Unipos(ユニポス)の料金·機能·評判について

更新日:

    Uniposとは?

    Uniposは、Unipos株式会社が運営するコミュケーションツールです。従業員同士で感謝のメッセージやポイントを送り合えるWebサービスで、「働くモチベーションを高めてくれる」と、導入した企業からの評判も上々。2017年6月からサービスが開始し、2020年11月時点での導入実績は410社を超えています。

    国内の導入企業としては、伊藤忠商事株式会社やSansan株式会社、株式会社マネーフォワード、株式会社メルカリなど多くの有名企業から導入されている実績があります。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    グループウェアの製品をまとめて資料請求

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。


    Uniposの特徴

    Uniposは、メッセージやポイント、拍手を相手に送れるサービスです。仕事に対する感謝の気持ちを伝え合うことで、従業員の承認欲求を満たし、ワークエンゲージメント(仕事の満足感)を高める効果が期待できます。

    コミュケーションツールとの違いとは?

    「普段からLINEやSlackでコミュニケーションとっているし、わざわざポイントを送り合うメリットはないのでは?」と考える方もいるでしょう。

    ポイントを送る最大の利点は「可視化できること」にあります。テキストのみのコミュニケーションでは、貢献度の把握が主観的になりがちです。

    ですが、ポイント制であれば誰にどれだけポイントが送られたのかを分析することで、「縁の下の力持ち」「実はたくさんの人に感謝されている従業員」など、貢献度を定量的に把握できます。人事評価の一環としても活用できるでしょう。

    Uniposの機能紹介

    ポイント

    メッセージと一緒にポイントを送れます。ポイントは「1度に120ptまで、週400ptまで」との上限がありますが、上限内であれば任意に使えます。受け取ったポイントは、企業の独自レート(例:1pt=1円)による成果給として活用することも可能です。

    マルチデバイス対応

    Uniposはスマートフォンアプリ(※AppStore、GooglePlayからダウンロード可能)がリリースされています。外出が多い経営層や営業部はスマートフォンで運用するなど、業務形態に応じた運用が可能です。

    サービスは、信頼性の高いプラットフォーム「Google Cloud Platform」を利用していますので、情報漏えいやデータ破損などのセキュリティリスクを抑え、高い安全性の元で運用できます。

    リアクション機能

    Uniposではメッセージに加えて、拍手やアイコンを送れます。拍手すると、投稿した人と投稿された人にポイントが加算されます。称賛に制限はなく、送りたい数だけ「拍手アイコンを連打」できます。

    たくさんの拍手を送り合うことを想像しただけでも、なんだか楽しいコミュニケーション風景が浮かびませんか?

    チャットコミュニケーションでは、文字だけだと固くなりがちですが、アイコンによるリアクションを送信すると砕けたコミュニケーションになりますので、相手との距離を縮める効果が期待できます。

    Uniposの強み

    Uniposの強みは、「お互いを称賛し合える」ことです。LINEやSlackなどのコミュケーションツールとは違い、感謝の気持ちを「ポイント」という数値で分かち合います。コミュニケーションを見える化することで、コミュニケーション不足の緩和に役立ちます。

    承認されることの効果

    ポイントを受け取った社員はうれしくなり、ポイントを送ってくれた人へ恩返しをしたいと思うでしょう。例えば、上司が部下にポイントを送るような文化であれば、メンバーのエンゲージメントが向上し、チームの連携も向上するのではないでしょうか。

    料金プランについて

    Uniposには気軽にピアボーナスを始めることができるBasicコース、高いセキュリティ制が加わったEnterpriseコース、Unipos社が利用促進のサポートを行ってくれるEnterprise Plusコースという3つの料金コースがあります。

    それぞれのプランの料金は公式サイトより問い合わせる必要がありますが、利用できる機能については以下の通りになります。

    BasicEnterpriseEnterprise Plus
    基本機能
    利用状況の簡易データ閲覧
    アナリティクスデータ✖️
    管理者あんしん機能✖️
    セキュリティ✖️
    サービス品質保証✖️
    導入時サポート
    導入の柔軟さ✖️✖️
    運用の柔軟さ✖️✖️

    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    口コミ・利用企業の評判

    考えや働き方が可視化されました

    “異なる拠点のメンバー同士が、賞賛をオープンに伝えあうための仕掛けとしてUniposを活用しています。Uniposがあることで、今まで見えなかったメンバーの仕事ぶりにまで目が届くようになり、バリューを体現する考え方や働き方が、より可視化されました。”(株式会社メルカリ様)

    部門を超えた連携が可能となりました

    “Uniposによって、お互いを称え合う習慣が浸透しました。「このような仕組みを利用すれば、働く場所や時間を越えて従業員同士の信頼関係が深まり、部門の壁を越えた連携を生み出す土壌ができるのだ」と実感しています。”(ボルボ·カー·ジャパン株式会社様)

    類似サービスとの違いは?

    Uniposと似たサービスに、株式会社シンクスマイルが運営するサービス「RECOG」があります。RECOGはレター形式で相手に気持ちを伝え合います。相手に手紙を書いて渡すイメージですね。感謝の気持ちを文字に起こす分、Uniposに比べるとメッセージのやり取りに手間がかかります。ですが、「相手を褒める」文化を組織に根付かせる効果が期待できます。

    感謝の気持ちを言葉で伝え合う文化を目指すのであればRECOGを、より簡潔にコミュニケーションを取りたい企業はUniposが選定の候補として適しています。

    なお、相手にボーナスを送り合う「ピアボーナス」は、Unipos株式会社が商標登録しています。Uniposはお互いを称賛し合うツールとしての先駆けであり、豊富な導入実績があります。(RECOGの3倍以上の企業に導入されています。)実績重視で選ぶのであれば、Uniposを選択するのが良いでしょう。

    Uniposを含むおすすめのグループウェアツール比較

    グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    よくある質問

    Uniposを利用することで業務時間が圧迫されませんか?

    最小限の時間でコミュニケーションが実現できるように設計しており、Slackなどとの連携によってさらに効率的に利用できるようになっています。

    現場への浸透方法などはどうすればいいですか?

    導入前の従業員様への説明から導入後の継続的な利用方法までUniposがサポートさせていただきます。説明資料の配布やウェビナーも行っております。

    Uniposポイントの給与支払い方法には何がありますか?

    原資をご用意いただき給与として支給いただく方式かAmazonポイントとして各メンバーへ配信を行う方式がございます。

    正社員以外でも使うことができますか?

    可能です。アルバイトの方は労働契約書を変更していただくことでお使いいただけます。

    ポイントにルールはありますか?

    毎週月曜日にお一人様あたり400ポイントずつ自由に送ることができるポイントが付与されます。一週間の間に送らなかったポイントは月曜日の0時にリセットされ繰り越すことはできません。

    1ポイントはいくらですか?

    自由に設定していただくことができますが1円〜5円の設定がおすすめです。

    導入までどれくらいの期間がかかりますか?

    2週間程度のお時間をいただきます。

    参考:Unipos公式サイト

    画像・データ出典:Unipos公式サイト

    この製品はグループウェアの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    グループウェアの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      • グループウェア

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載