Zoho CRM(ゾーホー シーアールエム)の料金·評判·機能について

更新日:

    お客様との距離感を縮めて、営業効果を高めるためには顧客情報の管理や分析が重要です。
    ただ、多くのお客様を抱える企業の場合には、情報の量も膨大となってしまいますので、管理が大変になってしまうこともあります。
    そのため、近年では、CRMを導入して顧客管理を行う企業も増えてきました。本記事では、多くの企業間で評判となっているZoho CRMについて、特徴、機能、料金などをご紹介いたします。

    Zoho CRMとは?

    Zoho CRMはインドのZoho Corporationが開発·提供し、ゾーホージャパン株式会社 が運営しているクラウド型顧客管理· 営業支援ツールです。積極的なAI活用や情報の一元管理によって顧客管理を効率化してくれるので世界的に導入している企業が多いツールになります。多言語対応もしているのでグローバル展開している企業にもおすすめです。

    Zoho CRMの類似サービス「Freshsales Suite」

    おすすめの類似CRMツール

    この製品はCRMの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    CRMの製品をまとめて資料請求

    類似サービス: BowNow

    (4.5)

    月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

    BowNowは、無料から利用することができ、どのような企業でも使いこなせるMAツールとして開発されており、高度なマーケティングレベルや豊富な人的リソースがなくても、MAツールの導入を成功させることができます。

    複雑な設定は不要

    BowNowは、複雑な設定なく使い始めることができます。 マーケティング部門はもちろん、商談数アップに直結する営業部門の担当者も使うことができるシンプルな設計を目指して開発されています。 マーケティングリソースが潤沢でないという企業でも問題なくMAツールを利用できるように、本当に必要な機能だけを搭載しているためMAの導入経験や専門知識がなくても安心して導入することができます。 また、ABMテンプレート機能では、テンプレート設定をONにしておけば、ユーザーを自動的にステータスごとに分類、優先的にアプローチすべきホットリストを自動で抽出することができます。

    すぐに成果がでる、かつ育成活動も開始できる

    MAツールはリード(見込み顧客)の育成活動も実現します。 BowNowには、詳細な検索条件やホットリードの自動抽出など、ホットユーザーを見つけるための機能が豊富に搭載されています。 短期的な成果をあげるためには、今現在のホットリードを抽出し商談につなげるようにアプローチすることが重要です。 BowNowは、顧客の購買意欲が高まったタイミングでアプローチするというリアクティブ戦略を基に設計されています。BowNowは定期的な情報発信をおこなうためのメール配信機能と、顧客の検討タイミングを逃さないホットリード自動抽出機能があり、育成活動のベースを構築することができます。

    コストパフォーマンスに優れている

    MAツールを導入したいが、初期コストが高額で、なかなか踏み切れないという方も少なくはないでしょう。 BowNowは、MAツールを使ってみたい、低コストで始めたいという方のために完全無料で利用できるフリープランを提供しています。 フリープランは、期間の制限なく無料で利用することが可能です。 無料で利用した上で、本当に必要な機能を課金していく料金体系となっているため、導入企業にマッチした最低限のコストでのマーケティング活動の効率化を実現することができます。 また、アカウントの発行から、3ステップで使い始めることができ、その手軽さも非常に魅力的と言えるでしょう。

    Zoho CRMの特徴·機能

    Zoho CRMには、顧客管理機能、分析機能などさまざまな機能が搭載されており、営業活動に必要な情報を一元管理できます。
    主な特徴や機能は、以下の通りです。

    顧客管理機能が充実している

    Zoho CRMの特徴は、顧客管理機能が充実していることです。
    見込み客管理、既存顧客管理、商談管理など便利な機能がいろいろと揃っていますので効率良く顧客管理が行えます。

    タスク処理の自動化も可能

    Zoho CRMには、担当者の割り当てやオートメーション機能も備わっています。
    これらの機能を使えば、日々のタスク処理が自動化が可能となります。顧客の対応漏れも防げるようになるので、より効果的な営業活動を行えるようになることでしょう。

    マルチチャネルコミュミケーション機能

    マルチチャネルコミュミケーション機能が搭載されているのもZoho CRMの特徴です。
    この機能を利用することで、電話やメールのほかに、SNSでの顧客とのコミュニケーションも一元管理できるようになります。

    リアルタイムで集計·分析できる

    Zoho CRMには、さまざまな分析機能が用意されています。
    リアルタイムでの集計、レポートやグラフによる表示機能などがあり、視覚的にデータを把握することができます。分析に役立つテンプレートもたくさんありますし、ドラッグ&ドロップするだけで自社のシステムに合わせたカスタマイズも可能です。

    Zoho CRMの強み

    Zoho CRMの強みは、AI型営業アシスタントのZia(ジア)が搭載されていることです。
    このZiaの機械学習によって、営業担当者の作業パターンを学習することやマクロやワークフローなどの最適な設定も提案を行ってくれるので、業務量の削減に役立てることができます。さらに、顧客データから商談の勝算パターンも算出してくれますので、営業活動の頼もしい味方となってくれます。

    Zoho CRMの価格·料金プラン

    Zoho CRMの料金プランは、スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズ、アルティメットの4種類が用意されています。

    年間契約と月間契約で料金が変わり、年間契約の方が20%オフになるので長期での利用を検討している方にはそちらがおすすめです。年間契約の場合、スタンダードは1ユーザーにつき月額1,440円、プロフェッショナルは1ユーザーにつき月額2,400円、エンタープライズは1ユーザーにつき月額4,200円、アルティメットは1ユーザーにつき月額5,400円です。

    2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    Zoho CRMの注意点

    Zoho CRMの注意点は、海外製のシステムであるため、UIの日本語が不自然に感じる可能性があることです。
    また、機能がたくさんあり、入力項目も多いことは人によってはデメリットに感じてしまうかもしれません。

    Zoho CRMの口コミ·利用企業からの評判

    顧客情報の一元管理のために導入

    “顧客情報の一元管理のために導入しました。自動化機能や他社サービス連携機能も駆使し、営業プロセスを標準化したことで、新しいニーズや解約リスクを早期に認識して対応できるようになりました。” (株式会社ジーニアスウェブ様)

    類似サービスとの比較

    Zoho CRMと類似したサービスとしては、eセールスマネージャーがあります。
    eセールスマネージャーは、ソフトブレーン株式会社が提供しているCRMです。名刺情報、企業情報などの顧客管理機能、マーケティングなどいろいろな機能を搭載さており、Zoho CRMと同じようにデータを活用した分析も可能となっています。eセールスマネージャーは日本製のシステムなので、画面がわかりやすいのも特徴です。日本ならではの手厚いサポートもありますので、安心感や使いやすさを優先したい場合におすすめです。
    eセールスマネージャーの料金は、スタンダードプランが月額6,000円、スケジュールシェアが月額1,000円からとなっています。
    Zoho CRMの最安プランは、月額1,440円なので、eセールスマネージャーのスケジュールシェアのほうが少し安いです。
    ただ、スケジュールシェアはグループウェアのみとなっていますので、必要な機能などもよく考慮したうえで、選んでみると良いでしょう。

    Zoho CRMを含むおすすめの顧客管理(CRM)アプリ比較

    顧客管理(CRM)アプリについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    Zoho CRMの導入で顧客管理の効率化を

    Zoho CRMは営業活動を助けてくれる頼もしいツールです。顧客管理機能、AI機能などが搭載されたZoho CRMを導入することで以前よりも営業活動を効率化することができるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。導入にあたっては自社の営業課題を解決するために必要な機能をトライアルなどを体験してみて事前に明確にしておくことが重要です。

    画像·データ出典:Zoho CRM公式サイト

    この製品はCRMの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    CRMの製品をまとめて資料請求

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載