Handbook(ハンドブック)の料金や評判などについて。紙の削減が可能

最終更新日 

会議のたびに印刷や、紙を用意するのは手間とコストがかかりますよね。そんなときに、電子で共有できたら時間も手間もかからずに便利なのではないでしょうか。そういったツールを解決するのがHandbbokです。Handbbokはアステリア株式会社が提供しています。アステリア株式会社はPlatioやSnapCalなどといったツールも提供している会社です。

Handbookの特徴・機能

資料作成が効率化される

会議の前日になると急遽資料作成をしたりして、場合によっては残業しなければならないということが多々ありますよね。しかしHandbbokは電子で資料が見られるため、印刷する必要もなく紙を用意することもありません。クラウドサーバーにアップすれば資料が見られ、配布すれば誰でも見られるので資料作成が効率化されます。

どこにいても資料が見られる

本来ならば作成した資料を直接届けるために、その場へ出向くこともあるでしょう。そこで便利なのがHandbbokです。Handbbokはどこにいても資料が見られるので、配布時間やコスト削減へと繋がります。また、ネットワーク環境がなくても見られるのでどこでも資料が見られます。

セキュリティ対策がされている

Handbbokは資料を配布するので誰でも見られるのでは?と思われるセキュリティ面を心配されるでしょう。しかしHandbbokならば管理者がいて、閲覧期間や使用可能デバイスなどの制限が可能なのでセキュリティ面でも安心できます。資料もある期間を過ぎると自動削除されるので、昔の資料を消し忘れたという心配もなさそうです。

Handbookのメリット

Handbbokのメリットとしては主に以下の2つです。

コスト削減
ゴミ削減

1つ目はコスト削減です。紙の費用は安いと思うかもしれませんが、会議のたびにたびに何百枚も使うとなると費用もかかります。しかしHandbbokならば、電子で共有できるため紙を用意する必要がなくコスト削減につながります。2つ目のゴミ削減です。用意した資料は情報漏洩を防ぐためにも、シュレッターにかける必要があります。Handbbokを使えばゴミ削減にもつながり手間もかかりません。

Handbookの価格・料金プラン

Handbbokの料金プランは共有サーバーのスタンダードと専用サーバーのプレミアムプラスの2つに分かれています。ユーザー数が500を超える方はプレミアムプラスが良いでしょう。また、年額で契約すると安くなりますのでおすすめです。

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

Handbookの注意点

Handbbokの注意点はタブレットの操作に慣れていない方には扱いにくいという点です。そのため、Handbboktuを使う方はタブレットの操作に慣れておくとスムーズに扱えるでしょう。

Handbookの導入事例・評判

会議の準備工数を200時間削減して、運営コストを1/10へと変化できました。資料の削減から廃棄までのコストを削減できるのももちろん、議事録の共有もできるので欠席者がいても便利だと好評でした。
社会医療法人愛仁会 高槻病院

紙で配布されていた運賃表やマニュアルなどを全て電子化にして共有しました。常に最新情報が確認できて、安心してお客様に案内できると好評をいただいています。
東京地下鉄株式会社

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
Bigtincan Hub1,000円〜タブレットからスマートフォン、PCにも対応
ConforMeeting/cお問い合わせ直感的な操作が可能
SmartDiscussionお問い合わせ会議資料にメモができる

タブレットからスマートフォン、PCなどあらゆるデバイスから資料を扱いたい方はBigtincan Hubがおすすめです。ConforMeeting/cは直感的な操作が可能ですので、もっと使いやすいデバイスがいいという方はこちらがいいでしょう。SmartDiscussionは会議資料にメモができるので、さまざまなことをメモる必要があるという方におすすめです。

Handbbokでペーパーレスに

Handbbokのメリットはコスト削減と、ゴミ削減につながるという点です。会議資料を作るのに手間がかかる、廃棄をするには都度シュレッターにかけなければならないという方はHandbbokを導入することでこれらの悩みは解消されるでしょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載