QCDとは?意味や分析改善·達成のポイント、おすすめツールをご紹介

最終更新日 

製品の生産管理やシステム開発を行う際に重要なポイントとなるのが、QCDです。
このQCDは、プロジェクトマネジメントにおいても必要不可欠であるため、プロジェクト管理者は基礎をしっかり理解しておかなくてはなりません。
本記事でQCDの意味、達成のポイント、管理方法、優先順位などについて、わかりやすく解説していきます。
また、QCDの分析管理に役立つツールもいくつかご紹介しています。便利なツールをお探しの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

QCDとは?どんな意味を指す言葉なのかわかりやすく解説

最初に、QCDの意味から見ていきましょう。

Quality・Cost・Deliveryの頭文字を取った造語

QCDは、英語の「Quality」、「Cost」、「Delivery」の頭文字を組み合わせた造語です。

Quality(クオリティ)

Qualityは、品質、質、資質などを意味する単語です。
QCDにおいては「品質マネジメント」という意味で用いられており、品質計画、品質保証、品質管理などを行いながら、製品の品質向上を目指します。

Cost(コスト)

Costは、費用、経費、価格などを意味する単語です。
物を作る際には、材料費、人件費などさまざまなコストがかかります。
大きなプロジェクトになるほどコストが高額になっていくため、予算設定、管理計画を立てて、しっかりしたコストマネジメントが必要となります。

Delivery(デリバリー)

引き渡しや配達などの意味を持つ単語です。
QCDにおいては「納期」という意味で用いられています。
納期が遅れると、無駄なコストが増える場合や取引先や顧客からの信頼を失うリスクがあるのです。
納期を達成するためには、事前に納期管理計画を立てて、綿密なスケジュールコントロールが必要となります。

製造業の生産管理で重視されていたQCD

このQCDは、製造業の生産管理で重視されてきた要素です。
現在では、プロジェクトマネジメントにおいても欠かせない要素となっており、通信業、サービス業、建設業などさまざまなビジネスでQCDが用いられるようになってきました。

QCDを達成するためのポイントと管理方法

次は、QCD達成のポイント、管理方法について見ていきましょう。

QCD達成のためにはどうしたらいい?

QCDを達成するためには、最初にそれぞれの作業や工程の内容を把握しておかなくてはなりません。
プロセスを明確化したうえで、プロジェクト管理を体系化しておくことがポイントです。

QCDの管理方法

よく用いられている管理方法は、以下の4つです。

スコープ管理

スコープ管理は、プロジェクトの目標を設定して、作業範囲や成果物などを決めていく方法のことです。
成果物スコープ管理、プロジェクトスコープ管理の2種類があります。

  • 成果物スコープ管理

成果物スコープ管理は、何を作るかに焦点を当てて「成果物」を定義づけし、管理を行うのが特徴です。
基本設計を行う場合であれば、仕様書、設計書、搭載機能などが成果物に該当します。

  • プロジェクトスコープ管理

プロジェクトスコープ管理は、プロジェクトの作業範囲を明確化して、目的の達成を目指す方法です。
「作業スコープ」とも呼ばれています。
データベース設計や基本機能の洗い出しを行うなどして、それぞれの工程でどのような作業が必要になるのかを明確化していきます。

チーム管理

チーム管理は、プロジェクトに関わるスタッフを集めることや管理を行うことです。
「要員管理」とも呼ばれています。
プロジェクト参加スタッフの能力や適性を見極めたうえで、タスクの割り振りなど行うのです。
チーム管理がしっかり行われていない場合、スタッフのモチベーションが下がってしまうリスクがあるため、プロジェクトマネージャーのリーダーシップも重要となってきます。

コミュニケーション管理

コミュニケーション管理は、プロジェクトに関する情報を把握することや情報伝達を行うことです。
間違った情報が流れる場合や担当者に情報が届かないと、納期の遅れなどのトラブルに発展するおそれがあります。
プロジェクト関係者同士の利害関係も考慮して、適切に情報伝達を行うことが大切です。

リスク管理

リスク管理は、リスクコントロールをしながら管理を行うことです。
プロジェクト進行で起こりうるさまざまなリスクを洗い出して、対処方法や想定されるダメージを把握しておかなくてはなりません。
さらに、想定外のリスクに備えることや継続的な監視も必要です。

QCDでの優先順位とは?

次は、Quality(品質)、Cost(費用)、Delivery(納期)のどれを優先すべきかについて見ていきましょう。
QCDにおいては、Quality(品質)が最優先すべきだと考えられています。
なぜなら、品質が著しく低下すると、商品の安全性が下がる場合や顧客や納品先からの信頼を失うリスクがあるからです。
質の悪い商品ばかり提供し続けていたら、会社やブランドのイメージも悪くなってしまうことでしょう。
品質を一番大事にしたうえで、コストや納期も考慮しながら、バランスを取っておくことが大切です。

 QCDを分析管理するためにおすすめのツールを紹介

Quality(品質)、Cost(費用)、Delivery(納期)の管理を同時に行うのは大変です。
効率良く管理を行うために、おすすめのツールをご紹介します。

jooto(ジョートー)

jooto(ジョートー)は、株式会社PR TIMESが提供しているタスク・プロジェクト管理ツールです。
ガントチャート機能が搭載されており、プロジェクトの進捗状況を一目で把握することができます。
プロジェクト横断管理機能を使えば、複数プロジェクトの管理も可能です。
そのほかに、コミュニケーション機能 、データ共有機能、ファイル管理機能などの機能などもあり、コミュニケーション管理にも活用できます。

画像·データ出典:jooto公式サイト

R-GROUP(アールグループ)

R-GROUP(アールグループ)はRグループ株式会社が提供しているグループウェアです。
自由に書き込みができる掲示板機能、タスク表示が可能なスケジュール機能などが搭載されており、情報共有や伝達を効率良く行うことができます。
モバイルアプリも用意されているので、外出先からの情報共有したいとき、テレワークの際にも重宝します。

画像·データ出典:R-GROUP公式サイト

QCDを重視するべき理由と重視するメリットについて

QCDを重視して管理を行うことで、製品の品質が向上します。
質の高い製品が作れるようになれば、顧客の満足度を高めることができ、売上アップにもつなげることができるでしょう。
また、成果物スコープ管理やプロジェクトスコープ管理を行うことによって、無駄な作業が省けるようになり、プロジェクトの効率化も目指せます。
プロジェクトが順調に進んでいけば、生産性が向上し、納期も早められるというメリットも得られるのです。

QCDを守るためにはツールの活用がおすすめ

今回はQCDについて、解説しました。
QCDは、Quality(品質)、Cost(費用)、Delivery(納期)を組み合わせた造語です。
どれも重要な要素ですが、最優先すべきなのは、Quality(品質)です。
効率良く管理を行って行きたい方は、本記事でご紹介したおすすめツールもぜひ活用してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載