Sales Force Assistantの料金·評判·機能について

更新日:

    営業活動において重要なことはただ顧客先への訪問やアポイントメントを取ることだけでなく、スケジュール管理やタスク管理といった営業活動の効果をさらに上昇させる業務をいかに効率化できるかという点にあります。

    営業支援システムとしてSFAという言葉が広く聞かれるようになりましたが、今回はそんなSFAの中でもAI秘書によるサポートで営業マン一人ひとりの生産性を高めることができるSales Force Assistantというサービスをご紹介させていただきます。

    Sales Force Assistantとは

    Sales Force Assistantとは株式会社NIコンサルティングが提供しているSFAです。NIコンサルティングは90年代からSFAの研究、開発を行ってきた実績があり、そのノウハウを活用したAI秘書が営業マンの現場における営業活動を最大限にサポートしてくれます。

    営業マンを管理するのではなく、営業活動の効率化を図ることができ、一日一覧のDaily Monitoring Viewという日報を確認することで顧客管理や案件管理、クレーム管理など営業活動における業務をAI秘書の提案を受けながら進めることが可能になります。

    Sales Force Assistantの機能·特徴

    一日一覧の日報

    Sales Force Assistantでは担当者ごとの商談内容が一日一覧の日報画面に集約されます。

    一つの画面に案件内容などが集約され確認できるので、管理職は部下ごとの日報画面を閲覧するだけで業務に関する進捗を確認することができます。

    レポートを作成するごとに確認しなければいけなった旧来のSFAでは結局レポートを作成しても確認されず、時間を無駄に使ってしまうこともありましたが、Sales Force Assistantであれば1つの画面で全て確認することができるので運用フローをしっかりと構築することが可能になります。

    AI秘書を搭載

    Sales Force Assistant内にはSales Assist IntelligenceというAIとコンサルタントを融合した技術が搭載されています。

    Sales Assist Intelligenceは顧客情報や案件情報、商談の進捗情報などを自動的に学習し解析することで、営業活動に関する的確なアドバイスが可能になります。NIコンサルティングが今まで培ってきたノウハウも組み込まれているので有狡かつリアルタイムでの顧客対応が可能になり、管理職は部下に対して適切なマネジメントを行うことができるようになります。

    AI秘書からのアドバイスに対してユーザーがフィードバックを行うことで、更にAIが学習を行い精度が高いパーソナライズ化されたアドバイスが可能になります。

    ユーザーに合わせたレイアウトが可能

    Sales Force Assistantのトップページは連携している可視化経営システムのツールも配置することが可能なので、顧客対応の効率を上げることが可能です。

    ポータルタイプはグリッド、スクロールグリッド、エクスパンド、レガシーの4種類から選択することができます。ユーザーの営業スタイルに合わせてポータルを選ぶことで一日のスケジュールや案件情報の確認が1つ画面を確認するだけで可能になります。

    ポータルの確認はPCだけでなく、スマホやタブレットからでも可能なので営業先や移動中などでも簡単に確認することができます。また、テレワークのような在宅勤務時にもデバイスごとに最適化された状態で表示された情報を確認することが可能となります。

    Sales Force Assistantの料金·価格

    Sales Force Assistantではクラウドでの提供とオンプレミスでの提供を実現しています。

    クラウド型の料金は、ルート営業向けのSales Force Assistant 顧客深耕場合、初期費用50,000円、1ユーザーにつき月額3,500円から利用が可能です。

    オンプレミスでSales Force Assistant 顧客深耕を導入する場合は5ユーザーで200,000円になります。

    利用する機能、特徴ごとにプランが変わり、料金も変動しますので詳細は公式サイトで確認が必要です。

    2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    Sales Force Assistantでは30日間の無料トライアルを提供しています。

    この無料トライアルにはSales Force Assistantだけでなく以下のシステムがセットになっています。

    • ループウェア NI Collabo 360
    • MapScorer(可視化経営実現のための経営支援ツール)
    • 顧客の声
    • 見積書作成WEBシステム Sales Quote Assistant
    • 請求書WEB配信システム Sales Billing Assistant
    • ローコスト·クラウド·データベース nyoibox(如意箱)

    1度に7つのシステムを試すことができるのでNIコンサルティングの製品を同時に使用して効率化を実感することが可能です。

    Sales Force Assistantの強み

    Sales Force Assistantの強みはAI秘書によるアドバイスを受けられる点になります。

    営業部員を管理するのではなく、営業活動を効率化することができるSFAとしてSales Force Assistantは長年の実績から蓄積されたノウハウを搭載したAI秘書が搭載されています。

    営業活動を行えば行うほど、顧客情報などを分析·解析して更に精度の高い営業に関するアドバイスを受けることができるようになるのでコンバージョン率を高めることが可能となります。

    Sales Force Assistantの導入事例·評判

    属人化が解消されました

    “以前は紙での日報管理を行っており、SFAを導入することで報告書ではなく連絡書にしたいと思いました。今までは営業マンが一人で把握していた情報もSFA上に書き込めるようになったので、上司が商談のサイクルを確認しながら的確なアドバイスをすることができるようになってきたかなと実感しています。”(株式会社加藤製作所様)

    管理側にもユーザー側にも良いシステムです

    “情報システムによる業務効率の向上、生産性の向上で営業活動における課題を解決したいと思いSFAを導入しました。弊社の営業は出張も多く、モバイルを活用したいという声も多かったのでSFAの導入には賛成という意見が多かったですね。管理する側からしてもいちいちエクセルを開く手間がなくなりましたし、営業部員にしてもコメントを確認することで達成感を感じることができているので効果はでていると感じています。”(株式会社中村屋様)

    類似サービスとの比較

    Sales Force Assistantとの類似サービスとしてはZoho CRMやSensesなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名月額料金初期費用無料お試し特徴
    Sales Force Assistant3,500円〜/ユーザー50,000円30日間無料
    ·1つの画面で営業案件を管理
    ·AI秘書によるサポートを受けることが可能
    Zoho CRM2,160円〜/ユーザー0円無料トライアルあり
    ·無料プランあり
    ·モバイルアプリあり
    Senses25,000円〜(5ユーザー)0円無料トライアルあり
    ·直感的操作が可能
    ·サポート体制が充実

    料金面の比較としては、1ユーザー月額2,160円から利用することが可能なZoho CRMが無料プランもあるのでおすすめです。

    機能面の比較としては、Sales Force AssistantがNIシリーズのグループウェアであるNI Collabo Smartと連携させることでさらにスケジュール通知やステータス変更の通知ができるようになるのでおすすめです。無料トライアルでこれらのサービスを一緒に試すことができるので効率化を実感することができます。

    Sales Force Assistantで営業活動の効率化を

    営業部員を管理する上司だけでなく、営業マンにとっても業務効率化につなげることができるSales Force AssistantのようなSFAツールを導入することで全体的な生産性の向上を期待することができます。

    導入に関しては無料トライアルがあるサービスを利用してSFAがどういったシステムなのかを体感することが重要ですが、管理職と営業マン双方が使いやすいシステムであることが重要ですので、操作性なども含めて複数名で利用してみることをおすすめします。

    画像·データ出典:Sales Force Assistant公式サイト

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載