freeeサインの料金・評判・口コミについて

更新日:

    バックオフィス業務がオンライン化していく中で、相手方との契約業務はまだ対面が多い状況です。そんな中、契約業務を安全で効率的に電子化できるサービスが注目を集めています。

    ここでは、freeeサインについて、サービスの特徴から料金・評判・口コミまでご紹介していきます。

    freeeサインとは?

    freeeサインとは、契約業務をオンライン上で完結できる電子契約サービスです。
    さまざまなテンプレートから契約書を作成し、相手方と電子締結します。

    契約書の署名は印鑑不要、メールでの送信となるため、紙の処理でかかっていたあらゆるコストを削減できます。

    また、freee会計と連携すればfreeeサイン上で締結した書類を会計申請で使うことも可能です。

    freeeサインの特徴

    freeeサインの特徴は以下3つです。

    月額制によるコスト削減

    freeeサインの料金プランは、毎月の送信数に上限が決められている月額制です。送信によって都度料金がプラスされる心配がないため、安心してコストを削減できます。

    双方に安心のサポート体制

    freeeサインでは、契約企業のみならず相手方の質問にも専任スタッフが対応します。契約は相手があってこそのため、双方へのサポートを大切にしています。

    シンプルな操作画面

    freeeサインの操作画面は、初めてでも使いやすいシンプルな仕様です。相手方が契約に慣れていない場合でもわかりやすい画面となっています。

    おすすめの類似契約管理ツール

    類似サービス: LegalForce

    (4.5)

             
    月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

    LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

    リスクの洗い出しを支援してくれる

    レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

    ほしい「条文」がすぐに見つかる

    LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

    Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

    LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。 全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

    類似サービス: LegalForceキャビネ

    (4.5)

             
    月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

    LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書をアップロードするだけで、全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出も可能です。契約書管理台帳が自動で生成されるほか、契約書の全文がテキストデータ化されるため、全文検索や多様な検索が可能となります。

       

    契約書の基本情報を自動で抽出・登録できる

    「LegalForceキャビネ」最大の特徴は、紙の契約書を簡単にテキストデータ化できる点です。 アップロードするだけで、契約書の内容を自動で抽出してくれるので、手入力の手間が省け、入力ミスが削減され、業務効率が格段に向上します。

    契約の更新期限を自動的に教えてくれる

    契約更新期限をリマインドしてくれる機能も大きな特徴です。 AIが、契約の終了/更新に関する期日を自動で計算し、メールでリマインドしてくれるので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防止できます。

    契約書を全文検索できる

    「LegalForceキャビネ」では、全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減し、業務効率も向上することでしょう。

    類似サービス: Hubble

    (4.5)

             
    月額費用30,000円〜無料お試しあり
    初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

    Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

       

    契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

    Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

    契約書関連のコミュニケーションを可視化

    Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

    契約書の差分を把握

    Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

    この製品は契約書管理の製品です。

    契約書管理の製品をまとめて資料請求

    freeeサインの料金

    freeeサインの料金は、以下4つがあります。

    スタータープランLightプランLight PlusプランPro/Pro Plusプラン
    特徴個人事業主限定利用者1名、送信数50通までの方送信数上限なし、文書の一括作成・送信ワークフローで内部統制がとれる
    月額(税抜)980円4,980円19,800円50,000円〜
    アカウント数116要相談
    送信数/月10通まで50通まで無制限無制限

    業務形態や利用人数、送信数など自社に合ったプランを選ぶことができます。

    freeeサインの評判・口コミ

    freeeサインを実際に利用した企業による評判・口コミをみていきましょう。

    ・freeeサインはオンライン上で認可の手続きまで行えるので、仕事の進行が早くなった。
    ・大事な要件はパスワード付きで送信できるので安心。
    ・電子契約の入口としては機能がシンプルにまとめられていて使いやすいと思う。
    ・これまでは契約書回収の段階で連絡が取れなくなることもあったが、電子契約にしてから締結率が向上した。
    ・料金プランの選択肢が多く、オプションもあるのでそれぞれの会社に合わせてカスタマイズできる。

    上記のようにfreeeサインを導入することで契約の進行がスムーズになるだけでなく、契約締結率も上がったとの口コミが寄せられていました。

    freeeサインをおすすめするワケ

    freeeサインによって、これまで紙で行っていた契約業務を電子化できれば、リモートワークでも十分に仕事を進めることができます。新しいプロジェクトや新規顧客の開拓など、可能性は大いに広がるでしょう。
    ぜひfreeeサインを利用して契約業務を電子化していきましょう。

    この製品は契約管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    契約管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【契約管理】

        類似サービス: LegalForce

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

        LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

        リスクの洗い出しを支援してくれる

        レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

        ほしい「条文」がすぐに見つかる

        LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

        Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

        LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。 全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

        類似サービス: LegalForceキャビネ

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

        LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書をアップロードするだけで、全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出も可能です。契約書管理台帳が自動で生成されるほか、契約書の全文がテキストデータ化されるため、全文検索や多様な検索が可能となります。

           

        契約書の基本情報を自動で抽出・登録できる

        「LegalForceキャビネ」最大の特徴は、紙の契約書を簡単にテキストデータ化できる点です。 アップロードするだけで、契約書の内容を自動で抽出してくれるので、手入力の手間が省け、入力ミスが削減され、業務効率が格段に向上します。

        契約の更新期限を自動的に教えてくれる

        契約更新期限をリマインドしてくれる機能も大きな特徴です。 AIが、契約の終了/更新に関する期日を自動で計算し、メールでリマインドしてくれるので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防止できます。

        契約書を全文検索できる

        「LegalForceキャビネ」では、全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減し、業務効率も向上することでしょう。

        類似サービス: Hubble

        (4.5)

                 
        月額費用30,000円〜無料お試しあり
        初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

        Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

           

        契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

        Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

        契約書関連のコミュニケーションを可視化

        Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

        契約書の差分を把握

        Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載