eventos(イベントス)の料金·評判・機能・事例について

    eventos(イベントス)

    サービス名eventos(イベントス)
    ジャンルイベント・セミナー管理
    初期費用要問い合わせ
    月額費用要問い合わせ
    ライブ配信可能

    自社のことを効率的にPRするには、イベントや展示会、セミナーなどの開催が効果的です。

    さらに、新型コロナウィルス感染症対策を考慮して、ウェビナーという新しい形のセミナーも登場しています。

    eventosは、イベントやセミナーの開催·運営ノウハウがない方でも、簡単に集客から開催後のフォローまでを実現する統合イベントプラットフォームです。

    料金や機能、導入事例などを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    eventos(イベントス)とは

    • オンライン・オフラインだけではなく、それらを組み合わせたイベント開催もできる統合イベントプラットフォーム
    • デザイン性の高いイベントサイトの構築が可能
    • BIツールやMAツールと連携しホットリードの獲得を実現できる
    • QRコードでスマートなチェックインを実現し、イベントの来場管理を効率化できるチケット機能

    eventosとは、bravesoft株式会社が運営している統合イベントプラットフォームです。

    オンライン·オフラインだけではなく、それらを組み合わせたイベント開催も可能で、チケットの管理からライブ配信、オンライン商談などの機能がオールインワンで搭載されています。

    実際にeventosを導入した企業からは、「決済手数料の安さが導入の決め手になった」、「やりたいことが全てできた」、「新たな商機の獲得につなげることができた」などといった声が挙げられており、コストパフォーマンスに優れ、確かな導入効果があるサービスであることがわかります。

    eventos(イベントス)のより詳しい内容を知りたい方はこちら

    eventos(イベントス)の資料ダウンロードする

    eventos(イベントス)の特に優れている点

    1. カスタマイズ性が高く、デザイン性のあるイベントサイトの構築が可能
    2. ドラッグ&ドロップで簡単な操作性が魅力
    3. BIツールやMAツールと連携しリード獲得に特化

    デザイン性の高いイベントサイトの構築ができる

    eventosは、カスタマイズ性の高さで自社の特色を反映したイベントサイトをデザインすることが可能です。

    ウェビナーやカンファレンス、アンケートなど、企業のニーズを実現するための機能を自由に選択して公開できるため、ブランディングに強いサービスと言えるでしょう。

    簡単な操作性

    イベントサイトの構築には、専用の知識が必要で、操作も難しいイメージがあります。

    しかし、eventosは使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、イベントの構築から公開までが可能なため、PCの操作が苦手という方でも無理なく運用することができます。

    Google AnalyticsやGoogle Tag Managerのタグを挿入すれば、アクセス分析も可能です。

    リード獲得に特化している

    eventosでは、BIツールやMAツールと連携することで、イベントへの参加申し込み情報やアンケートの回答内容、ウェビナーの視聴時間までを分析してCSVに出力することが可能です。

    1つのツールで複数の機能を一元管理できるため、管理の煩雑化も起きにくく、いつでもリアルタイムなリード分析で、ホットリードの獲得が実現できます。

    eventos(イベントス)の主要な機能・特徴

    1. イベントの来場管理を効率化できるチケット機能
    2. 出展者ページや協賛ページ向けのブース機能
    3. 臨場感のあるライブ配信ができる
    4. チャットやオンラインMTGも充実
    5. HTMLやCSSを用いてTOPページのUIを自由自在に設定できる

    チケット機能

    イベントの来場管理を効率化します。

    QRコードでスマートなチェックインを実現し、チケットの電子化で紛失などのリスクも0にすることができます。

    ブース機能

    主に、オンライン展示会やプライベートショーの出展者ページや協賛ページに使われる機能です。

    製品情報や動画·アンケートが設置可能でさらにブースのカテゴリー検索もできます。

    そのほか、アプリでは出展者情報や製品情報、出演者紹介などの情報をシンプルに見やすく表示することができ、スケジュールやマップとの連携も可能です。

    紙でまとめていた情報をアプリで管理することができるため、情報が見やすくなるだけでなく検索も容易となります。

    ライブ配信

    自社サイト上で簡単にライブ配信を開始することができます。

    オフラインだけでなくオンラインでも臨場感のあるライブ配信が可能となります。

    チャット·オンラインMTG

    自社ブースから離れている相手と1:1のオンライン商談を実現します。

    外部サービスを導入する必要なくeventosから簡単にオンラインMTG機能を追加できるため、一貫した操作性で利用できるだけでなく、コストカットにもつながります。

    また、アプリ内でのみ利用できるチャット機能が搭載されているためメールより高い開封率でメッセージを伝えることができます。

    参加者同士で個別チャットツールを用いることなくコミュニケーションをとることができます。

    HTMLウィジェット

    HTMLやCSSを用いてeventosWEBのTOPページのUIを自由自在に設定することができます。

    独自ドメイン機能を利用すれば、より柔軟なブランディングが可能となります。

    eventos(イベントス)のより詳しい内容を知りたい方はこちら

    eventos(イベントス)の資料ダウンロードする

    eventosの大きな特徴3つピックアップ

    先述した内容と重複しますが、大きな特徴を3つピックアップして以下のまとめました。

    Webページの作成

    使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、Webページやアプリの構築ができます。

    CSSやHTMLを使用してこだわったイベントページを作ることもでき、サイトのビジュアルデザインを自由に変更できます。ブランディング強化にも最適です。

    また、独自のドメインが設定できるので、自社専用イベントプラットフォームとしても使用できます。

    オンライン展示会・カンファレンス・合同展示会すべてのイベント形態に対応

    ポータル機能

    eventosは1アカウントで複数のイベントや同時期開催にも対応可能でき、定期開催も1アカウント分の料金で対応可能です。

    マッチングチャット

    探したい相手を検索してマッチング申請をしたり、ブース担当者とマッチングしてチャットできる機能が搭載されています。

    かんたんLive!配信

    Webブラウザからボタン1つで簡単に配信でき、配信ソフトは不要です。

    画面共有やアーカイブも自在に使用できます。

    リード獲得のための機能が充実

    個別ログが取得できるので、リード情報の詳細な分析ができます。

    アカウントプロフィール情報・チケット申し込み情報・ウェビナー視聴履歴・ブース問い合わせ情報をCSV出力できます。

    リードの情報は、コンソールから申込者一覧や視聴時間に関するデータ管理が可能です。

    離脱ポイントによってリードの確度を明確化できるのもポイントです。

    eventos(イベントス)のより詳しい内容を知りたい方はこちら

    eventos(イベントス)の資料ダウンロードする

    eventos(イベントス)の活用シーン

    eventosの活用シーンの一例としては、以下の通りです。

    • イベントマーケティングツールとしての活用:イベント参加者からリードを獲得してリード分析
    • エキスポ·展示会開催ツールとしての活用:ブースや配信など機能が充実しており、オンラインでのマネタイズが可能に
    • ハイブリッド開催ツールとして:チケット機能の利用で3密を回避

    eventos(イベントス)の料金·価格

    eventosの料金は、公式サイト上では公開されていないため、お問い合わせが必要となります。

    料金についての詳細は、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    eventos(イベントス)の導入事例·評判

    チケット機能が魅力的でした

    “コロナ禍によってリアルイベントの開催が難しくなり、イベントをオンライン化してマネタイズできないかと検討している時に、eventosの存在を知り導入しました。チケット機能、チケット限定コンテンツが特に魅力的で、決済手数料も非常に安く満足しています。今後は随時イベントをアプリに掲載して告知も行なっていく予定です。”(株式会社読売新聞東京本社 中部支社様)

    リード獲得でイベントに有効活用

    “リアルイベントの開催が難しくなったこともあり、オンラインイベントが可能なeventosを利用しました。イベントに参加するディーラー·来場者の方に対して、次回以降のイベントへの満足度をキープできればと考えています。具体的には有料チケット機能やライブ配信機能などを使って、リード顧客を獲得して次回以降のイベントに有効活用したいです。”(株式会社海洋堂様)

    eventos(イベントス)導入までの流れ

    eventos導入までの流れは、下記の通りです。

    • 契約
    • 打ち合わせ
    • 導入レクチャー
    • コンテンツ登録
    • 動作確認
    • 公開作業
    • イベント本番

    コンテンツ登録からイベント本番までは、eventos側で担当することも可能なため、イベント開催のノウハウがない場合や、初めてイベントを開催する場合は、一度相談してみると良いでしょう。

    最短1週間でリリースできるため、計画からイベント本番までがスムーズに実現できます。

    eventos(イベントス)の詳細について

    eventos(イベントス)のより詳しい内容を知りたい方はこちら

    eventos(イベントス)の資料ダウンロードする

    1つのツールに多数の機能が搭載されており、導入企業のニーズに合わせて柔軟な運用を可能とするeventosは、幅広い業界でのオンライン/オフラインイベントを実現できるツールです。

    より詳細な機能や料金などについての説明は、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    eventos の 口コミをみる

    業界:IT業 会社規模:11人~30人

    満足度

    顧客管理が簡単にできる

    良い点

    UIのカスタマイズが可能な点が良かったです。

    改善点

    特に気になる点はありません。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    UIの自由度が高く、一元管理がしやすいので使いやすかったです。
    顧客やユーザー管理を簡単に行えるため、機会損失を防ぐことができました。
    また、イベントのハイブリッド開催が可能な点も高ポイントでした。

    無料

    eventos
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載