インスタの足跡が残るケースとは?残さない方法、消す方法について

更新日:

    インスタを利用して写真や動画、プロフィールを閲覧していると足跡が残らないか気になったことはありませんか。

    そこでインスタにおける足跡とそれが残るケース、また消す方法はあるのか、さらに足跡に関するアプリなどについてもご紹介します。

    インスタの足跡とは?

    ウェブサイトには販売や宣伝戦略に活用することを目的にアクセスログなどからアナリティクスな情報が集計されることがあります。SNSでは「mixi」に閲覧履歴や訪問履歴が通知される足跡機能といわれるものがあり、かつて賛否両論がありました。

    一方インスタにおいていわゆる足跡機能機能はありませんが、特定のアクションを起こすことによって閲覧履歴が残ることがあり、これをmixiの足跡機能になぞらえて足跡と呼ぶことがあります。またこちらでも、これにならい、閲覧履歴などを便宜的に足跡と表現していきます。

    インスタの足跡が残るケースについて

    ではまずインスタにおいて足跡が残るケースとはどんなものでしょうか。それぞれ詳しくみていきましょう。

    アカウントのフォロー

    インスタでは特定のユーザーをフォローすると相手に通知が届くことからこれが足跡となります。このとき相手のアクティビティ画面には「〇〇があなたをフォローしました」と通知され、インスタグラムを起動した際、画面下には「ハートマーク」が表示されます。

    ダイレクトメッセージの閲覧

    ダイレクトメッセージとはインスタにおいて特定のユーザーと個別にメッセージのやり取りをする機能です。ダイレクトメッセージによるメッセージは閲覧することによって相手に「既読」と通知されます。ただし、複数のメッセージがある場合、「既読」がつくのは最新のものだけです。

    また、ダイレクトメッセージには送信した画像や動画の閲覧・視聴再生回数を1回あるいは2回に制限する「消える写真・動画」機能があります。この機能についても閲覧すると、送信者のダイレクトメッセージ画面に「開封済み」と表示され、開封された時間の履歴も残ります。さらに「消える写真・動画」機能はスクショ撮影をしただけでも写真アイコンの後ろに「フラッシュマーク」が表示されたり、詳細には「スクリーンショット撮影済み」と表示される足跡が残ります。

    ストーリーの閲覧

    スライドショーのような形式で画像や動画が投稿できるストーリーでは、何人が投稿を閲覧したのかとともに、誰が閲覧したのかもわかるようになっています。インスタでは通常の画像や動画の閲覧では履歴は残らないものの、ストーリーでは残る仕様になっています。このためフォローしていないユーザーのストーリーの閲覧には注意を払わなけれななりません。
    またストーリーには24時間自動的に消滅する動画を投稿できる「ライブ配信」の機能もありますが、同様の足跡が残ります。

    ハイライトの閲覧

    ハイライトとは過去に投稿したストーリーをまとめてプロフィール上に公開することができる機能です。投稿が古ければ閲覧履歴として足跡は残りませんが、24時間以内のハイライトは足跡が残ります。

    「いいね」やコメントをする

    「いいね」やコメントについても相手のアクティビティに通知がおこなわれ足跡となります。ただし、通常の投稿の場合、これらは取り消すことができ同時に通知も削除されます。

    一方、ストーリーに投稿した場合にはアクティビティではなく、ダイレクトメッセージに送信され、取り消しても通知が消えることはないため注意が必要です。

    タグ付けをする

    インスタにおけるタグ付けは投稿した写真や動画に関連するアカウントを紐付けする機能です。このためタグ付けをするとアカウントが相手のアクティビティに通知され足跡が残るのはもちろん、プロフィール画面に遷移し、他のフォロワーにその人物が誰なのか紹介されることもあります。

    インスタの足跡を消す方法

    インスタで足跡が残るケースはさまざまですが、どれも簡単に削除することはできません。そこであらかじめこれらの足跡を残さないようにするには相手のアカウントをブロックするという方法があります。こうすることで足跡は残らず、ブロックしたことが相手方に通知されることもありません。

    ただし、相手方が自分のアカウントをフォローしている場合には自動で解除されてしまうことも知っておきましょう。

    またストーリーの場合には48時間が経過すると自動的に履歴も削除されるため、このタイミングでブロックは解除するのがベターです。

    インスタの足跡に関するおすすめアプリを紹介

    インスタのすべて機能について足跡を残さないことができませんが、ストーリーなどいくつかの機能に関しては足跡をつけずに閲覧できるアプリがあります。ここからはそれらをご紹介します。

    iStory for Instagram

    iStory for InstagramはiPhone向けのアプリで足跡をつけずにストーリーを閲覧することができます。また、画像や動画を閲覧、ダウンロードすることも可能です。利用には、インスタアカウントでログインする必要がありますが、広告は少なめで、閲覧回数に制限もなく、保存も容易です。ただしハイライトの閲覧には料金が発生します。

    InsMate Pro

    InsMate ProはAndroid向けのサードパーティアプリです。インスタのリポスト(引用投稿)や画像・動画の保存を目的とするアプリですが、ストーリーに足跡をつけずに閲覧することもできます。また利用にはiStory for Instagram同様、インスタアカウントでのログインが必要です。

    Gramhir

    こちらは外部ウェブサービスですが、インスタアカウントでのログイン不要でストーリーおよび投稿が閲覧・保存可能です。ハイライトには対応していませんが、ストーリーに足跡をつけずに閲覧することができます。

    インスタの利用にはみられている意識を持つことが大切

    インスタではフォローしている相手やフォロワーに対しては、足跡が残ってもさほど問題はありません。しかしそうでないユーザーのストーリーやライブ配信は安易に閲覧しないほうがよいでしょう。これはインスタなどSNSをはじめとしたインターネットの行動ややり取りする情報は常に見知らぬ誰かに知られている可能性があり、足跡もそのひとつだからです。

        執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載