Help Scoutの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
12,000社以上

在宅ワークやリモート作業といった働き方が当たり前になりつつある中で、多くの企業が抱えている悩みに『情報の共有』があります。

ミーティングや会議、電話などでこれまでは引き継ぎしたり共有してきましたが、多くの情報を取り扱っている場合、詳細な引き継ぎが難しくなります。

また、顧客によって担当などが割り振られている場合、他のスタッフに情報がなく代わりに担当ができなくて困ったというようなこともあるのではないでしょうか。

そこでおすすめするのが『Help Scout』です。

今回はHelp Scoutのサービス内容や特徴、料金や口コミなどについて解説していきます。

Help Scoutとは?

Help Scoutとは、受信メールや各端末で行った顧客との会話内容など、様々な情報を一括で管理することが可能であり、組織全体でサービス向上に役立てることができる管理ツールとなります。

これまでに12,000以上の企業がHelp Scoutと導入してきており、日本国内はもちろん世界中で利用されていいます。

主な機能は4つあります。

『ライブチャット』

各端末で行われた顧客との会話はライブ形式ですべて記録に残すことが可能であり、組織全体でその内容を共有することができます。後になって細かい会話内容を思い出したり、周りへの引き継ぎを行う必要がなくなり顧客満足度の向上に役立てることが可能です。

『共有受信トレイ』

各端末に受信したメールは一つの受信トレイにまとめられ、誰宛にどんなメールが届いたのか全員で共有することが可能であり、担当の代わりに他の誰かが返信をしたりすることもできます。休日などで担当が不在で顧客への返信が遅れたりするリスクを減らすことができます。

『ナレッジベース』

ナレッジベースでは各メンバーが集めたり作成した知識や情報を全員で共有することができます。各パソコンからわざわざ資料を作成し全員へ共有したりする手間もなくなり効率よくプロジェクトを進めることが可能となります。

『顧客への情報提供』

IN-APP MESSAGINGでは各顧客に対して新商品の紹介やキャンペーンの告知、会員登録の更新などの情報を自動で送信することが可能であり、常に良好な関係を保つことが可能です。

類似サービス: Shachihata Cloud

(0)

月額費用110円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。


Help Scoutの特徴

Help Scoutの特徴としては3つあり、一つ目が『すぐに導入できる』という点です。複雑な設定は必要なく、普段使用しているメールの受信箱を開くような感覚で使用できるため、すぐに運用を開始できます。

2つ目が『様々な業務で効率を上げられる』という点です。あらゆるプロジェクトへの導入実績があり、各メンバーの知りえた情報をリアルタイムで共有できるので生産性を52%も向上させることが可能です。

3つ目が『安心のサポートと最新の状態で使用できる』という点です。多くの企業へのサポートを行っており、多くの意見をもとにしたアップデートを行っています。

Help Scoutの料金

Help Scoutの利用料金は公表されておらず、公式HPにて問い合わせをすることで正確な見積もりを知ることが可能で、利用に関しては無料トライアルを試してみることもできます。

Help Scoutの口コミや評判

Help Scoutの口コミや評判として特に多かったのが『簡単に組織全体の効率を上げることができた』といった内容でした。

導入自体に大がかりな作業は必要なく、誰でも簡単に使用できるようなシンプルな操作性となっており、全体で必要な情報を共有することができます。

Help Scoutを導入して組織全体の効率を上げよう

今回はHelp Scoutについて解説してきました。

各メンバーの受信メールや会話履歴、ナレッジベースを記録し共有できるため、簡単に組織全体の効率向上につなげることが可能です。

初めてでうまく運用できるか不安という場合でも無料トライアルがあるので安心して利用を開始できます。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載