カスタマーサクセスの重要性

更新日:

    カスタマーサクセスの重要性とは?

    BtoB向けのビジネスを展開している企業やSaaS企業などでカスタマーサクセスを募集しているケースが増えていることからわかるように、カスタマーサクセスは非常に重要な役割として認識されるようになっています。

    なぜカスタマーサクセスというポジションが重要なのか、その大きな要因としては「サブスクリプションサービスの市場拡大」が挙げられます。

    NetflixやAmazon Primeビデオなどに代表されるサブスク型・SaaS型サービスがここ数年で急激に増えており市場も拡大しています。

    従来の買い切り型のサービスと違ってサブスク型のサービスは月単位で契約して低コストからの利用が可能な点がメリットですが、それと同時に手軽に解約できるという特徴もあります。

    そのため、売上向上のためにも、カスタマーサクセスによって顧客の成功体験を実現して少しでも長くサービスを契約してもらう必要があるのです。

    カスタマーサクセスは自ら能動的に顧客に対して働きかけることで、顧客がよりサービスを使いたいと思ってもらえるように成功体験を実現します。

    つまり、特定のビジネスモデルにおいてカスタマーサクセスは売上維持・売上増加につながるため、非常に重要なポジションなのです。

    カスタマーサクセスとカスタマーサポートは違う?

    カスタマーサクセスと混同されがちなのがカスタマーサポートです。ではカスタマーサクセスとカスタマーサポートにはどんな違いがあるのでしょうか。解説します。

    姿勢が違う

    カスタマーサクセスは能動的に顧客に働きかけ、顧客を成功へと導きます。

    一方でカスタマーサポートは顧客からの問い合わせやクレームなどを受けて受動的に顧客対応を行います。

    この姿勢に違いがあるのです。

    カスタマーサポートは、まず顧客がサービスを利用する上で感じた疑問や不満点がきっかけで問い合わせを受け、これを解消することで顧客満足度の向上を目指します。

    対応業務も、主に問い合わせへの対応やユーザー向けマニュアルの作成などとなります。

    KPI・指標が違う

    カスタマーサクセスはKPIとして解約率やアップセル率・クロスセル率を設定することが一般的です。

    これに対してカスタマーサポートは顧客満足度の向上をミッションとしていますので、顧客への対応回数や返信にかかる時間などをKPIに設定することが多くなっています。

    そもそもそれぞれの役割でミッションが変わるため、KPIも異なるのです。

    カスタマーサポートは顧客のストレスを減らし、どれだけ満足してもらうのか、カスタマーサクセスは顧客を成功に導くことで少しでも長くサービスを利用してもらうことが重要となっています。

    必要性が違う

    どんな商品やサービスを扱う企業でも、顧客がいる限りは問い合わせやクレームなどはつきものとなります、

    そのため、カスタマーサポートも大なり小なり必要となってきます。

    一方でカスタマーサクセスはサブスクリプション型のビジネスにおいて特に求められるポジションとなり、どんな業種でも必ず必要というわけではありません。

    しかし、BtoB企業、SaaS企業においては欠かすことができない役割と言えるでしょう。

    この製品はカスタマーサクセスの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    カスタマーサクセスの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        カスタマーサクセスのROIを最大化: commmune

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短利用開始日〜1日

        顧客接点の一元化とデータの集約分析を実現することで、顧客のLTV向上とカスタマーサクセス工数の削減が可能になり、結果としてカスタマーサクセスのROIが最大化します。

        顧客LTVの最大化を実現

        commmuneでは、分断されたタッチポイントを1つのプラットフォームに集約するので、ユーザー体験が最適化されます。 また、顧客データや顧客とのコミュニケーション情報が集約統合されるので、効果的な分析が可能となります。分析の効果が上がることで、最適なアクションの策定と実行を実現できるようになるのです。

        ノーコードで顧客プラットフォームを構築

        commmuneは、プログラミングが不要なノーコードツールなので複雑な専門知識がなくても顧客ポータルを構築できます。 導入企業が利用しやすいようにデザインやカテゴリ、コンテンツ等の各種機能をカスタマイズすることが可能であり、加えて直感的なダッシュボードを提供しているのでヘルススコアの管理がしやすく、カスタマーサクセスの運用に課題を抱えている企業であっても効率的に分析、アクションを起こすことができます。

        科学的な運用支援が可能

        多くのコミュニティ支援から知見を蓄積したcommmuneのカスタマーサクセス担当者が併走し、データサイエンティストやPdM、開発チームも含めて、運用を科学的に支援してくれるため、他社コミュニティの事例やユーザーデータに基づいた科学的な運用が可能になります。 月次でのユーザーレポートの作成や運用戦略のためのディスカッションに加え、管理保守や炎上リスクの対応はコミューン社が実施するため、担当者は戦略検討などの前向きな業務に専念でき、効果的な運用を促進することができます。

      • カスタマーサクセス

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載