MOCHICA(モチカ)の料金·評判·機能について。月額60,000円から使える?

最終更新日 

少子化による人材不足の時代において、企業の新卒獲得競争も激しくなっています。
IT化が進み、郵送や電話からネットエントリーやメールによるやりとりが増える中、企業の採用方式にも変化が現れてきました。
LINEを使って採用活動をスムーズにし確実な入社へとサポートする、MOCHICA(モチカ)の特徴や強み、料金プランなどをご紹介します。

MOCHICAとは

MOCHICAはLINEと連携することで、応募者と選考日程の調整や連絡、結果通知などをスムーズにするサービスです。
ネット社会で育った現代の若者が活用しているLINEを用いることで、従来の電話やメールに比べて連絡が取りやすくなり、選考参加率や歩留まり率、内定辞退率の改善が目指せます。

MOCHICAの特徴・機能

MOCHICAの特徴や機能をご紹介します。

自動で選考の日程を調整できる

管理画面で説明会や選考会の日程を設定するだけで、就活生との日程調整がLINE上で自動完結できます。
電話やメールで何度もやりとりするなど、日程調節にかけていた多くの時間を大幅に削減することができます。就活生にとっても、マナーを踏まえたメールテンプレートや電話例文などを駆使して神経質にやりとりする負担が軽減できるため、参加率を増大させることが可能です。

採用・選考の管理

面接官ごとのアカウントも複数発行ができ、評価の記録や選考ステータスの管理もしやすくなります。
エントリーした学生の属性がひと目でわかるグラフや採用進捗を俯瞰できる表も用意されているので、レポート作成の手間も省けます。

説明会やイベント終了後にすぐにフォローできる

あらかじめ参加者の情報をMOCHICAに取り込んでおくことで、説明会終了時に次回選考の予約を埋めることや就職イベントやセミナーで会った学生にそのままエントリーを促すことが可能です。
MOCHICAを活用して会場にQRコードを設置することで、学生にその場でエントリーしてもらえます。時間がない学生がいても取りこぼしが軽減でき、説明会参加後の面接予約率に悩んでいた企業の悩みも解決が期待できます。

メッセージ機能で内定者フォロー

電話やメールで行っていた内定者フォローや懇親会の日程調整などもLINEで行えるので、従来よりきめ細やかで親近感あるコミュニケーションが取れ、内定者との距離を縮めやすくなります。

MOCHICAの強み

MOCHICAにはファイルアップロード機能も搭載されており、応募者から預かった写真や履歴書、その他の応募書類も一括管理できます。
Excel、Word、Powerpoint、PDF、動画などさまざまな拡張子に対応しているのも便利です。
トーク機能を使えば、LINEの個別メッセージを活用でき、応募者ごとの細かなフォローが行え、途中でキャンセルされることや内定辞退といったリスク低減に役立ちます。
無料のチャットサポート体制が充実しているので、困ったことがあれば、専任の担当者にチャットで質問することや相談ができるのも強みです。

MOCHICAの価格・料金プラン

MOCHICAの基本料金は初期費用は0円、月額利用料60,000円~利用できます。
月額利用料の中に毎月のサポート費用も含まれています。
ただし、別途、LINE株式会社のLINE公式アカウント(税別)の申込と利用料が必要です。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

MOCHICAの注意点

MOCHICAを利用するには、LINE公式アカウントへの登録が必要です。
また、採用担当者がLINEを使いこなせないとスムーズな運用につながりません。
使い慣れていない場合は、LINEでのコミュニケーションの仕方を研究する必要があります。

MOCHICAの口コミ・利用企業からの評判

内定辞退率5.9%に

“学生との連絡手段に限界を感じて、LINEを導入したことでフラットな関係構築が図れるようになり、内定辞退率をわずか5.9%にまで低減させることができました。電話やメールに比べて、LINEの返信率は圧倒的に高いです。LINEチャットを使うことで、効率良く歩留まりを改善できると思います。”(日本生活協同組合連合会様)

無断キャンセル0件に

“MOCHICAを利用することで、LINEだけでは実現できない個別アプローチも可能となり、学生ファーストの採用ができるようになりました。就活生からのメール返信がない、電話に出てくれない、折り返しの対応に時間が取られるといった課題もLINEチャットで改善できます。通常のビジネスメールに比べ返信率が高く、就活生もタップなどの簡単なアクションだけで対応できるので、説明会参加や面接の無断キャンセルなどがなくなりました。”(株式会社兵衛旅館様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるnext≫は、採用活動における学生とのコミュニケーションをすべてLINEで完結できるサービスです。
従来の連絡方法に比べてメッセージ開封率が高いため、採用業務を加速化できます。学生情報のデータベース機能や管理機能も搭載されています。
料金はスタンダードプランで初期費用10万円、月額39,800円、二段階認証などのセキュリティ機能やアナリティクス&コンバージョン計測機能などが付いたプロプランは初期費用10万円、月額69,800円です。別途、LINE株式会社のLINE公式アカウント(税別)が必要です。
MOCHICAは月額60,000円~ですが、初期費用はかかりません。
また、MOCHICAは金融関連のシステムにも耐えられるセキュリティレベルのサーバを使用している点も安心です。

MOCHICAで確実な入社の促進を

MOCHICAはLINEと連携して、就活生をはじめとする求職者と選考日程の調整や結果通知、親密度の高い連絡を実現する採用管理ツールです。
LINEチャットを用いることでエントリーからの接触率を密にできるので、歩留まりの改善が目指せます。
内定者のフォローアップもしやすく、人手不足の時代に優秀な学生を逃さないためのツールとして活用できます。

画像·データ出典:MOCHICA公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部