BtoBプラットフォーム受発注の料金·評判·機能について

更新日:

    電話やFAXで受発注業務を行っていると、データの管理が煩雑になり効率的な業務を実現できないという声を聞くことがあります。

    今回紹介するBtoBプラットフォーム受発注は、電話やFAXでの取引情報をデータ化して効率的な業務を実現できることから注目されているサービスです。

    本記事ではBtoBプラットフォーム受発注の料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    BtoBプラットフォーム受発注とは

    BtoBプラットフォーム受発注とは株式会社インフォマートが運営している受発注システムです。

    電話やFAXでの受発注業務をデータ化することができるクラウド型のシステムで、場所を選ばずにテレワークでも利用することができます。

    利用中の販売管理システムとの連携もできるため、自社のワークフローを変えずに導入できる点も優れています。

    受発注業務におけるコスト削減や業務効率化につなげることができるサービスです。

    BtoBプラットフォーム受発注の機能·特徴

    無駄なコストかけずスピード導入が可能

    BtoBプラットフォーム受発注はクラウドで利用できるため新しくシステム開発をする必要もなく、無駄な開発コストやシステム維持費用が発生しません。

    また、導入を決めてから実際に稼働するまでおよそ1ヶ月〜2.5ヶ月と短期間で実現でき、10年以上の運営ノウハウをもとにしたスピード導入を可能とします。

    システム連携実績が豊富

    BtoBプラットフォーム受発注は現在利用している販売管理システムに管理データを取り込むことが可能で、出荷データをBtoBプラットフォーム受発注に取り込むこともできます。そのため、既存のワークフローを変更することないシームレスな導入を実現します。

    今まで手入力で転記作業を行っていたことによる入力ミスやトラブルを回避できるようになるだけでなく受発注にかかる請求書が電子化されるためペーパーレス化によるコストカットにもつながります。

    また、受注側においてはBtoBプラットフォーム受発注ライトが提供されており、小規模取引からの受注をWebでまとめることができます。

    BtoBプラットフォーム受発注の料金·価格

    BtoBプラットフォーム受発注の料金は公式サイト上では非公開となっていますので問い合わせが必要となります。

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    BtoBプラットフォーム受発注では、無料トライアルについて明記がないため問い合わせが必要となります。

    BtoBプラットフォーム受発注の導入事例·評判

    1人分の経理作業を削減できました

    “人手不足の問題をITツールの導入を検討しておりBtoBプラットフォーム受発注を導入しました。これまで2名体制でExcelに入力していた業務を受発注システムの導入で1人分に削減することができました。また、紙の紛失や仕入れ先からのトラブルなどもなくなったことで大きく業務効率化につながりましたね。”(株式会社武蔵野テーブル様)

    電子化によって紙作業から解放されました

    “紙での作業が多くペーパーレス化を目的として受発注システムを導入しました。BtoBプラットフォーム受発注を受注してからは施設ごとの仕入れ状況を一覧で確認できるようになり品質管理のクオリティが向上しました。計算ミスもなくなったことで取引先への訪問もスムーズにできるようになって導入効果は大きいと感じています。”(株式会社エル・スエヒロフードサービス様)

    BtoBプラットフォーム受発注で受発注業務の効率化を

    BtoBプラットフォーム受発注についてご紹介させていただきました。

    • 受発注に関わる請求書をデータ化
    • 既存システムとの連携も可能
    • クラウド利用でテレワークにも利用可能

    上記の点から、紙の請求書が多い企業や既に利用している販売システムとの連携を希望している方におすすめと言えます。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:BtoBプラットフォーム受発注公式サイト

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載