KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)の料金·評判·機能について

更新日:

社内のあらゆる業務がIT化によって効率化される中、リモートワークなど多様な働き方に対応できる勤怠管理方法が求められています。

今回紹介するKINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)は、普段使っているICカードを活用して手軽に勤怠管理ができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)とは

KINPIRA CLOUDとはSCAVEが運営しているクラウド勤怠管理システムです。

専用の打刻機を導入する手間もなく、オフィスの入り口にスマホを1台設置するだけで簡単に勤怠管理を開始することができ、打刻に必要なものもSuicaやPASMOなどの交通系ICカードだけという手軽さが非常に魅力的なサービスとしてさまざまな事業所で導入されています。


勤怠管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)の機能·特徴

テレワークにも活用できる

KINPIRA CLOUDはWebブラウザーはもちろん、スマホ専用のアプリをインストールしておけばテレワークなどの在宅勤務でも打刻が可能となります。

稼働中のスタッフは管理画面から簡単に可視化することができ、氏名や所属、役職などの人事情報を検索することも可能です。

働き方改革に対応できる

労働人口の減少や働き方の多様化に伴い、働き方改革が各企業で進められています。

中でも残業時間の管理や有給の取得·使用状況についてはこれまで以上に厳しい管理体制が求められており、手動での管理ではケアレスミスが発生してしまう可能性があります。

KINPIRA CLOUDには各種アラート機能が搭載されており、残業時間アラートや有給失効アラートなどによって事前にボーダーを越えそうなタイミングで通知してくれるため、超過労働が起きる状況を抑止することが可能となります。

安心のサポート体制

直感的な操作で使うことができるKINPIRA CLOUDですが、万が一操作方法など不明点が発生した場合もサポートが懇切丁寧に回答してくれるため安心です。

サービスによってはサポートは初回無料でそれ以降は有料というものもありますが、KINPIRA CLOUDは何度でも問い合わせすることができ、改善して欲しい点や追加して欲しい機能などもサポートへ相談することで今後のアップデートに反映される可能性が高まるため、積極的にサポートを利用することができます。

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)の料金·価格

KINPIRA CLOUDでは下記3つの料金プランを提供しています。

  • FREE:月額0円/30名まで登録可能
  • STANDARD:月額110円(1名あたり)/登録スタッフ数無制限
  • PREMIUM:月額220円(1名あたり)/登録スタッフ数無制限

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

KINPIRA CLOUDでは、月額0円で利用できるFREEプランを提供しており、こちらを活用することでトライアルとして利用することが十分に可能となっています。

無料で利用して、利便性の高いシステムだと感じた場合は有料プランへ移行すると良いでしょう。

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)導入のメリット

様々な勤務形態に対応

KINPIRA CLOUDでは日付をまたぐような夜勤や24時間までの長時間連続勤務にも対応した打刻が可能となっています。

シフト制などで人によって勤務時間がバラバラという企業でも、KINPIRA CLOUDを導入することで柔軟に勤怠管理ができるようになるというメリットが生まれます。

コストを抑えて勤怠管理ができる

KINPIRA CLOUDは無料で30人まで利用できるFREEプランが提供されているため、スタートアップ段階の企業や小規模オフィスであればコストをかけずに勤怠管理を行うことができます。

打刻に必要な機材もスマートフォンだけなので、機器導入にかかる費用も非常に安価に済むというメリットがあります。

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)の導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

KINPIRA CLOUDの類似サービスとしてはIEYASU(イエヤス)やスマレジ·タイムカードなどが挙げられます。

IEYASUは無料で利用できる勤怠管理システムとして幅広い企業から導入されています。

人事実務の専門家集団と共同開発されたシステムのため、常に最新の労働基準法に準拠した勤怠管理が可能になることが特徴的です。

料金は初期費用0円、月額料金0円〜となっており、有料プランを利用する場合は月額3,800円〜になります。

スマレジ·タイムカードは勤怠管理はもちろん、労務アラートやシフト管理など豊富な機能が搭載されていることが魅力的な勤怠管理システムです。

freeeなどの外部給与計算サービスと連携ができ、勤怠データをもとにした効率的な給与計算が可能になる点もメリットと言えます。

料金は30名まで無料で使えるプランが提供されており、有料プランは月額2,200円からとなっています。

KINPIRA CLOUDを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)で勤怠管理の効率化を

KINPIRA CLOUD(キンピラクラウド)についてご紹介させていただきました。

  • 無料で利用できる
  • 打刻に必要なものはスマホだけ
  • 労務アラートが可能

上記の点から、勤怠管理はもちろん、働き方改革などの労務管理も実現できるサービスであることがわかります。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:KINPIRA CLOUD公式サイト