ハインリッヒの法則って何?具体例とよくある間違いについて解説

更新日:

ハインリッヒの法則というものをご存知だろうか。この法則は、名前のイメージから「占い?」「嘘くさい」など、様々な印象を受けるかもしれません。しかし、胡散臭いものやスピリチュアルではなく、労働災害における割合を表した法則です。この法則を知ることで、日常生活やビジネスシーンなどの事故を減らすことができます。そこで、本記事では、「ハインリッヒの法則って何?」という方でも、簡単に理解できるよう解説します。

【ハインリッヒの法則とは?特徴と概要を解説】

ハインリッヒの法則とは、アメリカの損害保険会社に勤めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が提唱した法則で、『1つの重大な労働災害に対して、29件もの軽災害、300件もの「ヒヤリ、ハッと」する現象が起きる』ことを表したものです。またこの法則は、別名「1:29:300の法則」とも呼ばれており、様々な労災事故を防ぐための考え方として広く用いられています。

例えば交通事故の場合、1件の大きな事故が起こる前には、29件の小さい事故、300件の事故が起きそうな出来事があったと想定されます。その時、ハインリッヒの法則を用いて考えるのであれば、『300件の事故が起きそうだった「ヒヤリ、ハッと」した段階で、どう対処すべきかを考える』というわけです。

このように、事故の背景を知ることで、様々な事故を防ぎやすくなるため、この法則が重要視されるようになりました。そして今では、建設業や医療、教育などの様々な職柄にも取り入れられています。

【ハインリッヒの法則が広まった背景】

ハインリッヒの法則が広まった背景には、次のような歴史があります。始まりは、1930年にアメリカの損害保険会社で働くハインリッヒ氏が、5000件以上もの労働災害を調査した経験則(結果)を発表したことがきっかけとなりました。その後、1931年に書籍が出版されると同時に、少しずつ世界へ知れ渡り定着していきます。のちに日本では、1951年にハインリッヒ氏が著書の「災害防止の科学的研究」という書籍が和訳されました。こうして古い歴史を持つ法則が、現代の日本でもよく知られる法則となったわけです。

【ハインリッヒの法則の解釈によくある間違いとは】

ハインリッヒの法則は、上記で述べた通りの法則に変わりありませんが、捉える側の解釈に間違いが生じることがあります。とはいえ、それも仕方のないことでしょう。なぜなら、記事を執筆する側の人間も、著作権などを気にして文章の言い換えをしているからです。ゆえにネットの記事が増えるほど、本来の意味や本質的な考え方とズレた情報に見えてしまうのです。そこで、本記事では、間違った解釈をご紹介して、本来の意味や考え方をみていきましょう。

ハインリッヒの法則における解釈の間違いの多くは、『330件の「ヒヤリハット」を出来事だと解釈すること』です。「ヒヤリハット」の段階は、出来事ではなく事故という意味なのです。なので、交通事故で例える場合、『330件の事故のうち、1人が重症で、29人が軽症、300人が無傷』という意味になります。このとき、無傷の300人は無傷なだけで、事故に至ってないわけではありません。ですので、この法則の本質的な考え方としては、『「ヒヤリとする、ハッとする」ような出来事自体を減らすこと』が目的になります。しかし、ハインリッヒの法則を利用する人の多くは、その意図が伝わっておらず、別の視点で考えてしまうケースが見受けらます。情報量が多い現代において、仕方のないことでもありますが、正しい理解のものもとに適切に考えるよう心がけましょう。

【各業界におけるハインリッヒの法則の活用例】

ここでは、実際に医療現場では「どのように法則を利用しているのか?」についてみていきましょう。

【医療現場での活用シーン】

医療現場における病院などでは、日々看護を受ける患者がいます。ゆえに、医療に携わるところでは「ハインリッヒの法則」が役立ちます。具体的には、「いち早くミスに気づいてコミュニケーションを取る」という使われ方をします。そもそも、ハインリッヒの法則は「ヒヤリハット」を防ぐことが目的ですから、忙しい医療現場においても上記のような「気づきとその後」が重要になるわけです。このように、医療現場においては、ミスへの素早い気づきと対応の重要性を「ハインリッヒの法則」を用いて考えられています。

【ハインリッヒの法則を意識してトラブルを未然に防ぐポイント】

ハインリッヒの法則を意識した上で、未然にトラブルを防ぐには『どんなところや場面で「ヒヤリハット」が起こるのか?』というポイントを理解することが重要です。その方法として、具体例を多く知っていると効果的でしょう。そのために、ここでは2つのシーンでのトラブルの一部例をご紹介します。

【(1)交通事故】

・荷台の乗り降り(上り下りで起こる転落事故など)
・人の死角からの飛び出し(夜・視界の悪い場所・交差点・曲がり角など)
・障害物の飛び出しや(障害物が落ちていたり、風などの自然現象で飛んでくるなど)

【(2)日常生活】

・足を踏み外す(階段や段差を歩くときなど)
・コードに引っかかる(電化製品のコードに足がかかるなど)
・モノの劣化が進む(モノの劣化に気づかず、あるとき転落事故が起きるなど)

上記の2つは、あくまで一部の例に過ぎませんが、このような「ヒヤリハット」は日常生活などの様々な場所で可能性があります。ゆえに、ポイントがどこなのかを事前に把握した上で、行動することをおすすめします。

【まとめ】

いかがだったでしょうか? ハインリッヒの法則が何なのか、そして具体例や「なぜ、解釈に間違いがあるのか?」ということについて理解できたのではないでしょうか。また、本記事を読んでいただき、ビジネスシーンや日常生活において、少しでも役立てていただけると幸いです。それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載