Growwwing(グローウィング)の料金・評判・口コミについてよう

更新日:
月額費用
60,000円〜
初期費用
要お問合せ
無料お試し
30日間
導入社数
非公開
これは カスタマーサクセス の製品です。
カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求

LTV(ライフタイムバリュー)を向上させるには、顧客が何を求めていて、何に不満があるのか把握する必要があります。

そこで役立つのがLTVの最大化を実現するためのプラットフォームです。

この記事では、「Growwwing」の特徴や導入するメリットを紹介します。

Growwwingの特徴・機能

顧客情報の一元管理化

1つ目の特徴が顧客情報の一元管理化です。

顧客情報をあらゆるツールにて保存していると、どこに何を保存したのか忘れてしまい、スムーズに探し出せないでしょう。Growwwingではヘルススコアに基づき視覚的に状況を把握できる機能です。

リアルタイムで確認

2つ目の特徴がリアルタイムで確認です。

Growwwingは見やすいUIが特徴で、ダッシュボードは標準以外にもオリジナルで作成可能です。

自動的にサクセス状況をモニタリングしてくれるので、私たちにすることはありません。

問い合わせメールの送受信履歴とステータスを一元管理

3つ目の特徴が問い合わせメールの送受信履歴とステータスを一元管理してくれます。

Gmail等のメールシステムと自動連携可能で、顧客とのメールのやり取りを一元運用・管理を行います。

おすすめのカスタマーサクセスツール

月額1,980円〜/複数アドレスを一元管理!「yaritori」

Growwwingのメリット

Growwwingの導入メリットは主に以下の2つです。

顧客管理が楽になる
見やすいUI

1つ目が顧客管理が楽になります。

一元化してくれるツールはたくさんありますが、Growwwingはヘルススコアに基づいて、視覚的に状況把握しやすいようにするのが特徴です。

これにより誰が見てもわかりやすいものとなります。また、見やすいUIで快適に操作できるのも特徴です。

おすすめの類似カスタマーサクセスツール

類似サービス: yaritori

(4.5)

月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
初期費用要問い合わせフリープランあり

yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

       

メールの対応状況を可視化できる

yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

チャットで情報共有を効率化

yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

顧客対応品質を標準化

「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

 
この製品はカスタマーサクセスツールの製品です。

カスタマーサクセスツールの製品をまとめて資料請求

Growwwingの注意点

GrowwwingはSalesforceプラットフォーム上で開発されたものです。

Salesforceを使っていればスムーズに移れますが、全く異なるUIを使っていた場合、使いこなせるまで時間がかかることがあります。

Growwwing価格・料金プラン

30,000円〜と50,000円〜の2択で選択できます。ライセンス数はエディションごとで変わることはなく、違いは利用状況収集、プレイブックの有無です。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

おすすめのカスタマーサクセスツール

月額1,980円〜/複数アドレスを一元管理!「yaritori」

Growwwingの導入事例・評判

Growwwingは「SFDCとの連携が容易であること」「CSの考え方やサービスコンセプトに共感できたこと」が導入の決め手となりました。(コニカミノルタ株式会社)

Growwwingは「一企業に複数の製品/時期の契約を紐付けできること」「主要KPIを手軽に確認できること」「データ連携が得意だったこと」が導入の決め手となりました。(クリエイティブサーベイ株式会社)

Growwwingと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
Fulstar0円/55,000円/110,000円簡易的、小規模に向いている
pottos98,000円〜顧客に自動アプローチ機能
HiCustomerお問い合わせカスタマーサクセスの作業減50%

Fulstarは0円から利用でき、簡易的、小規模に向いています。アンケート作成、チュートリアル機能は無料で使えます。まずは無料で使ってみて、相性が良ければ実際に導入するのがおすすめです。

pottosは月額98,000円から利用でき、顧客に自動アプローチする機能がついています。アプローチに関する作業は減るでしょう。

HiCustomerはカスタマーサクセスの作業が50パーセントも削減され、実力あるものです。作業効率を減らしてくれるものがいい企業にはぴったりのものでしょう。

この製品に関連する動画を紹介

Growwwingで顧客情報を一元管理化しよう

運営をしていく上で顧客情報は増えますが、決して乱雑に扱ってはいけません。

Growwwingではセキュリティ面でも守り、見やすいUI、つかやすいUIでいいことだらけです。

これは カスタマーサクセス の製品です。
カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【カスタマーサクセス】

      類似サービス: yaritori

      (4.5)

      月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
      初期費用要問い合わせフリープランあり

      yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

             

      メールの対応状況を可視化できる

      yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

      チャットで情報共有を効率化

      yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

      顧客対応品質を標準化

      「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

    広告

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載