LegalForceキャビネの料金・評判・口コミについて

    日々大量に発生する、契約書関連業務の中で、「契約書の検索」「管理台帳への入力」「契約更新期限の管理」などを負担に感じている方も少なくないはずです。

    LegalForceキャビネは、そんな負担を減らしてくれるAI契約書管理システム」です。  

    本記事では、LegalForceキャビネの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    LegalForceキャビネとは

    LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約管理をサポートする「AI契約管理システム」です。

    契約書の管理に悩んでいる企業から高い評価を得ています。

    契約書をアップロードするだけで、全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出も可能です。契約書管理台帳が自動で生成されるほか、契約書の全文がテキストデータ化されるため、全文検索や多様な検索が可能となります。さらに、契約書の更新期限を管理し、アラートがメールに届く機能もあります。     

    これまで、契約書を探すのに時間がかかっていたり、管理台帳への入力・契約更新期限の管理を負担に感じていた企業や部署には、非常におすすめです。

    強固なセキュリティが確保されているのも魅力的な側面と言えるでしょう。

    LegalForceキャビネのおすすめポイント

    契約書の基本情報を自動で抽出・登録できる

    「LegalForceキャビネ」最大の特徴は、紙の契約書を簡単にテキストデータ化できる点です。

    この機能はOCRと呼ばれ、アップした画像データからテキストを認識して文字のデータに変換することで、契約書を画像データではなく、テキストデータとして管理することができます。

    アップロードするだけで、契約書の内容を自動で抽出してくれるので、手入力の手間が省け、入力ミスが削減され、業務効率が格段に向上します。

    また、契約書データは、PDF・テキストどちらでもダウンロードすることが可能です。

    契約の更新期限を自動的に教えてくれる

    契約更新期限をリマインドしてくれる機能も大きな特徴です。

    AIが、契約の終了/更新に関する期日を自動で計算し、メールでリマインドしてくれるので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防止できます。

    また、契約期限順に契約書を並べ替えることができて、終了日・更新日を一覧化することもできるため、管理が楽になります。

    契約書を全文検索できる

    「LegalForceキャビネ」では、全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。

    確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減します。

    データベースに情報を手動で登録しておく必要もありません。

    契約内容の違いや、過去に結んだ契約の確認など、経営陣や法務部等では契約書を確認する作業が頻繁に発生しますが、キーワードや顧客名で検索したり、ファイルで中身を確認しなければならなかったりと、見たい契約書をなかなか見つけ出せないことも少なくないはずです。

    「LegalForceキャビネ」を利用すれば、全文検索や、多様な検索機能で、探している契約書がすぐに見つけることが可能になるため、業務効率も向上することでしょう。

    紙の契約書のPDF化・原本の保管管理代行サービス

    契約書のPDF化から、その後の保管管理代行までを行う、「LegalForceキャビネ スキャンプラス」というサービスも人気要因の一つです。

    原本の保管管理は、三井倉庫ビジネスパートナーズと業務提携しているため、契約手続き・保管までWebでスマートに行えます。

    自社で行うと時間のかかる契約書のスキャンや、保管などをまとめて依頼できるため、管理工数を削減したい企業には最適でしょう。

    LegalForceキャビネの導入メリット

    契約管理に使うリソースの削減

    契約の管理に関わる時間を短縮でき、コア業務に時間を費やせるようになります。

    PDF読み取りなども含めて、作業の負担が軽くなり、検索時間・管理工数の負担が解消されます。

    契約書類のデジタル・アーカイブ化に最適

    企業内における契約書のデジタル・アーカイブ化にぴったりです。

    契約書のデジタル・アーカイブ化は、登録・管理に非常に手間がかかりますが、LegalForceキャビネの導入によって、その課題はすぐに解決できるでしょう。

    PDF化した契約書をそのまま格納すれば、登録はすぐ完了できるため、工数の削減を実現できます。

    LegalForceキャビネの主要な機能

    電⼦契約サービスとの連携

    紙の契約書と同様に管理することが可能

    管理台帳⾃動情報登録

    アップロードした契約書からAIが必要情報を⾃動抽出し、契約書管理台帳への登録まで実行

    管理台帳ダウンロード

    ⾃動作成した契約書管理台帳は、Excel形式でダウンロード可能

    権限管理

    契約書の閲覧権限を所属組織やユーザーごとに設定可能

    関連契約書の紐づけ

    関連する契約書を紐付けて登録しアクセスが可能

    リスク検出

    契約書のテキストデータ化により全文検索ができるため、リスクがありそうな契約書を自在に検索し、Excel形式でダウンロード可能

    更新期限の⾃動リマインド

    AIが契約の終了や更新に関する期⽇を⾃動で計算し、メールでリマインド

    LegalForceキャビネの料金·価格

    詳細は、お問い合わせをする必要があります。

    ※2022年7月時点

    LegalForceキャビネの導入事例

    契約書の一元管理で変化した時間の使い方

    “契約書の締結が完了したら、法務でPDF化してLegalForceキャビネにアップロードします。LegalForceキャビネは契約書の中身をテキストデータ化してくれるので必要なときにすぐ検索ができて助かっています。ただ保管するだけで「遺産」となってしまっていた過去の契約書も、すでに2,000件超をLegalForceキャビネにアップロードし活用しています。契約書を探す際に、これまでは紙とデータの契約書の両方を目視で探していたものが、LegalForceキャビネ内で検索するだけで済むようになりました。契約書を探す工数は数十分の一に短縮されたと感じています。事業部の担当者にもLegalForceキャビネのアカウントを付与したことで、事業部からの問い合わせ対応がほぼ無くなりました”(株式会社イングリウッド)

    問い合わせ対応時間が10分の1に 事業部に負担をかけない管理体制を構築

    “これまでは、一つひとつの契約管理はスプレッドシートで台帳を作成し管理していましたが、記入漏れや表記ミス、更新漏れなどにより、検索性に問題がありました。いまでは問い合わせ対応にかかる時間は10分の1ほどになったと感じています。契約書の内容や締結日の確認も即時に行えるようになりましたし、契約書管理台帳を作成する手間もなくなりました。特に、「更新期限の自動管理機能」は最も心に刺さりました。スプレッドシートでの管理では到底叶わなかったので、AIを使えば自動でできるようになるのだと感動しました”(株式会社フーモア)

    よくある質問

    従来の契約書管理システムと異なる部分はどのような点ですか?

    独自のOCRにより、締結済み契約書をアップロードするだけで、当事者名・自動更新の有無・契約期間などを自動抽出することができます。

    全文検索も可能です。

    導入時や導入後のサポートはありますか?

    導入時にオンボーディングが実施されます。

    また、チャットやメールにおいてサポートも行っています。

    セキュリティについて、第三者からの認証は受けていますか?

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)規格を取得しており、また情報セキュリティ専任者が駐在し、情報管理を徹底して行っています。

    サービスの脆弱性診断などは行われていますか?

    第三者機関によるセキュリティ診断によって、侵入への対策が実施されています。

    最低利用期間はありますか?

    1年間です。

    LegalForceキャビネで契約管理の負担削減を

    LegalForceキャビネについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    LegalForceキャビネは、AIの力によって、これまで契約書を探していた時間の短縮や、管理台帳への入力・契約更新期限の管理などの負担を劇的に削減することができるサービスです。

    LegalForceキャビネのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    LegalForceキャビネ
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載