HIGHSPOT(ハイスポット)の料金・評判について

更新日:

    顧客とのやり取りを向上させるには、分析をして傾向や課題を見つける必要があります。そこで便利なのがセールスイネーブルメントの「HIGHSPOT」です。

    HIGHSPOTを導入することで顧客対応チームのパフォーマンス向上が期待できます。この記事ではHIGHSPOTの特徴や導入するメリットを紹介します。

    HIGHSPOTの特徴・機能

    強力な検索機能

    1つ目の特徴が強力な検索機能です。

    AIにより営業担当者が手動でタグをつけなくとも、求めているものを見つけるように最適化されています。検索対象は幅広く、電子メール、CRM、ソーシャルなどさまざまなところで利用できます。どこで使用しても正確な検索結果を返してくれるのです。

    細かい分析

    2つ目の特徴が細かい分析です。

    収益がどのように影響を与えているのかを1ドル単位で表示し、データをさまざまな角度から分析してくれます。それぞれがどのような影響を与えているのか、どのような結果をもたらているのか細かく分析してくれるのです。

    さまざまなやり取り

    3つ目の特徴がさまざまなやり取りが可能です。

    Outlook、Gmail、Linkedln、Twitterなどあらゆるコミュニケーションツール、SNSから購買担当者と関係を築くことができます。あらゆる場所からアプローチをかけられるので、チャンスを逃すことは少なくなるでしょう。

    HIGHSPOTのメリット

    HIGHSPOTの導入メリットは主に以下の2つです。

    業務効率化
    外部システムとの連携可能

    1つ目の特徴が業務効率化です。AIを用いた判断や意見、強力な検索により手間をかけずとも求めている結果が返ってきます。違う検索結果が出てくるということはもうありません。

    ストレスも軽減され、業務効率化へとつながります。コンテンツ管理をするのに、Googleドライブ、CRMなどのシステムと連携できるので使いやすさは変わりません。

    HIGHSPOTの注意点

    HIGHSPOTはコンテンツ管理、データ分析に力を入れています。これら以外を求めている場合は、期待に沿わないことがあります。

    また料金に関しては詳細なので、導入コストの検討を立てるのが難しいでしょう。日本語での情報が少ないので問い合わせが確実です。

    HIGHSPOTの価格・料金プラン

    HIGHSPOTの価格はお問い合わせになります。

    2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    HIGHSPOTの導入事例・評判

    HIGHSPOTを導入してからは販売担当者やセールスリーターをサポートする方法を改善する必要がはっきりと分かりました。spotを使って担当者がコンテンツを見つけるのもとても分かりやすかったです。正確な検索はHIGHSPOTのもう一つの魅力です。
    Twitter社

    HIGHSPOTを導入してからは、セールスチームは求めているコンテンツをわずか30秒で見付けられました。初めから終わりまで効果的なプロセスを作ってくれるのです。
    APPTIO社

    HIGHSPOTと類似サービスとの比較

    サービス名月額特徴
    Bigtincan Hub2,000円〜マルチデバイスに対応
    PITCHERお問い合わせ多言語に対応
    Handbook25,000円〜シンプルでわかりやすい

    Bigtincan Hubは月額2,000円と低コストで利用でき、マルチデバイスに対応しています。今すぐ確認したい資料も出先で確認できるでしょう。

    PITCHERは多言語に対応しており、その数なんと135か国語です。グローバルな環境下で使いたい企業におすすめです。

    HandbookはシンプルでわかりやすいUXです。30日間の無料トライアルもあるので、気になっている企業はお試しもできます。

    HIGHSPOTで求めている検索結果をスムーズに見つけよう

    HIGHSPOTの凄さはなんといっても求めている検索結果がスムーズに見つかることです。これにより時間かかっていた業務も30秒で済むようになったとの声もあります。

    コンテンツ管理、データ分析を効率化したい企業はHIGHSPOTの導入を検討してみてください。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載