Gainsight CSの料金・評判・特徴について

更新日:

    皆さんの企業はサブスクリプション(月額定額制サービス)を導入していますか?サブスクリプションサービスは新たな顧客を掴むきっかけにもなり、面白い試みなので導入しようと思っている企業も多いでしょう。サブスクリプションを導入する上で活用したいのが、カスタマーサクセスツール「Gainsight CS」です。この記事ではGainsight CSの特徴や、料金、評判などについて紹介したいと思います。Gainsight CSはGainsightが運営しています。

    Gainsight CSの特徴・機能

    複数ある顧客データも一元管理

    1つ目の特徴が複数ある顧客データを一元管理できるということです。サブスクリプションサービスは繁盛すれば、何百人もの顧客が使うことになります。Gainsight CSでは、顧客情報を一箇所に集約して、タスク管理などができ顧客を洞察できます。

    細かい情報分析

    2つ目の特徴が細かい情報分析ができるという点です。サブスクリプションサービスなど顧客に提供するサービスは、フィードバックが重要になってきます。Gainsight CSでは顧客からのフィードバックを集約して、顧客の要望などを細かくチェックできます。どのようにすればサービスが向上するのか?と考えるきっかけにもなるでしょう。

    より深い顧客情報を見られる

    3つ目の特徴がより深い顧客情報を見られるという点です。アンケート回答を何回も行ったら、その情報を蓄積したデータベースを作成できます。ヘルススコアの作成もでき、自身のサービスがどのように見られているのか客観的に評価できます。ダッシュボードも作成できるので、より良いサービスを提供できるでしょう。

    おすすめの類似カスタマーサクセスツール

    カスタマーサクセスのROIを最大化: commmune

    (4.5)

    月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
    初期費用要問い合わせ最短利用開始日〜1日

    顧客接点の一元化とデータの集約分析を実現することで、顧客のLTV向上とカスタマーサクセス工数の削減が可能になり、結果としてカスタマーサクセスのROIが最大化します。

    顧客LTVの最大化を実現

    commmuneでは、分断されたタッチポイントを1つのプラットフォームに集約するので、ユーザー体験が最適化されます。 また、顧客データや顧客とのコミュニケーション情報が集約統合されるので、効果的な分析が可能となります。分析の効果が上がることで、最適なアクションの策定と実行を実現できるようになるのです。

    ノーコードで顧客プラットフォームを構築

    commmuneは、プログラミングが不要なノーコードツールなので複雑な専門知識がなくても顧客ポータルを構築できます。 導入企業が利用しやすいようにデザインやカテゴリ、コンテンツ等の各種機能をカスタマイズすることが可能であり、加えて直感的なダッシュボードを提供しているのでヘルススコアの管理がしやすく、カスタマーサクセスの運用に課題を抱えている企業であっても効率的に分析、アクションを起こすことができます。

    科学的な運用支援が可能

    多くのコミュニティ支援から知見を蓄積したcommmuneのカスタマーサクセス担当者が併走し、データサイエンティストやPdM、開発チームも含めて、運用を科学的に支援してくれるため、他社コミュニティの事例やユーザーデータに基づいた科学的な運用が可能になります。 月次でのユーザーレポートの作成や運用戦略のためのディスカッションに加え、管理保守や炎上リスクの対応はコミューン社が実施するため、担当者は戦略検討などの前向きな業務に専念でき、効果的な運用を促進することができます。

    Gainsight CSのメリット

    Gainsight CS導入のメリットは主に以下の2つです。

    サービスの向上
    意思決定がスムーズにできる

    Gainsight CSは情報分析に長けており、スコアカードで顧客を細かく洞察できます。これにより自分たちのサービスには何が足りないのか?と課題を見つけやすくなるでしょう。その課題を解決すれば、サービス向上につながります。また、ダッシュボードによってどのようなことをするべきか明確になり、意思決定がスムーズにできるはずです。

    Gainsight CSの価格・料金プラン

    公式サイトへ問い合わせる必要があります。

    Gainsight CSの注意点

    公式サイトが英語になっており、Gainsight自体がまだ本格的に日本に上場しておらず、日本語で解説された情報が少なくなっています。そのため、英語が苦手な人は抵抗感があるでしょう。

    Gainsight CSの導入事例・評判

    スコアカードを使用して、ソースからデータを集めて、顧客がどのくらい満足しているのか健全性スコアを作ります。顧客の状態を集中的に追跡できるので助かります。
    Belong.co

    Gainsightを用いて、成長するクライアントベースを自動化して、サービスを提供しています。さらには顧客をセグメント化して、アウトリーチにテクタッチ技術を導入してコスト削減に成功しました。
    RisklQ

    類似サービスとの比較

    サービス名月額特徴
    zendesk問い合わせ管理機能のみ:約2,000円
    包括的なサービスの場合:約5,000円
    既存システムとの結合が可能
    AI Messenger Chatbot公式サイトの資料から確認AIチャットボットにより、お問い合わせへの対応時間削減
    sAI Search200,000円からすぐに導入できるのが特徴

    zendeskは既存システムとの結合が可能になっていますので、既存システムを導入している企業におすすめです。AI Messenger ChatbotaはAIチャットボットを用いているので、お問い合わせへの対応時間を削減できます。sAI SearchaはあらかじめAIに多くの情報が組み込まれているので、導入後すぐに使えます。

    Gainsight CSで顧客満足度を上昇させよう

    サブスクリプションサービスをたくさんの顧客に満足してもらうには、1人1人の要望を確認して、実装する必要があります。しかし、手作業でフィードバックを確認するのは大変です。そこでGainsight CSを導入すれば、膨大な時間をかけずとも課題を見つけられます。サービス向上につながるので、サブスクリプションサービスを提供している企業は是非導入を検討してみてください。

      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        カスタマーサクセスのROIを最大化: commmune

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短利用開始日〜1日

        顧客接点の一元化とデータの集約分析を実現することで、顧客のLTV向上とカスタマーサクセス工数の削減が可能になり、結果としてカスタマーサクセスのROIが最大化します。

        顧客LTVの最大化を実現

        commmuneでは、分断されたタッチポイントを1つのプラットフォームに集約するので、ユーザー体験が最適化されます。 また、顧客データや顧客とのコミュニケーション情報が集約統合されるので、効果的な分析が可能となります。分析の効果が上がることで、最適なアクションの策定と実行を実現できるようになるのです。

        ノーコードで顧客プラットフォームを構築

        commmuneは、プログラミングが不要なノーコードツールなので複雑な専門知識がなくても顧客ポータルを構築できます。 導入企業が利用しやすいようにデザインやカテゴリ、コンテンツ等の各種機能をカスタマイズすることが可能であり、加えて直感的なダッシュボードを提供しているのでヘルススコアの管理がしやすく、カスタマーサクセスの運用に課題を抱えている企業であっても効率的に分析、アクションを起こすことができます。

        科学的な運用支援が可能

        多くのコミュニティ支援から知見を蓄積したcommmuneのカスタマーサクセス担当者が併走し、データサイエンティストやPdM、開発チームも含めて、運用を科学的に支援してくれるため、他社コミュニティの事例やユーザーデータに基づいた科学的な運用が可能になります。 月次でのユーザーレポートの作成や運用戦略のためのディスカッションに加え、管理保守や炎上リスクの対応はコミューン社が実施するため、担当者は戦略検討などの前向きな業務に専念でき、効果的な運用を促進することができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載