Zoho Projectsの料金·評判·機能について

更新日:

    プロジェクトを効率よく進めるために、プロジェクト管理ツールを導入する企業が増えています。
    プロジェクト管理ツールはオンライン上で使用しますが、似たようなツールが複数出回っていて、どれを選んだら良いのだろうと、疑問を持つ人も少なくありません。
    ここでは、人気のプロジェクト管理ツール「Zoho Projects」について、特徴や強み、料金プランの面などからご紹介します。

    Zoho Projectsとは

    Zoho Projectsとは、プロジェクトに参加している人に対して、プロジェクトの進行状況を伝えるツールです。
    多彩な機能が搭載されていて、ユーザーは、幅広いプロジェクト管理が可能になります。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

    Zoho Projectsの特徴・機能

    Zoho Projectsにはいくつか機能がありますが、特に注目すべき特徴について3つご紹介します。

    ガントチャートでプロジェクトの進捗状況を把握できる

    Zoho Projectsでは、ガントチャートを使ってプロジェクトの計画を立てたり、タスクのスケジュールを管理したりします。
    ガントチャートはプロジェクトとスケジュールの全体を表示しますので、プロジェクトの進捗状況がひと目でわかるのです。
    ガントチャートでは、全体を把握できるだけでなく、行程ごとの確認も容易にできます。行程ごとにタスクが終了すると、担当者にメールで通知されるからです。
    プロジェクトのスケジュール管理はネット上で行えるので、インターネットが利用できる環境なら、好きなときに確認できます。
    各メンバーが異なる場所にいてもスケジュールの進捗状況を共有できるため、プロジェクトの作業は途中で中断されることが少なくなり、スムーズに進むでしょう。

    タスクの自動化とタスク量の調整が容易にできる

    Zoho Projectsでタスクの自動化をすることは、進めている業務の時間を節約できることにつながります。
    Zoho Projectsはドラッグ&ドロップインターフェースを採用しているため、シンプルなプロジェクトから複雑なタスクが組み合わされたプロジェクトまで、さまざまな種類のタスクを自動化してくれるのです。
    自動化されたタスクは視覚的に確認しやすく、タスクの確認や修正が容易になります。
    またZoho Projectsでは、リソースの使用率をグラフで表示してくれるので、スタッフの作業状況も簡単に把握できます。
    手の空いているスタッフや、仕事が集中して負担のかかっているスタッフが誰かすぐに確認できますので、効率よく作業分担できるでしょう。
    できるだけ公平に作業を割り振ることで、残業することなくスピーディーにタスクを完了させることが期待できます。

    複数のアプリとの連携が可能

    Zoho Projectsでは、Zohoのアプリから外部アプリまでさまざまなアプリとの連携が可能です。
    Google Appsと連動させることで、Zoho Projectsにもサインインできますので、サインインの手間が半減します。
    Googleカレンダーなどを取り入れると、スケジュール管理とタスク管理が可能になるのでより効率的です。
    プロジェクトを進める際は、さまざまなアプリを連携させる必要があります。
    Zoho Projectsと自社で使用しているアプリが連携可能であればより利便性を感じることができます。

    Zoho Projectsの強み

    Zoho Projectsは、プロジェクト管理に必要な機能が一通り揃っています。
    管理方法も視覚効果を最大限に利用して、スムーズに行えますので、ストレスを溜めることなく、誰が何をしているか、プロジェクトの進捗状況はどうかなどが手にとるようにわかります。
    連動可能なアプリが多いのも、Zoho Projectsの強みと言えるでしょう。

    Zoho Projectsの価格・料金プラン

    Zoho Projectsの料金プランには「スタンダード」「エクスプレス」「プレミアム」「エンタープライズ」の4種類あります。年間契約と月間契約によって月あたりの料金が異なります。
    割引が適用される年間契約ではスタンダードの場合1ユーザーにつき月額360円(最低6ユーザーから)で利用することができます。

    エクスプレスの場合1ユーザーにつき月額480円(最低12ユーザーから)で利用することができます。

    プレミアムの場合1ユーザーにつき月額600円(最低15ユーザーから)で利用することができます。

    エンタープライズの場合1ユーザーにつき月額720円(最低20ユーザーから)で利用することができます。

    また、ユーザー数は3人までと限定されてしまいますが無料プランも提供されています。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Zoho Projectsの注意点

    Zoho Projectsは日本製ではなく海外製のツールです。
    そのため日本語表示が不自然に表示されることがありますので、注意しましょう。
    設置されているカスタマーサービスでも、日本語が通じないこともあります。
    頻繁に発生することではありませんが、今後の改善が望まれます。

    Zoho Projectsの口コミ・利用企業からの評判

    複数のプロジェクトを同時に管理できる優れたツール

    “弊社では受注した仕事について必ずプラットフォームを作成して業務を進めています。Zoho Projectsの利用を決めたのは、メインで使用しているGoogle Appと連携させたり、外注も含むプロジェクトの一括管理ができたりするからです。Zoho Projectsを利用してからは、複数のタスクが組み合わさったプロジェクトの管理が同一画面で行えるため、進捗状況が把握しやすくなりました。さらに、複数のプロジェクトを同時に管理できるため、より業務がスピーディーに行え、会社の利益につながります。”(Cartodata様)

    類似サービスとの比較

    Zoho Projectsの類似サービスに、「マンモスプロジェクト」と「jooto」があります。
    マンモスプロジェクトは、直感的に使えるプロジェクト管理ツールで、タスクの追加や修正が簡単にできるよう工夫されています。
    jootoもシンプルで使いやすいインターフェースに特徴があり、タスク管理やプロジェクトの進捗状況、システム開発の工程管理、などが行えます。
    マンモスプロジェクトの料金プランは、オンライン版が月額500円(1ユーザーあたり)、jootoは、4ユーザーまで無料です。

    Zoho Projectsを含む「プロジェクト管理ツール」を比較

    Zoho Projectsでプロジェクト業務の効率化を

    Zoho Projectsは、複数のプロジェクトを管理できるプロジェクト管理ツールです。
    タスクが複雑化して、プロジェクトを効率良く管理したいなら、フリー版から試して運用を検討してみてはいかがでしょうか ?

    画像・データ出典:Zoho Projects公式サイト

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載