KiZUKAI(キヅカイ)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
デモあり
導入社数
非公開
これは カスタマーサクセス の製品です。
カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求

営業や顧客との関係をより良好するために必要なのが顧客情報ではないでしょうか。顧客情報をExcelで管理している企業もありますが、表やグラフを自身で作成する必要がありますよね。

そこで導入したいのが、データを整理して可視化してくれる「KiZUKAI」です。この記事ではKiZUKAIの特徴や導入するメリットを紹介します。

KiZUKAIの特徴・機能

顧客情報をきれいに整理

1つ目の特徴が顧客情報をきれいに整理してくれます。

それも少数ではなく、大量の顧客データの整理が可能です。大企業、中小企業問わず導入できるでしょう。ただ単に整理するだけではなく、分析可能な形に整理してくれるので、分析したいとなっても時間はかかることなくすぐにしてくれるのです。

わずかなクリックでユーザーの解約リスクを算出

2つ目の特徴がわずかなクリックでユーザーの解約リスクを算出します。

プログラミング、統計学の知識は不要です。わずかなクリックAIが契約実績から傾向を把握して、ユーザーの解約リスクを算出してくれます。信憑性の高いデータをわずか数クリックで入手できるのです。

充実した機能

3つ目の特徴が充実した機能です。

解約リスクの自動算出、予測分析の算出、カスタマーヘルススコアなど全部で6つもの機能があります。それぞれの機能はしっかりとしていて使いやすいので導入しやすく、私たちの作業も楽にしてくれます。

おすすめのカスタマーサクセスツール

月額1,980円〜/複数アドレスを一元管理!「yaritori」

KiZUKAIのメリット

KiZUKAIの導入メリットは主に以下の2つです。

改善率の改作がすぐに打てる
スムーズなデータ活用

1つ目が改善率の改作がすぐに打てます。解約しそうな顧客やアップセルできそうな客をリストアップしておき、コミュニケーションをとり、何故解約するのか機能改善へとつながります。その結果サービス全体の品質向上へとつながるでしょう。

2つ目がスムーズなデータ活用です。分析可能な形に整理した後は、データ収集、分析モデルの評価・検証、データ可視化など、ありとあらゆる活用方法ができます。

KiZUKAIの注意点

価格が記載されておらず、問合せになるので予算が立てられないでしょう。

KiZUKAI価格・料金プラン

お問い合わせ

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

KiZUKAIのサポート体制

導入前フォローも充実

KiZUKAIでは、導入前から手厚いフォロー体制を構築しており、自社の状況に合わせたサポートを提供することができます。

導入前にデータがない場合や、課題が明確になっていない場合でも、丁寧にヒアリングしてサポートしてくれるため、安心です。

予算に関しても、導入企業の規模や運用に合わせた最適な料金プランを提案してもらえるため、安心して導入することができます。

導入後のサポート

導入後も、データの収集支援や運用支援も行なっているため、経験豊富な専任のカスタマーサクセスチームがバックアップします。

不明点はチャットや電話で相談することができ、リモートによる操作サポートにも対応しています。

初めてデータ活用ツールを利用するという場合でも、丁寧なオンボーディングで運用を成功に導くことができます。

KiZUKAIの導入事例・評判・口コミ

データ確認が効率化されました

“データ集計をExcelで行っていたのですが、データ量が増えることで時間と手間がかかり、データ活用にスピード感がないことが課題でした。KiZUKAIは、シンプルに操作できる点が導入の決め手です。導入後は、これまで確認に時間がかかっていたデータが、数クリックで確認できるようになり、作業が効率化されています。”(エン婚活エージェント株式会社様)

データ確認が効率化されました

“サービス拡大に伴い、データは溜まっていく一方で、データ活用がなかなか進まないことが課題でした。KiZUKAIを導入したことで、データ連携・分析によるファクトが社内の議論に加わり、新たな気づきを得る場面が増え、消化不良が起きにくくなっています。また、仮説とファクトを分離して認識できるようになった点も良かったですね。”(コミックスマート株式会社様)

KiZUKAIと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
MotionBoard Cloud月額3万円〜デザイン性に優れている
Actionista!お問い合わせWebブラウザで幅広い操作
Qlik Sense1ユーザーあたり30ドル(参考価格)モバイル対応

MotionBoard Cloudは月額3万からと導入しやすい価格で、デザイン性・機能面も優れている非常に優秀なサービスです。低コストから始めたい企業にもおすすめです。

Actionista!はWebブラウザ上で幅広い操作が可能です。できるだけパソコンの容量は狭めたくないと思っている企業にいいでしょう。

Qlik Senseはマルチデバイス対応で、いつでもどこでも必要な資料を見られます。手元にスマホがあれば利用できるのが非常に魅力的です。

この製品に関連する動画を紹介

KiZUKAIでデータ活用をしよう

KiZUKAIは顧客情報をきれいに整理して、スムーズにグラフなどにして活用できることです。

グラフだけではなく、分析、加工などが可能なのであらゆる視点からデータを見れます。データを客観視できれば、新たな発見がありチャンスも掴めるでしょう。

おすすめのカスタマーサクセスツール

月額1,980円〜/複数アドレスを一元管理!「yaritori」

    その他の関連する記事

    これは カスタマーサクセス の製品です。
    カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    解約リスクを低減できます

    良い点

    顧客情報を管理し、それを活かした解約リスクの分析ができるところが一番利用している機能です。

    改善点

    他の同ジャンルツールのように、問い合わせ管理やユーザーガイドなどの機能があると良いと思いました。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    解約リスクをスクアリングしてくれる機能があるため、リスクの高い顧客を中心にフォローアップやサポートを行うことで、解約を防ぐ施策を実行できています。

    満足度

    顧客情報を施策に必要なデータとして活用できます

    良い点

    一人ひとりの顧客に長く取引いただく商材なので、解約リスクを分析して先手を打てるところは大きなポイントです。

    改善点

    今のところ大きな改善点はありません。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    管理している顧客リストをセグメントわけして、それぞれに必要なアプローチを見出すことができます。また、施策に対する効果検証やテストもできるため、保有している顧客リストの活用機会が増えました。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        類似サービス: yaritori

        (4.5)

        月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
        初期費用要問い合わせフリープランあり

        yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

               

        メールの対応状況を可視化できる

        yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

        チャットで情報共有を効率化

        yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

        顧客対応品質を標準化

        「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載