LMIS(エルミス)の料金·評判·機能について

更新日:

    顧客からの問い合わせに対応するヘルプデスクは、その対応1つで顧客満足度やブランドイメージに直結するため非常に重要な部門です。

    今回紹介するLMIS(エルミス)は、ヘルプデスクの効率化を実現し、一人ひとりの生産性向上を実現できることから注目されています。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    LMIS(エルミス)とは

    LMIS(エルミス)とは株式会社ユニリタが運営しているヘルプデスクを中心としたサービスマネジメントプラットフォームです。

    ヘルプデスクがうまく機能していないなどの課題を柔軟性を備えたプラットフォームで適正化することで、顧客対応の品質向上を実現できることからそのユーザー数は10,000名を突破しています。

    おすすめの類似カスタマーサクセスツール

    カスタマーサクセスのROIを最大化: commmune

    (4.5)

    月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
    初期費用要問い合わせ最短利用開始日〜1日

    顧客接点の一元化とデータの集約分析を実現することで、顧客のLTV向上とカスタマーサクセス工数の削減が可能になり、結果としてカスタマーサクセスのROIが最大化します。

    顧客LTVの最大化を実現

    commmuneでは、分断されたタッチポイントを1つのプラットフォームに集約するので、ユーザー体験が最適化されます。 また、顧客データや顧客とのコミュニケーション情報が集約統合されるので、効果的な分析が可能となります。分析の効果が上がることで、最適なアクションの策定と実行を実現できるようになるのです。

    ノーコードで顧客プラットフォームを構築

    commmuneは、プログラミングが不要なノーコードツールなので複雑な専門知識がなくても顧客ポータルを構築できます。 導入企業が利用しやすいようにデザインやカテゴリ、コンテンツ等の各種機能をカスタマイズすることが可能であり、加えて直感的なダッシュボードを提供しているのでヘルススコアの管理がしやすく、カスタマーサクセスの運用に課題を抱えている企業であっても効率的に分析、アクションを起こすことができます。

    科学的な運用支援が可能

    多くのコミュニティ支援から知見を蓄積したcommmuneのカスタマーサクセス担当者が併走し、データサイエンティストやPdM、開発チームも含めて、運用を科学的に支援してくれるため、他社コミュニティの事例やユーザーデータに基づいた科学的な運用が可能になります。 月次でのユーザーレポートの作成や運用戦略のためのディスカッションに加え、管理保守や炎上リスクの対応はコミューン社が実施するため、担当者は戦略検討などの前向きな業務に専念でき、効果的な運用を促進することができます。

    LMIS(エルミス)の機能·特徴

    属人化の解消が可能に

    ヘルプデスク業務において起こりがちな問題が、特定の人しかわからないことが多い、どんな対応をしたのか共有できていないことから属人化が起きてしまうケースだと思います。

    LMISではサービスマネジメントの業務や資産に関する情報を一元化することができるため、さまざまな情報の可視化を実現し属人化を解消します。

    対応品質の標準化が可能になる

    LMISはITIL (Information Technology Infrastructure Library)プロセスに準拠しているため、ヘルプデスク業務の標準化を実現することができます。

    管理項目や業務フローなどの組織ごとに根付いている文化は環境設定することができ、柔軟な運用を実現することが可能です。

    業務や作業の自動化を実現

    LMISはリリース作業や構成情報の自動収集が可能なため、工数削減にもつながります。

    さまざまな業務が自動化されることのメリットとして、工数削減だけではなく人の手によるミスも減り、確実な業務が実現できるという点もあります。

    LMIS(エルミス)の料金·価格

    LMISの最小利用ユーザー数は25ユーザーとなっています。

    その場合の料金は下記の通りです。

    サービス利用料:100,000円(月額)

    初期費用:300,000円

    以降は1ユーザー追加するごとに月額4,000円が加算されます。

    2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    LMIS(エルミス)では、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて、全ての機能が利用できる無料体験版を提供しています。

    公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

    LMIS(エルミス)の導入事例·評判

    ヘルプデスク業務の可視化を実現

    “以前はグループごとに情報管理を行なっていたため、誰がどんな対応をしていて進捗状況はどうなっているのかが把握できていませんでした。LMISを導入したことで、対応状況の可視化が実現でき、顧客満足度の向上も達成できたと感じています。”(株式会社ホンダアクセス様)

    類似サービスとの比較

    LMIS(エルミス)の類似サービスとしてはyaritoriやRe:lation(リレーション)などが挙げられます。

    yaritoriは3ステップで導入することができるクラウド型のメール管理サービスです。

    シンプルなUIでわかりやすく、二重対応の防止機能など顧客満足度向上と業務効率化につながる機能が豊富に搭載されています。

    料金は1ユーザー月額980円から利用することが可能です。

    Re:lationは問い合わせ管理サービスとして2,000社以上の導入実績があります。

    メールの対応状況が可視化できるため、対応漏れや二重対応などのミスを減らすことが可能です。

    料金は初期費用15,000円、月額12,800円から導入することができ、フリープランも提供されています。

    LMIS(エルミス)で顧客対応品質の向上を

    LMIS(エルミス)についてご紹介させていただきました。

    • 対応品質の標準化を実現
    • 業務の自動化が可能に

    上記の点から、顧客対応の属人化などの課題を解消して顧客対応の品質を向上できるサービスであると言えるでしょう。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:LMIS(エルミス)公式サイト

    この製品はカスタマーサクセスの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    カスタマーサクセスの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        カスタマーサクセスのROIを最大化: commmune

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短利用開始日〜1日

        顧客接点の一元化とデータの集約分析を実現することで、顧客のLTV向上とカスタマーサクセス工数の削減が可能になり、結果としてカスタマーサクセスのROIが最大化します。

        顧客LTVの最大化を実現

        commmuneでは、分断されたタッチポイントを1つのプラットフォームに集約するので、ユーザー体験が最適化されます。 また、顧客データや顧客とのコミュニケーション情報が集約統合されるので、効果的な分析が可能となります。分析の効果が上がることで、最適なアクションの策定と実行を実現できるようになるのです。

        ノーコードで顧客プラットフォームを構築

        commmuneは、プログラミングが不要なノーコードツールなので複雑な専門知識がなくても顧客ポータルを構築できます。 導入企業が利用しやすいようにデザインやカテゴリ、コンテンツ等の各種機能をカスタマイズすることが可能であり、加えて直感的なダッシュボードを提供しているのでヘルススコアの管理がしやすく、カスタマーサクセスの運用に課題を抱えている企業であっても効率的に分析、アクションを起こすことができます。

        科学的な運用支援が可能

        多くのコミュニティ支援から知見を蓄積したcommmuneのカスタマーサクセス担当者が併走し、データサイエンティストやPdM、開発チームも含めて、運用を科学的に支援してくれるため、他社コミュニティの事例やユーザーデータに基づいた科学的な運用が可能になります。 月次でのユーザーレポートの作成や運用戦略のためのディスカッションに加え、管理保守や炎上リスクの対応はコミューン社が実施するため、担当者は戦略検討などの前向きな業務に専念でき、効果的な運用を促進することができます。

      • カスタマーサクセス

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載