TeamSpirit(チームスピリット)の料金・評判・口コミについて

月額費用
600円〜
初期費用
15万円~
無料お試し
あり
導入社数
1,300社以上
これは 勤怠管理 の製品です。
勤怠管理 の製品をまとめて資料請求

働き方改革が始まってから、働き方は多様化してきました。働く時間や働く場所も1つに定まらず、残業に対しても厳しい規則が設けられるようになり企業の勤怠管理担当者は頭を悩ませることも多いでしょう。適正な勤怠管理を行い働きやすい環境を作ることで企業としての生産性をあげることにも繋がります。

そこで今回は勤怠管理だけでなく経費精算やタスク管理までを効率的に行うことができる働き方改革プラットフォームのTeamSpirit(チームスピリット)についてご紹介させていただきます。

TeamSpiritとは

TeamSpiritとは株式会社チームスピリットが運営する勤怠管理システムです。

働き方改革における勤怠やタスク管理を効率化することで業務の効率化と透明化を実現することができるサービスですでに1,300社以上、25万人以上のユーザーから利用されている人気のサービスです。

勤怠管理や経費精算を一元管理できることで入力の手間を削減し、データを可視化することができます。

スマホからも入力できるため、いちいちパソコン立ち上げが不要

おすすめの勤怠管理システム

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

       

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

       

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

類似サービス: KING OF TIME

(4.5)

         
月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

       

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。


TeamSpiritの機能・特徴

TeamSpiritの主な機能をまとめました。

TeamSpirit(スタンダードパッケージ)

  • 勤怠管理・就業管理
  • 工数管理
  • 経費精算
  • 電子稟議
  • 社内SNSタイムレポート

TeamSpirit Shift(シフト管理機能を搭載)

  • TeamSpiritの全機能
  • シフト管理

TeamSpirit HR(社員情報管理を搭載)

  • TeamSpiritの全機能
  • 社員情報管理
  • 諸届ナビ

TeamSpirit Leaders(工数管理機能と連動)

  • TeamSpiritの全機能
  • プロジェクト原価管理

以下、主な特徴をまとめました。

勤怠管理を効率化できる

TeamSpiritの勤怠管理はPCやスマホアプリで簡単に打刻をすることが可能です。打刻機能の手軽さは従業員にとっては重要なもので、PCまたはスマホからの打刻であればどんな社員にも抵抗なく導入することができます。打刻したデータはリアルタイムでクラウド上の勤務表に反映されるのでタイムカードでの打刻管理のように担当者が集計する手間を省略することができます。

集計したデータは給与計算システムと連携することでさらに効率的に管理することができます。時間外労働に対しては必要があればアラートを自動で送信することができるので超過労働が発生する心配もありません。

工数管理を効率化できる

勤怠管理と連携して従業員のタスクを管理することができます。直感的なインターフェースでタスク管理に自信がない方でも安心して管理を行うことができます。勤怠管理と連携しているので1日の最大勤務時間の範囲でのみ直課可能です。

作業割合を登録すると工数を自動で計算してくれるので手間を省略するできます。カレンダーなどから取り込んだスケジュールに表示された予定を簡単にタスク実績として取り込みTeamSpiritに登録することができるので働き方の可視化ができるようになります。

経費精算を効率化できる

TeamSpiritを導入すれば空き時間を使って簡単に交通費・経費精算が可能になります。クラウド・モバイルを使ってのセルフサービスの交通費精算・経費精算が可能になるので精算業務を効率化することができます。経路検索機能との連携によって交通費を自動で計算してくれるため手入力での交通費計算、経路調査の手間から解放されます。

スマートフォンのカメラを使用することで領収書の情報をOCR技術によって読み込むことができるので経費情報の入力をサポートすることができます。ICカード等で申請された交通費は不正受給ができないように専用マークが表示されるので安心です。

サポートが充実している

TeamSpiritは、サポート体制が充実しているのも大きなポイントの一つです。導入・活用シーンに至るまでを、実績・経験ともに豊富なスタッフがしっかりと手助けしてくてます。サポートの基本的な部分に関しては無料で利用でき、ポータルサイトからサポートチームと連絡をとることが可能です。また、有料サポートを利用する場合は、コンサルタントが導入支援・運用支援・改善支援までをしっかりと手厚くサポートしてくれます。

TeamSpiritの料金・価格

TeamSpiritではプランごとの料金プランを提供しています。スタンダードパッケージとして提供されているTeamSpiritは初期費用150,000円で月額料金は従業員一人につき600円です。

社員情報管理機能が搭載されたTeamSpiritHRは初期費用250,000円で月額料金は従業員一人につき900円+人事担当者一人につき月額900円です。

リーダー向けにマネジメント機能を強化したTeamSpirit Leadersは初期費用200,000円で月額料金は従業員一人につき600円+リーダー一人につき月額6,000円です。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

利用企業からの評判・口コミ

働き方改革の実現ができています

“働き方改革に伴い、より正確な工数管理や勤怠管理をしたいと思った時にTeamSpiritのことを知り導入しましたTeamSpiritは勤怠管理と工数管理が同時にできるのがいいですね。今では打刻情報などのレポートを経営会議でも活用しています。会社内での締め時間短縮にも大きく貢献してくれています。”(株式会社モバイルファクトリー様)

工数削減を実現できています

“新人社員の情報入力を労務チームが手作業で行っていたので、この部分の効率化のためにTeamSpiritを導入することにしました。管理部門にも社員にも負担が少なくなるようにフローを改善したおかげで工数を80%以上削減することができました。”(Sansan株式会社様)

TeamSpiritのいい評判・口コミ

TeamSpiritでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

TeamSpiritの良い口コミ・評判

・アプリ上で出勤・退勤を行うことができる。
・セキュリティがしっかりしている。
・画面がわかりやすく、使いやすい。

TeamSpiritはアプリで勤怠管理ができるシステムです。

導入することで、経費精算や社員情報管理をあわせて行うことができるようになります。

また、個人情報を扱うシステムのため、セキュリティも強固に構築されており安心して使用できます。

TeamSpiritを導入すれば、安全に社内業務のデジタル化を進めることができるでしょう。

TeamSpiritのその他評判・口コミ

TeamSpiritでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

TeamSpiritのその他口コミ・評判

・スマートフォン版の画面が使いにくい。
・スマートフォンアプリでは使えない機能がある。
・GPSの精度が低い。

悪い口コミとしては、スマートフォン版が使いにくい・GPSの精度が低いという口コミがありました。

アップデートが常に実施されているサービスのようなので、今後の改善は進んでいくのではないかと思われます。

無料でデモができるので、心配な方はテストを行ってから導入を進めるのがよいでしょう。

TeamSpiritを導入した結果は?

TeamSpiritを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

TeamSpiritを導入した結果に関する評判・口コミ

・アプリ上で残業時間を確認することができるので、部下の業務量の調整をし易くなった。毎日の労働時間をグラフで視覚的に見ることができる。​​TeamSpiritを覚えておくだけで各種ブラウザ・アプリを管理できる
・勤怠の抜け漏れがあった際には、Slackにアラートのメッセージが届く。

TeamSpiritを導入することで、労働時間をグラフで可視化することができるようになります。

メンバーの勤怠管理をシステム上で行うことができるため、漏れなく管理ができます。

また、Slackとの連携を行うことで、アラートメッセージを受け取ることもできます。

TeamSpiritの改善希望ポイントは?

TeamSpiritに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

TeamSpiritで改善して欲しいポイント

・アプリの動作が遅い時がある。
・機能が多く、最初はわかりにくい。
・管理者画面が複雑

改善希望ポイントとしては、動作の遅さ・管理画面が複雑という口コミがありました。

特に、管理画面については、社員の個人情報が入っているため慎重に管理が必要です。

TeamSpiritでは、契約者限定でマニュアルやFAQを確認することができます。

導入後も、不安な点を確認しながら使えるので安心です。

類似サービスとの比較

TeamSpiritとの類似サービスとしてはKING OF TIMEやジョブカン勤怠管理が挙げられます。これらのサービスを料金や機能で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
TeamSpirit600円〜/1ユーザー150,000円あり・勤怠管理以外の機能も充実

・働き方改革を実現できる

KING OF TIME300円/1ユーザー0円あり・複数の打刻手段を一括管理 ・低コストで運用可能
ジョブカン勤怠管理200円〜/1ユーザー0円あり・システム場でシフト集計が可能 ・総合的な従業員の管理が可能に

料金面としては初期費用がかからないKING OF TIMEやジョブカン勤怠管理がおすすめです。また、機能面としては勤怠管理以外の業務も効率化できるTeamSpiritやジョブカンがおすすめです。

TeamSpiritを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

この製品に関連する動画を紹介

TeamSpiritで働き改革の実現を

今回は働き方改革働き方改革プラットフォームのTeamSpiritをご紹介させていただきました。働き方改革が発表されてから様々な企業がそれを実現させようと勤怠管理システムを取り入れたり独自の働き方を提唱するようになりましたが、サービス残業や超過労働はなくなっているわけではありません。

従業員にとっても厳しい残業をしてまで一つの会社に留まるという働き方は過去のものになってきており、いかに決められた時間でパフォーマンスを発揮できる環境にあるかを重視する時代になってきています。企業としても優秀な人材を確保、手放さないためにも勤怠管理をはじめとした働き方改革にしっかりと対応できる地盤を作りたいものです。そのためにはTeamSpiritのような勤怠管理などを効率化できるシステムの導入は不可欠です。

サービスの導入には予算はもちろんのこと、現在の企業としての働き方改革に対応できていない部分を明確化することや人事や労務からのヒアリングもしっかりと行い比較検討することが重要です。

画像・データ出典:TeamSpirit公式サイト

TeamSpiritの評判・口コミ

(4)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

TeamSpiritの良い評判・口コミ

・工数管理機能が便利で、勤務時間に加えて何にどのくらい工数をかけたかを自動で集計してくれる。
・勤怠管理にとどまらず、工数管理やワークフロー機能も備えているにもかかわらず料金が安い。
・スマホからも入力できるため、いちいちパソコン立ち上げで使わなくていい点が便利。 ・今月どのくらい働いているかが一発で分かるので、稼働時間がオーバーしそうな時はすぐに調整ができる。

TeamSpiritのその他の評判・口コミ

・1ヶ月の工数を自動で図やグラフ表示してくれる機能がほしい。
・通信環境にもよるかもしれないが、データの反映や画面の読み込みが遅れることがたまにある。 ・ログイン時のレスポンスが悪く、タイムアウトになってしまう点を改善してほしい。

TeamSpiritを導入した結果に関する評判・口コミ

・社内で元々Salesforceを使っていたため、似たようなUIで最初からスムーズに使いこなすことができた。
・手動で集計していた工数の管理を自動化できたので、毎月の集計作業にかかる日数が減った。
・従来は紙で運用していた勤怠及び稟議関連がシステム化されたため出先でも入力できるようになって便利。

    その他の関連する記事

    これは 勤怠管理 の製品です。
    勤怠管理 の製品をまとめて資料請求
      • 勤怠管理

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: freee勤怠管理Plus

        (4.5)

        月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

               

        多彩な打刻方法が導入できる

        freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

        わかりやすい画面で管理・修正が可能

        freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

        勤怠状況を一覧で確認

        管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

        類似サービス: KING OF TIME

        (4.5)

                 
        月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間3営業日〜

        KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

               

        豊富な打刻手段

        KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

        給与計算も効率化

        KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

        いつでも最新の状態で利用できる

        働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載