Evernoteの料金やユーザー満足度は?

更新日:
月額費用
0円〜
初期費用
0円
無料お試し
無料利用可能
導入社数
非公開
これは プロジェクト管理・タスク管理 の製品です。
プロジェクト管理・タスク管理 の製品をまとめて資料請求

仕事をしていて忘れてはいけない連絡事項や思いついたアイデアを留めておくためにメモを使用する機会は多いと思います。

ですが、咄嗟の時に紙やペンがなくて後でメモをとろうと思って忘れてしまったという経験はありませんか?

今回紹介するEvernoteは、メモは写真などあらゆる情報を手軽に保存して社内で共有できることから注目されているサービスです。

本記事ではEvernoteの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

Evernoteとは

Evernoteとは文書や写真、画像など様々な情報を保存しておくことができるメモアプリです。

使い勝手に優れており、手軽にいつでも情報を保存、必要があればリアルタイムに共有することができるため、個人から法人、チームでのナレッジ共有など幅広く利用されています。

ノートに保存できる情報はテキスト、画像、音声、スキャン、PDF、文書ファイルと非常に豊富なため幅広い業種での活用が期待されるサービスです。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

類似サービス: MarketWatcher NEO

(4.5)

月額費用30,000円〜無料お試し10名まで体験無料
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

MarketWatcher NEOとは、インパクトフィールド株式会社が運営しているラウンダー向けのグループウェア・業務支援ツールです。 スケジュール管理やタスク管理、活動報告・日報など、豊富な機能を搭載しており、いずれもシンプルで使いやすい操作性で利用することができます。

シンプルで使いやすい機能を搭載

MarketWatcher NEOには、メッセージ配信、チャット、活動報告といった生産性向上や業務効率化につながるシンプルな機能が搭載されています。 現場の様々なデータをリアルタイムに収集し、分析することで、店舗運営の課題を明確にし、課題改善につなげることができます。

スピード導入が可能

導入に1ヶ月〜2ヶ月程度の期間を要するサービスが多い中で、MarketWatcher NEOは、発注から最短1週間で導入することができます。 クラウド型のサービスであるため、短期間での導入が可能となっており、ハードウェアの設置やシステム構築などの手間もありません。

店舗巡回の状況をリアルタイムに把握

MarketWatcher NEOには、チャット機能や活動報告機能、タスク機能といったリアルタイムに情報を共有できる機能が搭載されています。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

   

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

Evernoteの機能·特徴

ノートを使ってタスク管理が可能

Evernoteでは利用している方それぞれのノートでToDoを作成してタスクの管理が実現できます。

タスクビューからやるべきことを簡単に確認することができ、個々のタスクに必要情報も都度確認が可能です。

設定したタスクには期限やリマインダー、フラグを設定することができ、決まったタイミングで締め切りを意識したタスク管理を実現することができます。

また、設定したタスクを他の人に割り当てて進捗を確認することも可能なため、プロジェクトリーダーにもおすすめなツールとなっています。

紙文書のペーパーレス化を実現

Evernoteは紙の文書をスキャンして保存することができます。

スマートフォンアプリで利用できるため、保険証や身分証明書、ビジネスで使う書類などをスキャンしておけば場所を気にせずいつでも手軽にアクセスすることが可能となります。

また、有料版のみとなりますが名刺管理機能が搭載されており、ビジネスマンの悩みの種である大量の紙の名刺からの解放を実現します。

名刺管理はスマートフォンのカメラで名刺を読み取るだけで完了するため難しい操作は不要です。

電子化した名刺データは手軽に検索することができるため、必要な時にすぐ名刺情報を見つけ出すことができます。

Evernoteの料金·価格

Evernoteでは3つの料金プランを提供しています。

  • FREE:0円
  • PERSONAL:月額680円(年払いの場合月額483円相当に割引)
  • PROFESSIONAL:月額850円(年払いの場合月額708円相当に割引)

なお、2022年1月現在、PROFESSIONALプランが50%オフになるキャンペーンを開催中(1月31日終了予定)のため、今導入することでお得に始めることができます。

2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Evernoteでは、無料で使えるFREEプランを提供しているためトライアルとして利用することも十分に可能です。

FREEプランでは端末2台まで同期が可能で、60Mbの月間アップロード容量のためビジネスに活用するのであればPROFESSIONALプランの導入が良いでしょう。

この製品に関連する動画を紹介

Evernoteでタスク管理や情報共有の効率化を

Evernoteについてご紹介させていただきました。

  • 簡単操作で様々な情報を保存
  • 名刺管理も可能
  • 紙文書のペーパーレス化でコストカットを実現

上記の点から、ビジネス文書や名刺などを紙のまま保管、管理している方には特におすすめのサービスとなっています。

簡単操作で情報の共有ができるため、10人〜30人程度のチームプロジェクトでの活用にも適しておりオンラインスストレージと組み合わせて使うとより利便性を高めることができるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Evernote公式サイト

Evernoteの評判・口コミ

(3.5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

Evernoteの良い評判・口コミ

・メモ機能以外で、Webページを保存する機能が便利で、自分用のライブラリとして活用できる。
・無料だと台数制限はあるが、どの端末からでも同じ情報にすぐにアクセスできるのはとても便利。
・メモにタグや期限などの情報を付け加えることで目的のメモもすぐに検索できる。

Evernoteのその他の評判・口コミ

・アップデートでどんどん高機能になっているが、シンプルだった昔と比べて使いづらくなった。
・ログイン情報の有効期限をもっと伸ばしてほしい。しばらくアクセスがないとすぐに再ログインが必要になるのが少し不便。

Evernoteを導入した結果に関する評判・口コミ

・自分のメモを共有できる機能があるので、メールで送る手間がなくなった。
・メモは端末内ではなくクラウド上に保存されるので、出先でスマホでメモした内容をPCで後から確認するなど便利な使い方ができる。

    その他の関連する記事

    これは プロジェクト管理・タスク管理 の製品です。
    プロジェクト管理・タスク管理 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載