テックタッチの評判・口コミは?

更新日:
カスタマーサクセスのサービス資料を無料ダウンロード

カスタマーサクセスの製品をまとめて資料請求

テックタッチに関するネット上にあった口コミや評判をまとめましたので、テックタッチをご検討の方はぜひ参考にしてください。

テックタッチの評判・口コミ

テックタッチのいい評判・口コミ

テックタッチでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

テックタッチの良い口コミ・評判

UIが良く、非エンジニアでも直感的かつ簡単に操作できるのがとても便利。
・テックタッチではスムーズな操作性と信頼性が加味されますので、顧客としても安心。
・ユーザーの声を元にした改善が多数行われており、今後更に利便性が増すであろうことに期待できる。

これらのコメントから、このサービスは優れたUIを持ち、非エンジニアでも簡単に操作できることが分かります。また、テックタッチが信頼性が高く、ユーザーのフィードバックを積極的に取り入れて改善していることが伺えます。これらのポイントは、顧客満足度を高めるうえで非常に重要です。今後も改善が続けられることを期待していきたいと感じます。

テックタッチのその他評判・口コミ

テックタッチでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

テックタッチのその他口コミ・評判

・画面の要素を基準に出すため、UIが変わると関わるツールチップやガイドをメンテしないといけない。
・対象システムの画面変更があり、画面上の要素認識がうまく行えなくなってもガイド作成者、管理者がすぐに気付けない。
・画面に表示されているものに対してツールチップやガイドなどを設置していくため、設置したいポイントに的確に置くのは少し難しい場合がある。

これらの問題に対応するためには、UIが変更された場合でも自動的にツールチップやガイドが更新されるシステムを導入することが必要です。また、画面要素の変更に対応するためには、定期的なメンテナンスやシステム更新を行うことが重要です。さらに、ツールチップやガイドの設置にあたっては、ユーザーが求めている情報を的確に伝えるために、設計者や開発者と密に連携して、最適な位置や内容を検討することが大切です。

テックタッチを導入した結果は?

テックタッチを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

テックタッチを導入した結果に関する評判・口コミ

・利用頻度は多いのに、操作方法が複雑で分かりづらい機能を絞り込むことができた。
・マニュアルの操作手順がガイドによって案内しやすくなった。
・問い合わせに対して、ヘルプページは用意していたものの、なかなか自力でみてくれないので、ツールチップだと視認率が高まった。結果問い合わせが減らせた 。

これらの導入してよかった点は、ユーザビリティを改善することで顧客満足度を向上させ、問い合わせの減少につながったという点が評価されます。特に、操作方法が分かりづらい機能の絞り込みや、ガイドによる操作手順の案内、視認性の高いツールチップの導入などは、ユーザーのストレスを軽減し、サポート体制の強化につながったと言えます。これにより、ユーザーの継続利用や口コミにもつながり、ビジネスの発展に寄与することができるでしょう。

テックタッチの改善希望ポイントは?

テックタッチに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

テックタッチで改善して欲しいポイント

・​​複数のステップを一括でコピーする機能がほしい。
・​​​​​​​​どのようなガイドにすることが最も効果が高いのか、そのコツをノウハウとして公開してもらえるとなお良い。
・間違えて削除してしまったガイドを復元する機能がほしい。

このような改善希望のコメントは、ユーザーの利便性を向上させるために非常に重要です。複数のステップを一括でコピーする機能やガイドの作成における効果的なガイドラインなどは、ユーザーにとって非常に便利な機能であり、それらが実装されることで利用者の満足度は向上すると思われます。

テックタッチの分析機能について

テックタッチは、システムの利用状況を計測し、計測データを可視化する機能を提供しています。ユーザーがシステムをどのように利用しているか、どの機能が活用されているか、どの操作が非効率であるかなどを把握することが可能です。

利用状況の計測

テックタッチの分析機能は、システムの利用状況を計測します。利用ユーザー数、利用時間、利用機能などが含まれます。

システムのパフォーマンスを評価し、改善のための洞察を提供します。また、これらの情報は、システムの利用状況を詳細に理解するための基礎となります。

計測データの可視化

計測したデータは、テックタッチの分析機能によって可視化されます。データを理解しやすくなり、具体的なアクションを計画しやすくなります。

また、この可視化機能により、データの傾向やパターンを視覚的に把握することができ、より深い洞察を得ることが可能になります。

テックタッチの効果的な使い方

テックタッチは分析機能を活用することで、システムの利用を最適化しユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

操作の最適化

テックタッチの分析機能を活用することで、どの操作が時間を取っているか、どこでユーザーがつまづいているかを把握し、それに対する改善策を計画することができます。

システムの操作を最適化し、ユーザーの作業効率を向上させることが可能になります。

ユーザーエクスペリエンスの向上

テックタッチは、ユーザーがシステムをどのように利用しているかを可視化することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。システムの利用がスムーズになり、ユーザーの満足度が向上します。

また、ユーザーのフィードバックを収集し、それをもとにシステムの改善を行うことも可能になります。

テックタッチの導入事例

テックタッチは、多くの企業で導入され、その効果を実証しています。

積水化学工業株式会社の事例

積水化学工業株式会社では、テックタッチを導入することで、システム操作時間を80%削減することができました。また、システムの操作が効率化されたことで、従業員がより重要な業務に集中することが可能になりました。

アットホーム株式会社の事例

アットホーム株式会社では、テックタッチの導入により、ユーザーの誤入力を50%削減することができました。ユーザビリティが向上し、LTV向上施策にテックタッチが有効に活用されました。

また、誤入力の削減によりシステムの信頼性が向上し、ユーザーの満足度も向上しました。

テックタッチの料金や導入事例などについて

テックタッチの料金や導入事例、その他機能の詳細等についてはこちらの記事をご参照ください。

    その他の関連する記事

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    ガイド付きで案内しやすい

    評判

    マニュアルの操作手順がガイドによって案内しやすくなった

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        類似サービス: yaritori

        (4.5)

        月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
        初期費用要問い合わせフリープランあり

        yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

               

        メールの対応状況を可視化できる

        yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

        チャットで情報共有を効率化

        yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

        顧客対応品質を標準化

        「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載