Adobe Connect(アドビ コネクト)の料金・評判について。どこからでも参加しよう

最終更新日 

テレワークや部署を超えた業務、セミナーなどを行う上で利用したいのがウェビナーツールの「Adobe Connect」です。Adobe Connectを利用すればあらゆる場所からアクセスできる環境が整います。

この記事ではAdobe Connectの特徴や機能、導入するメリットを紹介します。なお、こちらはPhotoshopやpremiere Proなど、クリエイティブな活動をする上で欠かせないツールを提供している有名企業です。

Adobe Connectの特徴・機能

あらゆる場所から参加可能

1つ目の特徴があらゆる場所から参加可能にします。

HTMLブラウザークライアント経由でスムーズにアクセスできるので、場所を問いません。アクセスしやすい動画、アクセスしやすいドキュメント、アクセスしやすいチャットなどアクセスしやすさに優れています。

どの端末からでも参加可能

2つ目の特徴はAndroid/iOS問わずモバイルアクセスが可能になっています。

これによりいつでもどこにいてもホスティングを行え、共有、共同作業、トレーニングが可能です。アプリケーションをインストールするだけでできるので、とても簡単にできるのが特徴です。

ホスティング型SaaSはすぐに利用できる

3つ目の特徴はホスティング型SaaSではすぐに利用できます。

Adobe Connectの管理は全てAdobeにお任せできるので、導入後すぐに利用できます。ソフトウェアのインストールや設定、保守作業も全て不要なので、導入しやすいと言えるでしょう。

Adobe Connectのメリット

Adobe Connectのメリットは主に以下の2つです。

ニーズに合った導入形態が選べる
オンライン環境があればどこからでも参加できる

1つ目がニーズに合った導入形態が選べます。導入ハードルが低いホスティング型SaaS、管理をAdobeが行ってくれるオンプレミス・マネージドサービス、自社ファイアウォールを生かしたオンプレミス・ファイアウォールの3つです。3つそれぞれ特徴が異なるので、これによりニーズに合った導入形態が見つかるでしょう。

2つ目がオンライン環境があればどこからでも参加できます。モバイル端末であればアプリケーションをインストールするだけでどこからでも参加可能です。

Adobe Connectの注意点

Adobe Connectの料金はドル表示になっているので、日本円での詳細はお問い合わせをする必要があります。

Adobe Connectの価格・料金プラン

Adobe Connectは小規模会議/3人であれば無料、会議/25人、Webセミナーと学習130ドル/100人〜1,500人になります。

日本円が気になる方は問い合わせてみましょう。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

Adobe Connectの導入事例・評判

営業社員の遠隔教育としてAdobe Connect Meetingを活用しました。他の製品を試しましたが、タイムラグが発生していました。結果Adobe Connectがもっと適していました。
大手製薬会社

Adobe Connectをインターネット経由で手軽に参加できるウェブセミナーで活用しています。
ベントレーシステムズ

Adobe Connectと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
FreshVoice Webinarお問い合わせアプリのインストールの必要がない
Zoom無料使いやすい
Cocripoビジネス/33,000円、エンタープライズ/77,000円国産により安心

FreshVoice Webinarは最大3人までの同時双方通話機能があり、アプリのインストールの必要がないので容量を取りません。

Zoomは有名ツールで基本料金無料で、誰でも使いやすいのが特徴です。個人でも企業間のやり取りでも安心して使えます。

Cocripoは国産ウェビナーツールで、安心して導入できるでしょう。大幅なコスト削減が期待できます。

Adobe Connectでどこからでも参加しよう

Adobe Connectはモバイル端末でも、インターネット環境があればどこからでも参加ができます。

金額はドル表示になっていますが、問い合わせれば日本円に換算してくれるでしょう。導入しやすいホスティング型SaaSもありますので、ぜひ検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載