EventCreateの料金・評判・特徴・利点について

更新日:

    「EventCreate」は、イベントやセミナーの運営管理を効率化させるイベント管理システムとして人気を博しています。

    イベントの申込フォームからメール配信・名簿作成・イベント開催に必要な機能が充実しており、イベント開催準備にかかる工数を削減したい企業に特におすすめのサービスです。

    EventCreateとは

    EventCreateは、専門的な知識がない方でも、イベントサイトの作成・情報更新・申込者への返答・当日の参加者管理などを簡単に行えるのが強みです。

    申込時の受付フォームをカスタマイズしながら作成・メールの自動配信や一括配信・イベント毎にアンケートの作成など、あらゆるサービスが搭載されています。

    おすすめの類似イベント・セミナー管理ツール

    イベント開催に関する機能がオールインワン: eventos

    (4.5)

    月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせライブ配信可能

    ウェビナーやオンライン商談・展示会などを簡単に開催することができるイベントプラットフォーム。多くの機能を1ツールで一元管理。自社専用のイベントプラットフォームが持て、カスタマイズも自由にできます。

    デザイン性の高いイベントサイトの構築ができる

    eventosは、カスタマイズ性の高さで自社の特色を反映したイベントサイトをデザインすることが可能です。 ウェビナーやカンファレンス、アンケートなど、企業のニーズを実現するための機能を自由に選択して公開できるため、ブランディングに強いサービスと言えるでしょう。

    簡単な操作性

    イベントサイトの構築には、専用の知識が必要で、操作も難しいイメージがあります。 しかし、eventosは使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、イベントの構築から公開までが可能なため、PCの操作が苦手という方でも無理なく運用することができます。 Google AnalyticsやGoogle Tag Managerのタグを挿入すれば、アクセス分析も可能です。

    リード獲得に特化している

    eventosでは、BIツールやMAツールと連携することで、イベントへの参加申し込み情報やアンケートの回答内容、ウェビナーの視聴時間までを分析してCSVに出力することが可能です。 1つのツールで複数の機能を一元管理できるため、管理の煩雑化も起きにくく、いつでもリアルタイムなリード分析で、ホットリードの獲得が実現できます。

    EventCreateの特徴や機能

    かんたんにイベントサイトを作成できる

    EventCreateは、イベントの告知や受付業務にかかる時間を削減することを得意としています。

    イベント告知用のサイトを約5分ほどで作成することが可能で、画像や文字の入力のみで企業のイメージに合ったサイトを作ることができます。

    アパレル業界・コスメ業界など、デザイン性が重視される業界においても、デザイン性の高いブランドイメージにあったサイトを作れます。

    申込フォームも自由に作成することができるので、イベントサイトの作成に際し、特別な技術や知識も必要ありません。

    名簿の自動作成で工数削減

    EventCreateは、参加者データを既存の顧客リストに追加したり、参加者リストのダウンロードを行えます。

    過去のイベントに参加した人や、アンケートの回答を行った人に対し、顧客データの作成やイベントの告知を簡単に行えるため、作業効率の向上が見込めます。

    申し込み完了時には、参加者に自動で確認メールを送信できるのはもちろん、既存の顧客リストを取り込んで一括でメールを予約配信することもできます。

    参加者には詳細情報を、また参加されていない方には再度メールをといった具合にユーザーの属性に合わせてメールを送り分けることも可能です、

    また、イベントごとに複数のアンケートを作成することもできるので、イベント開催前に獲得したい情報はもちろん、イベント中・イベント終了後の意見や感想を集めることも可能です。

    アンケートの仕分けや集計をシステムに任すことができるので、作業効率の大幅な向上が見込めます。

    誰でも使いこなせる簡単設計が魅力

    EventCreateには、イベント業務を行うための機能が一通り揃っており、これまでのの業務フローを大幅に変更せずに、誰でも直感的に使いこなすことができます。

    専門知識不要で、アンケートやイベントの受付・参加者の出席有無・イベントサイトの作成まで一つのシステムで一元管理できるのが大きな魅力です。

    定員の設定も行えるので、定員以上の人数が申し込まれてしまうようなミスが起こらないのも嬉しいポイントです。

    自由度の高い設定が可能で柔軟なイベント管理を行えるのが、EventCreateの大きな魅力です。

    EventCreateの価格·料金プラン

    料金プランには、「継続利用プラン」「単発利用プラン」があります。

    毎月開催などイベントをよく行う企業であれば、継続利用プラン、単発イベントの際は単発利用プランが向いています。

    最低契約期間は、継続利用プランが6か月、単発利用プランは3か月ですが、お試し期間が30日間あるので、まずは実際に使ってみていろいろと機能を試してみることをおすすめします。

    詳しい料金については、実際に問い合わせてみましょう。

    EventCreateの注意点

    無料お試し期間後の7日以内に有料プランへ申し込まなければ、それまでのデータは破棄されてしまいます。

    クレジットカードによる支払いは不可です。

    EventCreateを便利に活用しよう

    EventCreateは、自治体・大使館・外資系メーカー・アパレル業・学校など幅広い業種から支持されています。個人事業主の方にもおすすめです。

    画像·データ出典:EventCreate公式サイト

      • qeee枠【イベント・セミナー管理】

        イベント開催に関する機能がオールインワン: eventos

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせライブ配信可能

        ウェビナーやオンライン商談・展示会などを簡単に開催することができるイベントプラットフォーム。多くの機能を1ツールで一元管理。自社専用のイベントプラットフォームが持て、カスタマイズも自由にできます。

        デザイン性の高いイベントサイトの構築ができる

        eventosは、カスタマイズ性の高さで自社の特色を反映したイベントサイトをデザインすることが可能です。 ウェビナーやカンファレンス、アンケートなど、企業のニーズを実現するための機能を自由に選択して公開できるため、ブランディングに強いサービスと言えるでしょう。

        簡単な操作性

        イベントサイトの構築には、専用の知識が必要で、操作も難しいイメージがあります。 しかし、eventosは使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、イベントの構築から公開までが可能なため、PCの操作が苦手という方でも無理なく運用することができます。 Google AnalyticsやGoogle Tag Managerのタグを挿入すれば、アクセス分析も可能です。

        リード獲得に特化している

        eventosでは、BIツールやMAツールと連携することで、イベントへの参加申し込み情報やアンケートの回答内容、ウェビナーの視聴時間までを分析してCSVに出力することが可能です。 1つのツールで複数の機能を一元管理できるため、管理の煩雑化も起きにくく、いつでもリアルタイムなリード分析で、ホットリードの獲得が実現できます。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載