【最新版】おすすめ受発注システム7選!導入のメリットも解説

最終更新日 

受発注システムとは受注から発注までの業務を一元管理し効率化してくれるシステムです。

従来の受発注業務ではメールや電話、FAXを利用して業務を行っていましたが、受発注システムを導入することで大幅に業務を効率化できるだけでなく仕入れ金額や棚卸しなどの管理もできるため、導入する企業が増えてきました。

以前は導入に多額の費用がかかることから中堅企業〜大企業での導入が多かったですが、クラウド型の受発注システムがリリースされはじめたことで個人事業主や小規模企業でも手軽に導入できるようになりました。また、昨今のECサイト増加の流れを受けて受発注システムのニーズが高まっているという背景もあります。

受発注システムを導入することで取引先とのデータ共有を容易にするだけでなく、納品書·請求書をシステム上で管理することができるのでペーパーレス化も実現することが可能です。クラウド型であれば複数人で管理画面を操作することができるので常に最新の状態を確認できるというメリットもあります。

おすすめ受発注システム5選

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
アラジンEC要問い合わせ要問い合わせなし·BtoBに特化

·基幹システムとの連携が容易

COREC·受注側/1,980円

·発注側/980円

0円無料プラン·無料で利用可能

·マルチデバイス対応

助ネコ·受注管理Lite/月額2,000円

·受注管理Basic/月額10,000円

30,000円(アンケートに回答すると最大で無料に)30日間の無料トライアルあり·直感的操作が可能

·手厚いサポート体制

TEMPOSTAR10,000円〜0円30日間の無料トライアルあり·複数ネットショップを一元管理

·自社に合わせたカスタマイズが可能

ネクストエンジン
10,000円〜0円30日間の無料トライアルあり·機能ごとに導入可能

·手厚いサポート体制

アラジンEC

特徴

アラジンECは株式会社アイルが提供している受発注システムです。

幅広い業種に対応していることもあり5,000社以上の企業で導入されています。受発注機能以外にも販促に役立つ様々な機能を搭載しています。スマホやタブレットにも対応しているので離れた場所にいながら簡単に受発注管理が実現できます。

主な機能

  • 得意先別商品表示機能
  • 見積機能
  • 出荷状況表示機能
  • クレジットカード対応

料金

詳細については問い合わせが必要です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:アラジンEC公式サイト

COREC(コレック)

特徴

CORECはファッション業界や飲食業界など幅広い業種で導入されているクラウド型の受発注システムです。

直感的操作で納品書や請求書の作成が可能で、発注書の送信もシステム上でワンクリックで行えます。マルチデバイスに対応しているのでスマホなどで外出先からでも簡単に受発注管理ができます。無料プランもあるので試験的運用も可能です。

主な機能

  • 注文フォーム作成機能
  • 請求書作成機能
  • 納品書作成機能
  • 発注書作成機能
  • 入荷管理

料金

[受注側]

初期費用:なし

月額費用:1,980円

[発注側]

初期費用:なし

月額費用:980円

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

無料プランでどこまで使える?COREC(コレック)の料金·評判·機能について

画像·データ出典:COREC公式サイト

助ネコ

特徴

助ネコは直感的操作が可能で、運用がすぐに開始できることで人気のサービスです。複数のECモールと実店舗を一元的に管理することが可能で、導入前はもちろん導入後も手厚いサポートが受けられるので初めて受発注システムを導入するという企業におすすめです。

主な機能

  • 複数モールに対応
  • ステータス管理機能
  • チェック機能
  • 帳票印刷機能
  • メール送信機能
  • 顧客管理機能

料金

初期費用:30,000円(アンケートに回答することで最大で無料に)

受注管理Lite/月額2,000円

受注管理Basic/月額10,000円

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

月2,000円から使える?助ネコの料金・評判・機能について

画像·データ出典:助ネコ公式サイト

TEMPOSTAR(テンポスター)

特徴

TEMPOSTARは複数のネットショップを一元管理することが可能な受発注システムです。

受発注はもちろん在庫管理や商品管理などネットショップ運営に必要な機能を搭載しているので幅広い業務を効率化することができます。自社の環境に合わせたカスタマイズができるので課題解決の強い味方となってくれます。

主な機能

  • 受注管理機能
  • 在庫管理機能
  • 商品管理機能
  • 外部連携機能

料金

初期費用:0円

月額料金:10,000円〜

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

複数のECショップの一元化に最適なツールは?TEMPOSTAR(テンポスター)の料金・評判・機能について

画像·データ出典:TEMPOSTAR公式サイト

ネクストエンジン

特徴

ネクストエンジンは受発注管理機能や在庫管理機能、商品登録機能などネットショップ運営における様々な業務を効率化できる機能が搭載されており、20,000店以上でのサービス導入実績があります。

豊富な機能を有しながらその全てを導入する必要がなく、必要な機能ごとに導入することが可能なので無駄なコストが発生しません。また、導入にあたってネクストエンジンで実現できること、できないことをしっかりとサポートが説明してくれるので導入してからも安心して利用することが可能です。

主な機能

  • 受注管理機能
  • 在庫管理機能
  • 商品管理機能
  • 決済連携
  • 送り状連携
  • メール自動送信機能
  • 外部連携機能

料金

初期費用:0円

月額料金:10,000円〜

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

月額1万円から使える?ネクストエンジンの料金・評判・機能について

画像·データ出典:ネクストエンジン公式サイト

製造業向けの受発注システム2選

アラジンオフィス

特徴

アラジンオフィスは製造業はもちろん、アパレル、食品、医療をはじめ、鉄鋼・非鉄業界にまで対応可能という珍しい受発注システムです。

基本パッケージにオプションを組み合わせることで自社にあった運用スタイルにカスタマイズすることが可能で、外部システムとの連携もできるので自社だけのシステムを利用することができます。

シームレスな連携が可能なので実店舗でもECサイトでも顧客情報の管理が可能になります。99.0%という高いコールセンター応答率のサポート体制も整っているので安心して利用することができます。

主な機能

  • 受注管理機能
  • 出荷管理機能
  • 売り上げ管理機能
  • 請求管理機能
  • 購買管理機能

料金

詳細はお問い合わせが必要です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

リピート率98.2%?アラジンオフィスの料金・評判・機能について

画像·データ出典:アラジンオフィス公式サイト

BtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業

特徴

BtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業は株式会社インフォマートが提供している製造業向けの受発注システムです。

同社は受発注システムとして有名なBtoBプラットフォーム 受発注を提供しており、そこで培われたノウハウを元に製造業の業務知識·顧客ネットワークを掛け合わせ、製造業界の業務効率化、生産性向上を実現します。

主な機能

  • 発注書作成機能
  • 発注管理機能
  • メッセージ履歴機能
  • 外部連携機能

料金

詳細はお問い合わせが必要です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:BtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業公式サイト

受発注システムの主な機能

導入することで業務を大きく効率化できる受発注システムですが、多くのシステムに搭載されている機能は以下の通りになります。

受注管理機能

受発注システムの基幹となるシステムで、様々な発注先企業からの受注を一元管理することが可能になります。

受注データをシステム上で管理することはもちろんCSV形式などで出力することも可能です。受注伝票の検索や伝票の編集もシステム上でできるのでペーパーレス化を実現できます。

在庫管理機能

商品在庫の入出荷情報や在庫数などをデータで管理できるようになります。人の手で管理していた時に起きがちだった入力ミスや確認ミスを防ぐことができるので適切な在庫管理が可能になります。

出荷管理機能

商品の出荷処理やピッキング、納期に合わせたタイミングで出荷支持を出すことができる機能です。ハンディターミナルを使ったスキャンはもちろんスマホを使った商品スキャンを可能にするシステムもあります。

請求管理機能

納品書などのデータからシステム上で納品書の作成が可能になります。ヒューマンエラーをなくすことができ、データの履歴も残るので何かトラブルがあった際にもすぐに確認することができます。

メール機能

Web上で受注した際に確認メールやお礼のメールを自動で発信できるようになります。

メールの履歴が残るので発注ミスを防ぐことが可能で、丁寧なお礼メールを設定しておけば顧客満足度の向上にも繋がります。

外部連携機能

外部システムとの連携を行うことで更に業務を効率化することが可能になります。

倉庫管理システムと連携することで実際に倉庫に確認しに行かなくても正確な在庫数を把握することが可能になり、販売データもリアルタイムに反映させることができます。

受発注システム導入時の注意点

自社の業種にあっているシステムか

受発注システムは導入すれば必ず効果があるというわけではなく、自社の業界に特化した受発注システムを選ぶことが重要です。

業種によって必要になってくる機能は違い、受発注のフローにあったものを導入するようにしましょう。導入する前に自社の業種ではどのような企業が必要か、競合他社がどのようなシステムを利用しているのかを調べることで最適なシステムを選ぶ判断材料になります。

取引先企業も導入しやすいシステムか

受発注システムは自社だけでなく、取引先企業にも導入してもらうことでデータの共有が容易になり効率化を図ることが可能になります。ですので、発注画面がわかりにくかったり工数が増えてしまうようなシステムは避けるようにしましょう。

業界での導入実績が多いサービスであれば発注側·受注側双方が使いやすい管理画面、操作性を意識したシステムに設計されていることが多いので参考にしてみることをおすすめします。

クラウド型かオンプレミス型か

受発注システムの多くはクラウド型かオンプレミス型に分けられるので、自社にあった提供形態のものを導入するようにしましょう。

クラウド型の受発注システムは導入が短期間で可能なものが多く、コストも比較的安価で導入できるものが多いことが特徴です。また、スマホやタブレットなどで離れた場所から複数人で利用できるシステムが多いので在宅勤務をしている場合などにもおすすめです。

オンプレミス型は自社サーバーにシステムを構築するのでシステムの拡張性が広く、自社にあったカスタマイズが可能です。また、自社サーバーでデータを管理するのでセキュリティ対策を外部に任せたくないという企業にはおすすめです。

サポート体制を確認

導入までのサポート体制はもちろん、導入後のサポート範囲もしっかりとチェックしておくことが重要です。

導入までのサポオートは無料で行ってくれるサービスは多いですが、一部のサービスでは導入後のサポートは有料オプションになるというものもあります。

売り上げに直結する受発注の部分を扱うシステムだからこそトラブルが起きた際にはすぐに対応してくれるサポート体制が整っているサービスを選ぶようにしましょう。

自社業界での導入実績が豊富なサービスであれば、業界特有のトラブルにも対応経験があり、迅速に問題を解決してくれるので導入実績もサービス選定の目安にすることが重要です。

受発注システムはこんな人におすすめ

受発注システムは導入することで受注から発注に関わる業務を大きく効率化できますが、以下の特徴に当てはまる企業では更に大きな効果が見込める可能性があります。

複数店舗を運営している担当者

1店舗や2店舗の管理ではエクセルや紙での管理でも特に支障をきたすことはないかもしれませんが、5店舗10店舗と多数の店舗を運営する立場になると店舗ごとの正確な在庫数を目視や手入力で確認·管理することは難しくなってきます。

昨今では楽天市場やyahoo!ショッピング、amazonなどECモールは非常に多数展開されており、複数のECモールで出店を考えているという経営者の方も少なくないでしょう。費用対効果を検討しつつ5店舗以上を目安に受発注システムの導入を検討してみると良いでしょう。

取引先数が多い場合

店舗数が増加すれば自ずと取引先数も増える可能性があります。

どのような調達方針をとっているかにもよりますが仕入れ先が多岐にわたるという場合には発注書や納品書、請求書の管理も非常に困難になってきます。受発注システムであれば複数の取引先の請求データなどもシステム上で一元管理することができ、常に最新の状態に反映されるので管理が非常に楽になります。

書類管理に課題を感じている担当者

店舗数の増加に限らず、納品書や請求書、見積書などが増えて困っているという担当者の方にも受発注システムはおすすめです。

取引の回数が増えればその分請求書などの書類も発行する必要があり、それらを正確にエクセルに入力したりファイリングして保管するのは非常に手間がかかります。

受発注システムであればシステム上で必要な書類が作成でき、データはサーバー上に保管されるのでファイリングをする手間はかからず、必要なデータも検索することで短時間で探すことが可能になり大幅に業務を効率化できます。ファイリングする必要もないため収納スペースの削減もできます。

受発注システム導入のメリット

ペーパーレス化を実現

請求書や納品書、見積書などをシステム上で作成·編集できるだけでなくサーバー上にデータを保存できるのでペーパーレス化が可能になり紙代や印刷代などのコストカットを実現することができます。

今までは印刷した書類をファイリングして棚などで保管していたという企業にとっては収納スペースの節約も可能になります。

ヒューマンエラーの削減

受発注システムを導入すれば電話の聞き間違いやメールの打ち間違いなどの人為的ミスを防ぐことが可能になります。エクセルなどで管理をしていた企業にとっては手入力によるミスがなくなるというメリットがあります。

リアルタイムで情報が共有できる

受発注システムを利用することで在庫状況などを簡単に共有することができます。今まではメールや電話で確認する手間がかかっていましたが、システム上でリアルタイムに在庫状況などが反映されるのでスムーズに受発注管理ができるようになります。

クラウド型の受発注システムであればスマホやタブレットを使って離れた場所にいる従業員と常に最新の情報をリアルタイムに共有することが可能になります。昨今のテレワークのような在宅での勤務でも容易に受発注の管理が可能になります。

業務の効率化を実現できる

受発注システムを導入すれば受注側も発注側も業務を効率化することができます。

在庫管理や発注確認などのメール送信、発注業務自体の自動化が可能になるので空いた時間を別の業務にあてることで生産性を向上させることもできます。複数のネットショップを運営している場合などでは、ネットショップと実店舗の在庫状況や受発注を一元管理することで正確な在庫の把握や二重発注の防止などが実現できます。

受注側だけでなく発注側にも同じことが言えるので取引先企業に同じシステムの利用を相談することも容易になります。保管しているデータは必要に応じて出力して印刷することができるので最小限の紙代·印刷代しかかからないのでペーパーレス化によるコストカットができる点もおすすめです。

受発注システム導入のデメリット

取引先にもシステムを導入してもらう必要がある

受発注システムは自社だけでなく取引先企業にも導入してもらう必要があるので取引先企業の状況によっては導入できない可能性があります。

メールや電話などでの受発注が定着している企業では新しいシステムを導入することに抵抗がある場合もあります。事前に費用対効果やどれだけお互いにとってメリットがあるのかを取引先に説明してシステムに対する理解を深めてもらうことが重要です。

システム浸透までに時間がかかる

受発注システムは導入することで業務を効率化できる機能が多数搭載されていますが、その機能を全て使いこなせるようになるにはある程度の期間がかかるということを念頭に置いておく必要があります。

自社ですぐに導入して効率化を目指したいという場合ではイメージと実際の効果が目に見える時期に差異が生まれてしまう可能性があるので注意が必要です。サポート体制が手厚いサービスであればこの部分の差異も事前に説明してもらえるでしょう。

導入コストがかかる

クラウド型であってもオンプレミス型であっても受発注システム導入に際しては初期費用や月額利用料金がかかります。一部無料プランを提供しているサービスもありますが受注件数·発注件数が少数な場合にのみ適用できるものが多いのである程度の規模で利用を考えている場合は自社と取引先企業で納得のいく料金プランを選ぶ必要があります。

必要な機能だけを導入してコストを抑えることができるシステムもあるので参考にしてみてください。

EDIとの違いは?

EDIとはビジネス文書をネット回線などを使用して企業間でやりとりができるようにするシステムです。

受注書や発注書、納品書や契約書などを電子データとしてやりとりすることができるので広く普及しています。受発注システムもシステム上で納品書などを作成することができますが、受発注業務に必要な帳票を発行するのに対しEDIは紙を利用していた帳票のやりとりを電子データで可能にします。

受発注システムにより納品書などを発行し、データのやりとりはEDIによって行うというイメージです。受発注業務を効率化したいのにEDIを導入しても効率化の実現には繋がりにくいので、自社での課題にあったシステムを導入しましょう。

受発注システムで業務の効率化を

受発注システムについておすすめサービスや導入のメリットなどを紹介させていただきました。

受発注システムを導入することで自社だけでなく、取引先企業も業務を効率化することができるので空いた時間を別の業務に使い、企業としてのさらなる成長を期待することができます。業務を自動化できるだけでなく、受注·発注状況から売り上げ分析を行い、経営に役立てることもできるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部