinは広告配信の強みを生かし、リードジェネレーションからリードナーチャリングまでを効率的に実現するツールです。広告配信は、DMPとの連携で、効果測定・分析もしやすくPDCAサイクルを効果的に回すことができる仕組みになっています。

Majinの機能

集客機能(リードジェネレーション)
Majinの集客機能は広告配信・運用と広告の分析機能が豊富で、非常に特徴的です

・Majin DMP (媒体評価分析)
・サードパーティデータ利用分析
・リターゲティング広告
・成果計測
・アトリビューション分析
・LTV/ROAS分析
・レポート一元化機能
・入札自動化

ピンポイントでターゲットを狙えるまで広告分析を行うといった趣きで、今までのジーニーの広告運用実績をフルに活用しています。

販売促進機能(リードナーチャリング)

・A/Bテスト
・フォームの作成
・LINE@との連携
・Webプッシュ機能
・アプリプッシュ機能
・シナリオ作成

BtoB・BtoC・アプリプランと3通りのプランをそろえ、販売促進の機能をビジネスタイプごとに無駄なく使えるようにしている点もMajinの特徴です。

Slackとの連携で、施策の実行管理もしやすくなっています。

顧客管理機能

・CRM連携
・SFA連携
・営業アラート
・Webトラッキング
・スコアリング
・IP分析

Salesforceや、ちきゅうとの連携で、顧客に対するアプローチをOne to Oneにまですることができています。

Majinの注意点

UIについては、慣れるまでの時間がかかりがちな面があるようです。「シンプルでかえって簡単」との意見もありますが、親切に操作を誘導してくれるようなUIとはいえないため、好みが分かれるようです。
ただし、Majinはサポートがしっかりしている点では定評があり、導入直後はサポートをマメに受けるようにすれば、マーケティング部員や営業部員が自力で運用可能です。操作性もオーソドックスで癖がなく、使い慣れてしまえば特に問題はないでしょう。

口コミ/利用企業の評判

コストパフォーマンスが高い(小売・マーケティング)

LINE@で個別配信ができるところや、フォームの作成などは気に入っている機能。クーポンの発行をしやすく、弊社のキャンペーンの形には非常にあっている。

分析機能も思ったより使いやすく、キャンペーンの目標達成までのプロセスや、セール時期の訴求で効果的なもの・そうでないものを分類しやすくなり、社内でも報告が適切にできたと思う。Google Adwordsの連携もあり、Webマーケティングに弱い、ということはないが、欲を言えば、ランディングページ機能は欲しい。

SFAも次々と連携を始めていて問題なし(サービス・マーケティング)

SFAの連携がなかったころからのユーザーですが、Salesforceとの連携で触れ込み通りのOne to Oneアプローチができるようになったと思う。アプリ版のMajinも非常に便利に使っている。サポートはレスポンスが早く、きめ細かいのでとても助かっている。

Majinの使用感レビュー

Majinの使用感をユーザー(個人向けサービス・マーケティング課長)に語ってもらいました。

LINE@や、アプリ版がある、ということで、現在の販促のありように一番感覚的に近いMAツールということで導入を決めました。

UIはシンプルで個人的には使いやすいと思いますが、そっけないかな、という気もしています。主要な機能は数日で使いこなせるようになっているため、UIについては結果として問題がないと思っています。

分析機能は外資系のソフトウエア並みでいながら、日本の販促の目線に合っているので、たとえば、いつLINE@で集客をしたお客さんがこのあたりで来店してくれている、といった数値が読めて、企画をするのが楽しくなりますね。

セグメント分析も、性別・年齢・地域・平日の来店者、休日の来店者といったように、細分化して考えることができるので、いくつかのキャンペーンを並行して打つことも可能ですし、効果があれば大胆にやってみよう、という気になりました。確度の高い根拠があるのは強いことだと思います。

マーケティングオートメーションツールなので、効率的にキャンペーンが進められることを第一の目的と考えていましたが、当社の場合は会議時間も含めてですが、キャンペーンの準備時間が3分の1までに短縮化できたため、効果としては満足がいっています。

料金プラン

料金プランは、初期費用が10万円、BtoBプラン・BtoCプランそれぞれ月々10万円、アプリプランが月々5万円です。キャンペーンで初期費用が0になることもあるので、タイミングよく導入できると、初期費用はカットできます。

まとめ

Majinの広告運用関連機能と、分析機能を使いこなせれば、マーケティングの「本業」である企画立案に多くの時間を割くことができるという点では、評価は一致しています。使いこなせるようになるのも、サポートの充実で特に時間がかからず、操作もシンプルで容易です。
MAツールの選択肢として検討してみませんか?

画像・データ出典:Majin公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部