ANPIC(アンピック)の料金・評判・口コミについて

更新日:

    みなさんの企業は地震や津波、インフラ障害などの災害にはどのように対応していますか?手動で安否確認を行っていては、手間がかかりいち早く従業員の安否が確認できないですよね。安否確認システムを導入すれば、安否確認をスムーズに行えます。この記事で紹介するのは「ANPIC」の特徴やメリット、料金などをご紹介します。ANPICは株式会社アバンセシステムが運営しているサービスです。

    ANPICの特徴・機能

    メールのみならずアプリやLINEからの通知確認

    メールのみならずアプリやLINEからでも通知を受け取れます。メールだとさまざまな通知が多くてオフにしているという方も多いですよね。しかしANPICならばメールだけではなく、専用アプリ、普段から使っているLINEにもお知らせをしてくれます。

    導入時の作業が無料

    ANPICはコスト面でも優れており、導入時のユーザ登録、社員への説明などを無料でお手伝いしてくれます。一度に社員を集めて説明をしたり、導入の仕方をメールで説明できたらいいのですが、なかにはそれでは理解できない社員もいます。ANPICでは無料でお手伝いをしてくれるので、費用はかからずに負担を減らせることができます。

    低価格で導入可能

    災害が頻繁に起こるものであれば、ある程度費用がかかっても導入するでしょう。しかし業務に被害が出るほどの災害はそうは起きません。そのためあまり費用をかけられないのが現実でしょう。ANPICは業界トップクラスの低価格となっているので、負担をあまりかけずに、メールの送信数に制限なく導入できます。

    おすすめの類似安否確認システム

    災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

    (4.5)

    月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最低利用人数1人〜

    実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

    低価格から導入できる

    バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

    普段から連絡網として活用できる

    災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

    ホワイトボードで情報共有を効率化

    バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

    ANPICのメリット

    ANPIC導入のメリットは主に以下の2つです。

    低価格で安否確認を実現できるので負担が少ない
    ほとんどの社員から安否確認が取れる

    1つ目が低価格で安否か国を実現できるので負担が少ないです。そのため費用をあまりかけkたくないという企業でも導入に迷うことはありません。導入費用が安く、導入時の作業は無料でしてくれるというのはとても魅力的ではないでしょうか。また、ANPICはLINEやアプリから通知を受け取ることができ、連絡先を教えるのに抵抗があるという社員でも、登録されたメールアドレスを管理者でも見られません。これによって登録に抵抗を少しでも減らせるでしょう。

    ANPICの注意点

    民間の組合などには実績がほぼありません。そのため民間の組合であれば、導入を躊躇してしまうでしょう。

    ANPICの価格・料金プラン

    ANPICの特徴である業界トップクラスの低価格ですが、料金は以上のようになっています。従業員数に合わせて、運用費が変わるのも魅力的な点でしょう。初期導入費はかかるものの、運用費と合わせても安いのではないでしょうか。

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    ANPICの導入事例・評判

    類似サービスとの比較

    サービス名月額特徴
    Biz安否確認10,000円安否確認システム、初動サポート機能、一斉通報機能、掲示板機能、専用アプリ、位置情報取得機能がある
    安否コール21,500円〜自動集計機能がある
    安否LifeMail80円(1人)mail、LINE、Twitter、Facebook、GPSからフルサポート

    Biz安否確認は1つに6つもの機能があるのが魅力的です。それでいて月額10,000円は安いのではないでしょうか。安否コールは自動集計機能があり、手間が省けるのが特徴です。また、普段使いとしてレクリエーションの参加人数の把握でも活用できます。安否LifeMailは5つの面からフルサポートしてくれますので、あらゆる面からサポートして欲しい企業におすすめです。

    ANPICで安否確認を安く済ませ機能は十分

    ANPICの魅力的な点はなんといっても費用が安いことです。災害は頻繁に起こるものではないですが、いざというときにないととても困ります。ANPICならば費用は安く、機能は十分に果たせるのでさまざまな企業のニーズを果たしているのではないでしょうか。

      • qeee枠【安否確認サービス】

        災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

        (4.5)

        月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最低利用人数1人〜

        実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

        低価格から導入できる

        バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

        普段から連絡網として活用できる

        災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

        ホワイトボードで情報共有を効率化

        バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載