CustomerCore(カスタマーコア)の料金·評判·機能について。月額100,000円から利用できる?

最終更新日 

カスタマーサクセスの成功には各種情報の管理が欠かせません。

今回紹介するCustomerCore(カスタマーコア)は、散在している顧客データを一元管理してカスタマーサクセスを成功に導くことができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

CustomerCoreとは

CustomerCoreとは株式会社リンクが運営しているカスタマーサクセスの支援サービスです。

基幹システムやCRMなどに蓄積された顧客とのコミュニケーションデータを一元管理し顧客の状態変化をリアルタイムで把握することができます。

CustomerCoreの機能·特徴

カスタマーサクセスに必要な情報が把握できる

CustomerCoreを導入すれば、顧客の契約情報はもちろん無接触期間などのカスタマーサクセスに必要な情報がすぐに把握できるようになります。

照会したデータをもとに、対応すべき顧客の優先度がわかるため顧客満足度の向上につなげることが可能です。

システムによる顧客ステータスの通知が可能

CustomerCoreは顧客ステータスの変化をシステムによって自動で検知することが可能です。

適切なタイミングでアクションがとれることで、顧客の解約抑止、LTV向上につなげることができます。

顧客単位の課題やタスクをチームで共有できる

CustomerCoreは顧客単位で設定した目標課題やそれに紐づくタスクをチームで共有することが可能です。

タスクのテンプレート化が可能となるので、タスク登録にかけていた時間が効率化されます。副次的な業務が効率化されることで本来注力すべき顧客対応に集中できるようになるのです。

CustomerCoreの料金·価格

CustomerCoreには2つのプランがあります。

  • スタンダード:初期費用500,000円/月額利用料100,000円
  • 専用プラン:初期費用1,000,000円〜/月額利用料300,000円〜

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

CustomerCoreでは、無料のトライアルについては明記されていませんが、オンラインでのデモを利用することが可能となっています。

CustomerCore導入のメリット

顧客満足度の向上が実現できる

CustomerCoreは集約した顧客データを元にシステムが巡回し、顧客の状態変化を自動で検知することが可能です。

他部門のコンタクトもコミュニケーションライムラインで把握でき、最適なタイミングで顧客対応をすることができるため、顧客満足度の向上ができるようになります。

CustomerCoreの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

CustomerCoreの類似サービスとしてはcommmune(コミューン)やcoorumなどが挙げられます。

commmuneはノーコードで顧客ポータルの構築が可能で、顧客のLTV向上から分析、アクションをワンストップで実現できます。

料金は3タイプのプランが提供されていますが、導入企業のニーズに応じて柔軟に対応することが可能です。

coorumは顧客ロイヤリティの最大化を実現するカスタマーサクセスプラットホームとして注目されています。

顧客の行動履歴が分析でき、解約の抑止や顧客満足度の向上につなげることができます。

料金は3つの料金プランが提供されており、いずれも問い合わせが必要となります。

CustomerCoreでカスタマーサクセスの強化を

CustomerCoreについてご紹介させていただきました。

  • 顧客情報の集約が可能
  • 解約の抑止ができる

上記の点から、カスタマーサクセスをより強化したい場合には強い味方となるサービスであることがわかります。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:CustomerCore公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載