• cyzen(サイゼン)の料金·評判·機能について。どんな機能がある?

    最終更新日 

    企業のセールスを上げていくうえでは営業職員の活躍は大切な要素ですが、営業スタイルが非効率である場合やなかなか売上につながらない、活動の様子が見えないなど問題を抱えているケースは少なくありません。
    IT化が進む中で、アナログ度の高い営業にモバイル端末を使った支援ルールを導入する企業が増えてきました。
    営業支援サービスの一つであるcyzen(サイゼン)の特徴や強み、料金プランについて分析していきましょう。

    cyzenとは

    cyzenは企業の生産性を向上させるSWA(Smart Work Accelerator)です。
    営業職員を中心に働く方が自分史上最高の成果を出せるよう支援するサービスとなっています。直感的なUIにてスマホだけで業務を完結させ、スマートに楽しく働きながら売上アップをはじめ、残業削減による働き方改革をアシストしてくれます。

    cyzenの特徴·機能

    cyzenには営業職を支援する機能をはじめ、営業職や営業チームを統括する上司など管理職向けの機能も整っています。
    主な機能を見ていきましょう。

    行動履歴が自動で記録される

    あらかじめ予定していた訪問先への訪問履歴が自動で残るため、日々の報告作業から解放され残業を減らすことができます。
    報告作業に費やしていた時間を顧客との時間に費やすことで、より多くの営業機会につながり売上アップが目指せます。

    アタックリストを地図上で可視化

    顧客情報を直感的に把握できるため、データが蓄積していくとスマホを見るだけでどこに営業に行けば良いのかわかる状態になるのが便利です。
    可視化された情報の共有により、一人ひとりの能力に属人化された営業活動ではなく、組織として戦略的な営業活動を実践できるようになります。

    業務報告をリアルタイムで共有

    スマホのタップ操作のみで、移動時間など隙間時間に簡単に報告書が書けるのも便利です。
    報告書は直ちに上司やチームに共有され、いいねやコメントで即時にフィードバックを受けることができるので、行動改善や成約につながりやすくなります。

    営業職の監視や正確な活動記録の共有

    管理者機能も搭載されています。
    地図上で移動線を確認することや行動データを集計や分析用にファイルとして取り出すこともでき、一人ひとりの営業職がしっかり仕事をしているかチェックが可能です。記録した活動をリアルタイムにチームメンバーへ共有でき、組織的な営業戦略も打ち出しやすくなります。

    cyzenの強み

    cyzenは既存の業務フローの効率化にとどまらず、スマホをベースにした革新的な働き方へとシフトさせてくれます。
    直感的なUIにてスマホだけで業務が完結できるようになるので、現場の行動量が上がり、行動の質を変えていけるのが強みです。
    単なる営業職の支援ツールではなく、現場が自発的に動く強い組織づくりにも役立ちます。簡単操作でリアルタイム報告もできるので、無駄な報告作業が減り、付加価値の高い本業の仕事に集中して取り組むことができるので、成果も出しやすくなります。cyzenは正確な行動データを自動で取得してくれるので、上司や経営者の判断もアシストしてくれる点も強みです。
    現場の負担を軽減しながら、定量データをもとにした分析ができ、的確でスピーディーな戦略の実践や経営判断につながります。

    cyzenの価格·料金プラン

    公式サイトでは詳細な料金表は明示されていませんが、販売代理店サイトでの料金プランは、中小企業向けGrowthプランの場合、初期費用は要問い合わせで、月額費用は700,000円(税抜)~、年額費用も要問い合わせです。
    大企業向けのInnovationプランの費用は、要見積もりとなっています。

    2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    cyzenの注意点

    cyzenは費用面が要問い合わせで、どの程度の費用になるか相談しないと見えてきません。
    中小企業向けのプランの月額費用だけでも、相応のコストがかかるため、導入にあたって躊躇するケースも多いのがネックです。
    費用対効果をしっかり考えて導入を検討していきましょう。

    cyzenの口コミ·利用企業からの評判

    伝言ゲームから脱却して報告業務をクラウド化

    “cyzenを全店舗に導入し、店舗から本社への定例報告を、店長がスマホで行うように業務フローを変更しました。スマホで空き時間にできるうえ、チャット機能を通じて店長と本部が直接気軽にやり取りできるようになったことで、スピーディーなフォローが可能となりました。地域独自のキャンペーンや店舗限定キャンペーンなどと店長自らが発案して、本部に直接提案することも可能となり、集客アップや売上アップにもつながっています。地域を統括するスーパーバイザーの業務負担が減ったことで、より付加価値の高い業務に集中できるようになりました。”(株式会社幸楽苑ホールディングス様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスであるSales Force AssistantシリーズはAI秘書が現場の営業活動をアシストして、一日一覧の日報形式で営業職を支援するサービスです。一日一覧の日報を見るだけで顧客管理や商談管理、案件管理、クレーム管理、訪問計画管理ができ、情報をもとにAI秘書が必要な情報を提供してくれます。一日一覧なので上司からのコメントも打ちやすく、社内の情報共有や業務ナレッジの蓄積にもつながります。
    AI秘書のアドバイスに対して営業職各人がフィードバックを与えると、AI秘書が学んで成長していき、より的確でパーソナライズされた営業支援ができるようになるのも魅力です。
    料金はSales Force Assistant顧客深耕の場合、月額3,500円~です。
    cyzenはGPSの位置情報をベースに現場担当者の現在の位置と状況を把握して、位置情報をチーム内でリアルタイムで共有ができます。AIではなく、現場担当者の現在状況や周辺にいるチームメンバーの状況を見ながら訪問先へのフォローを効率良く指示するなど、上司によるアドバイスやチームでの戦略実践など、人の経験則やノウハウを駆使した営業の強化を支援してくれます。

    cyzenで営業職員を支援して業績アップを

    cyzenはスマホ一つで営業職の業務をスムーズかつスピーディーに完結させてくれるほか、活動歴や情報のリアルタイム共有機能を通じて、上司からのアドバイスを即座に伝えることやチームメンバーとの戦略的な営業活動を実践していけるのがメリットです。
    無駄な報告時間をカットして本業に注力し、営業効率のアップや残業削減、業績アップが期待できます。

    画像·データ出典:cyzen公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部