ジョブマネの料金·評判·口コミについて

更新日:

    ジョブマネ

    サービス名ジョブマネ
    ジャンルグループウェア
    初期費用0円
    月額費用1,000円〜
    無料お試しあり
    最短導入期間要お問合せ

    どのようなツールでも導入する上で重要なのが、「操作性・使いやすさ」です。

    クラウド型業務管理ツールのジョブマネは、抜群の使いやすさがユーザーから好評を得ています。

    ジョブマネとは

    1. 豊富な業務効率化機能を搭載
    2. 直感的操作で利用できる
    3. 企業定着率96%の実績
    4. 優れたサポート体制で初めての方にもおすすめ

    ジョブマネとは、ジョブマネ株式会社が運営しているクラウド型の業務管理ツールです。

    グループウェアやSFA、CRMなど、豊富な業務効率化機能を搭載しており、そのどれもが直感的に操作することができます。初めてクラウドツールを利用する方や、他社サービスからの乗り換えを検討している方にもおすすめです。

    導入企業からの評判も好評で、「書類作成が楽になった」、「チーム状況の可視化が可能になった」、「管理ツール初心者にもおすすめ」といった声が挙げられています。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

    類似サービス Slack to Teams

    (5.0)

             
    年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
    初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

    Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

       

    複数チャットツール間の確認漏れを防止

    Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

    この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    グループウェアの製品をまとめて資料請求

    SFAをお探しの方におすすめの関連サービス

    ジョブマネ導入のメリット

    複数のシステムを導入する必要がない

    ジョブマネは、便利な機能がオールインワンで搭載されており、直感的操作で業務の効率化が可能になります。

    効率化したい業務ごとに新しいシステムを導入する手間やコストがかからないことはもちろん、システムごとに新しい操作を覚えなくてはいけない手間も削減することができるというメリットがあります。

    プロジェクトの利益を視覚化できる

    ジョブマネでは、案件ごとに売上や外注費を紐付けて管理することが可能です。

    案件ごとの利益率は、日々の工数入力時に自動で作成されるため、確認作業に要していた時間も省略することができます。

    ジョブマネの主要な機能・特徴

    ジョブマネの機能は全部で17ありますが、「ビジネスプラン」と「グループウェアプラン」で利用できる機能が異なります。

    両プランで利用できる機能

    以下はグループウェアプランとビジネスプランの両方で利用できる機能です。

    スケジュール

    個人や部署ごとのスケジュール管理をはじめ、会議室や設備など様々なスケジュール
    管理を行えます。

    ToDo

    自分自身のタスク管理だけでなく同僚や部下のタスク管理もできます。
    カレンダーと連動できるためタスクの漏れを防げます。

    電話メモ

    離席中や外出中のスタッフに電話があったことを通知する機能です。スマートフォンでも確認でき、外出時でもしっかり顧客対応が可能です。

    経費精算

    日々発生する経費精算をシンプルな入力でストレス無く行えます。

    ワークフロー

    購買申請や勤怠申請など様々な申請業務が可能です。
    申請状況が一覧表示により一目で把握でき、ファイル添付も行えます。

    掲示板

    社内行事や業務日報など様々な用途の社内告知が可能です。
    個人単位や部署・チーム単位で閲覧権限を設定できます。

    共有資料

    様々な形式のファイルをかんたんに社内共有できます
    掲示板と同様に個人単位や部署・チーム単位で閲覧権限を設定できます。

    ビジネスプランのみで利用できる機能

    ここからはビジネスプランのみが利用できる機能一覧です。

    顧客管理

    住所や電話番号などの基本情報に加え、商談履歴や案件など様々な情報を顧客に紐づけて管理できます。

    商談履歴

    「誰が、いつ、どの顧客に、どのようにアプローチしたか」を過去から現在まで簡単に振り返ることができます。

    見積管理

    クリック·入力ベースの直観的な使い易いデザインで日々の見積作業の負担を軽減できます。

    案件管理

    どんぶり勘定から脱し、案件ごとのリアルタイムな損益管理を実現できます。

    工数管理

    案件に対して発生した作業時間の管理を行う機能です。
    自動で顧客や作業区分別にグラフ化されます。

    原価管理

    外注費をしっかり把握して、余計な外注コストの削減に役立てるための機能です。

    請求書発行

    請求書の作成や押印作業の手間を削減できます。
    出力履歴が記録される為、請求漏れの防止にもつながります。

    入金登録

    入金予定日や入金有無など入金に関わる様々な情報を一目で把握でき、経理担当者に聞かなくても入金状況の確認が可能です。

    レポート

    売上金額・粗利益額を自動でグラフ化し経営判断のスピード化を促進します。

    問合せ管理

    顧客からの問い合わせ内容を流入経路別に管理するための機能です。

    ジョブマネの料金·価格

    ジョブマネの料金は初期費用0円、サポート費用0円とコスパに優れています。

    月額料金プランは、基本プランであるグループウェアプランとオプションであるビジネスプランがあります。

    グループウェアプランの料金は、以下の通りです。

    • 1人〜100人/月額1,000円
    • 101人〜200人/月額2,000円
    • 201人〜300人/月額3,000円

    ビジネスプランは、1人利用するごとにグループウェアプランの料金に月額3,000円が加算されます。

    なお、ジョブマネでは、公式サイトから申し込むことで30日間の無料トライアルを利用することができます。無料トライアル中は、ジョブマネの全機能を利用することができるため、十分に使用感を試してから導入するかを検討することが可能です。

    ※価格は2021年2月現在のもの

    ジョブマネの評判·導入事例·口コミ

    書類作成や入力内容の確認が格段に楽に

    “50名弱のスタッフの入力内容の確認・修正等の負担が大きいことと、経費執行状況の把握に時間がかかることが課題だったため、経費管理上の課題を解消できそうなジョブマネを導入しました。書類作成や入力内容の確認が楽になったのはもちろん、データを必要な形で出力できる点にも助けられています。”(株式会社カルティベイト)

    雑務を体系的にかつ効率的に行うことが出来るように

    “営業職が多くそれぞれの社員がどういう動きをしているか把握しづらい状況でしたが、ジョブマネはクラウド上で皆のスケジュールを管理でき、出先で急な予定が入った時でもスマホからスケジュール変更をすればすぐに皆と共有できるので、社員間の連携が取りやすくなりました。社内体制が整っていないベンチャー企業には特におすすめできるツールです。”(OKTコミュニケーションズ株式会社)

    部署をまたいで社内資料の共有が出来る

    “元々既存の社内共有システムはありましたが、支社単位でのシステムはなく新たな共有ツールとして使えるのではと考え導入しました。部署をまたいで資料や情報の共有ができるので、調べたい人がいつでも調べられる環境ができ、上司や先輩、同僚にわざわざ時間を割いてもらうことも減りました。”(株式会社マイナビ沖縄支社)

    ジョブマネはこんな企業におすすめ

    営業活動の効率化を実現したい企業

    営業活動の標準化を実現できるSFAを搭載したジョブマネを導入することで、営業における業務効率化はもちろん属人化の解消も実現できます。

    モバイルからも営業活動が可能となるため、隙間時間を使っての効率的な営業を実現し、リアルタイムの情報共有で営業部にナレッジを蓄積することが可能となります。

    SFAを導入したいスタートアップ企業

    スタートアップ段階の企業や社員数の少ない小規模企業にとってSFAの導入はコスト面などでハードルが高いものです。

    ジョブマネは初期費用0円、1ユーザーから導入することができるためスタートアップ段階の企業にとっても非常に導入しやすいサービスとなっています。

    平日に無償のオンラインチャットでの相談を受け付けているため、初めて業務管理ツールを導入するという場合でも安心です。

    まずはジョブマネを試してみよう

    多彩な機能をオールインワンで搭載しているジョブマネは、使いやすさにも定評があるため、初めてツール利用するという方にもおすすめです。

    30日の無料トライアルもあり、社内で十分に使用感や機能性を試してから導入できることもメリットでしょう。

    これはグループウェアの製品です。
    グループウェアの製品をまとめて資料請求

    口コミをみる

    業界:小売業 会社規模:31人~50人

    満足度

    豊富な機能で情報共有が効率化されました

    良い点

    案件に紐づいて見積、請求書に原価登録できる機能が便利。また、個人のスケジュールと顧客の商談履歴が連動している点も良い。

    改善点

    見積や請求書などが横断して検索できる機能があると嬉しい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    少人数から導入でき、スケジュール管理や情報共有が効率化された。経営における意思決定の迅速化にもつながっている。

    業界:IT業 会社規模:31人~50人

    満足度

    情報共有の効率化が実現されました

    良い点

    ジョブマネを使うことで顧客とのやりとりや商談内容が共有できます。1つのツールで豊富な機能が利用できるため、機能ごとに新しいツールを導入する必要がありません。

    改善点

    権限設定機能が少し複雑で、どうすれば役職や部署ごとに権限が分断されるのかを把握しにくかったです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    プロジェクトの管理機能が優れており、プロジェクト単位でかかる経費も把握しやすくなったため、経理への申請も簡単になりました。また、初期費用やサポート費用がかからないため、コストを抑えた導入ができました。

    業界:通信業 会社規模:11人~30人

    満足度

    必要な機能が揃っている

    良い点

    必要な機能が揃っていて、コストパフォーマンスに優れているところです。

    改善点

    項目の表示順を変更する際に、上下移動等感覚的に移動ができると嬉しいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    スケジュール管理、及び工数管理が、プロジェクト単位で可視化できるのが嬉しいです。
    一つのツールだけで充分事足りるので、あちこち確認しなくて済むようになりました。

    業界:インターネット業 会社規模:11人~30人

    満足度

    ワークフローの一元化が可能に

    良い点

    様々なワークフローを一元管理できるようになり、担当者との共有がスムーズに行えるようになったことです。

    改善点

    使い勝手がよいので、特に気になる点はありません。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    請求書等の紐付けができるので、原価登録をしておくと管理が簡単にできるようになりました。
    1日の流れが分かりやすくなったため、複数担当者がいる場合は顧客とのミスマッチがかなり軽減されました。

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

      • グループウェア

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載