トコトンの料金·評判·機能について

更新日:

    トコトンとは

    株式会社フォノグラムが手掛けているサイト運用、サイト保守のためのサービスがトコトンです。

    以前はインターネットへの接続にパソコンはほぼ必須でしたが、スマートフォンやタブレットなどの高性能な端末の登場で状況は大きく変わりました。スマートフォンやタブレットで簡単にインターネットを楽しめる現在、企業の所有するサイトは非常に重要な存在です。

    SNS、ネットショップなど、企業は様々な形のサイトを所有していますが、これらのサイトの中には新しいページが生まれ続けるものも珍しくはなく、効率的なサイト運用とサイト保守は欠かせません。株式会社フォノグラムのトコトンは、より効率的なサイト運用とサイト保守を実現するためのツールです。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    グループウェアの製品をまとめて資料請求

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

    トコトンの特徴·機能

    複数の案件管理が可能

    サイト更新のためのプロジェクトは同時に進むケースがほとんどであり、同時進行のプロジェクトを把握、管理する力が問われます。トコトンは複数の案件の管理に向いているサービスで、リリースやクローズの日時などがカレンダーにまとめられているため、一目で現在の状況が確認できるのが魅力です。

    ワークフロー機能

    ワークフロー機能も充実しており、それぞれのプロジェクトの進捗状況を簡単に把握できる点も見逃せません。シンプルながらチャット機能も付いていて、担当者と制作者とのやり取りも効率化できます。プロジェクトごとにチャットが記録されるため、情報を振り返りやすいのも大きな魅力です。

    わかりやすいフォーマット

    サイト更新のためのプロジェクトではエクセルを使用して制作者に指示を出すケースも多いですが、トコトンでは分かりやすいプロジェクト管理フォーマットが利用できます。担当者は公開日時、具体的な作業の指示などを出しやすく、制作者の負担を減らす効果が見込めるのです。

    トコトンの強み

    トコトンには様々な有用な機能が搭載されていますが、その根っこには使いやすいテンプレートがあります。

    プロジェクトには交渉、承認などのフローが存在しますが、トコトンは様々な要素に対して視覚的に分かりやすいテンプレートを用意しており、より一層の効率化が実現されているのです。

    担当者、制作者ともに、面倒なフローに悩まされる例は枚挙にいとまがありませんが、トコトンではシンプルかつ分かりやすいテンプレートにより多くの手間をカットできます。

    サイトの更新、保守に関しては当然ながらお金が発生しますが、このお金に関する部分もテンプレート化されており、よりスムーズな発注が見込めるのも特長です。テンプレートを利用して情報を入力するだけで、簡単にサイト運用とサイト保守を実現できる、これがトコトンの強みと言っても過言ではありません。

    トコトンの価格·料金プラン

    企業が利用するツールの中には料金体系が分かりにくいものもありますが、トコトンは料金プランが非常にシンプルです。

    トコトンで用意されているプランは2種類で、ASPプランは税別で1月あたりの料金が19,800円、ユーザー数は無制限です。お手頃な価格で利用できるのがASPプランの魅力ですが、さらに年払いであれば2ヶ月分が無料になります。

    ASPプランには30日間の無料トライアルがあるので、トコトンの利用を検討している段階なのであれば、ぜひ無料トライアルを試してみてください。

    もう1つのプランはインストールプランで、こちらはライセンス費として1月あたり税別80,000円の料金がかかります。また、この料金とは別に保守費用がかかるため、ASPプランと比べるとやや高めではあるものの、カスタムに対応しているのは魅力です。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    トコトンの注意点

    トコトンはメリットの多いツールではあるものの、一方で新規開発のような長期プロジェクト向けのツールではありません。そのため、長期プロジェクトを立ち上げるのであれば、トコトンではなく他のツールを検討するのも手です。

    トコトンの口コミ·利用企業からの評判

    サイト保守の効率化につながりました

    “顧客のサイト保守を手掛けてきましたが、保守契約の範囲が不明瞭などの問題からサイト保守の収益化が危うい状況に陥っていたのです。しがらみから、契約の範囲外と思われるものまで対応して損するケースも多かったのですが、評判のトコトンを利用することで状況が改善しました。トコトンの導入により、お互いに仕事内容を把握できるようになり、効率化が進んだことで仕事の質も上がりました。”(株式会社イープロジェクト様)

    類似サービスとの比較

    トコトンとの類似サービスとしてはAdFlowBacklogなどが挙げられます。

    AdFlowは制作に必要な情報を一元管理できるのが特徴で、詳細な検索機能とプレビュー表示で手間をかけずにプロジェクトの全体イメージを把握することができます。料金については公式サイトでは明記されていないので比較が難しいですが、サポート体制が充実しているので初めてプロジェクト管理を行うという場合にはこちらもおすすめです。

    Backlogはチームプロジェクトを管理するためにおすすめなツールで、キャラクターアイコンの活用、いいね機能などコミュニケーションを円滑化するための工夫が随所に搭載されています。

    料金プランは、プラチナプランが月額50,000円、プレミアムプランが月額19,800円、スタンダードプランが月額11,800円、スタータープランならば、月額2,400円と安価に利用することが可能です。

    トコトンと違い、長期的なプロジェクトの管理を行うのに適しているツールと言えます。

    トコトンを含む「プロジェクト管理ツール」を比較

    トコトンでプロジェクト管理の効率化を

    サイト保守、サイト運用の分野では担当者、制作者の両方が負担に悩まされがちなのが実情です。無駄なフローをカットする効果が期待できるため、現状のサイト保守やサイト運用に悩みがあるならトコトンの利用を検討してください。

    画像·データ出典:トコトン公式サイト

    この製品はプロジェクト管理・タスク管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    プロジェクト管理・タスク管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載