TeamSpirit(チームスピリット)の料金·評判·機能について

更新日:

働き方改革が始まってから、働き方は多様化してきました。働く時間や働く場所も1つに定まらず、残業に対しても厳しい規則が設けられるようになり企業の勤怠管理担当者は頭を悩ませることも多いでしょう。適正な勤怠管理を行い働きやすい環境を作ることで企業としての生産性をあげることにも繋がります。

そこで今回は勤怠管理だけでなく経費精算やタスク管理までを効率的に行うことができる働き方改革プラットフォームのTeamSpirit(チームスピリット)についてご紹介させていただきます。

TeamSpiritとは

TeamSpiritとは株式会社チームスピリットが運営する勤怠管理システムです。

働き方改革における勤怠やタスク管理を効率化することで業務の効率化と透明化を実現することができるサービスですでに1,300社以上、25万人以上のユーザーから利用されている人気のサービスです。

勤怠管理や経費精算を一元管理できることで入力の手間を削減し、データを可視化することができます。


勤怠管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

TeamSpiritの機能・特徴

勤怠管理を効率化できる

TeamSpiritの勤怠管理はPCやスマホアプリで簡単に打刻をすることが可能です。打刻機能の手軽さは従業員にとっては重要なもので、PCまたはスマホからの打刻であればどんな社員にも抵抗なく導入することができます。打刻したデータはリアルタイムでクラウド上の勤務表に反映されるのでタイムカードでの打刻管理のように担当者が集計する手間を省略することができます。

集計したデータは給与計算システムと連携することでさらに効率的に管理することができます。時間外労働に対しては必要があればアラートを自動で送信することができるので超過労働が発生する心配もありません。

工数管理を効率化できる

勤怠管理と連携して従業員のタスクを管理することができます。直感的なインターフェースでタスク管理に自信がない方でも安心して管理を行うことができます。勤怠管理と連携しているので1日の最大勤務時間の範囲でのみ直課可能です。

作業割合を登録すると工数を自動で計算してくれるので手間を省略するできます。カレンダーなどから取り込んだスケジュールに表示された予定を簡単にタスク実績として取り込みTeamSpiritに登録することができるので働き方の可視化ができるようになります。

経費精算を効率化できる

TeamSpiritを導入すれば空き時間を使って簡単に交通費・経費精算が可能になります。クラウド・モバイルを使ってのセルフサービスの交通費精算・経費精算が可能になるので精算業務を効率化することができます。経路検索機能との連携によって交通費を自動で計算してくれるため手入力での交通費計算、経路調査の手間から解放されます。

スマートフォンのカメラを使用することで領収書の情報をOCR技術によって読み込むことができるので経費情報の入力をサポートすることができます。ICカード等で申請された交通費は不正受給ができないように専用マークが表示されるので安心です。

TeamSpiritの料金・価格

TeamSpiritではプランごとの料金プランを提供しています。スタンダードパッケージとして提供されているTeamSpiritは初期費用150,000円で月額料金は従業員一人につき600円です。

社員情報管理機能が搭載されたTeamSpiritHRは初期費用250,000円で月額料金は従業員一人につき900円+人事担当者一人につき月額900円です。

リーダー向けにマネジメント機能を強化したTeamSpirit Leadersは初期費用200,000円で月額料金は従業員一人につき600円+リーダー一人につき月額6,000円です。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

利用企業からの評判・口コミ

働き方改革の実現ができています

“働き方改革に伴い、より正確な工数管理や勤怠管理をしたいと思った時にTeamSpiritのことを知り導入しましたTeamSpiritは勤怠管理と工数管理が同時にできるのがいいですね。今では打刻情報などのレポートを経営会議でも活用しています。会社内での締め時間短縮にも大きく貢献してくれています。”(株式会社モバイルファクトリー様)

工数削減を実現できています

“新人社員の情報入力を労務チームが手作業で行っていたので、この部分の効率化のためにTeamSpiritを導入することにしました。管理部門にも社員にも負担が少なくなるようにフローを改善したおかげで工数を80%以上削減することができました。”(Sansan株式会社様)

類似サービスとの比較

TeamSpiritとの類似サービスとしてはKING OF TIMEやジョブカン勤怠管理が挙げられます。これらのサービスを料金や機能で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
TeamSpirit600円〜/1ユーザー150,000円あり・勤怠管理以外の機能も充実

・働き方改革を実現できる

KING OF TIME300円/1ユーザー0円あり・複数の打刻手段を一括管理 ・低コストで運用可能
ジョブカン勤怠管理200円〜/1ユーザー0円あり・システム場でシフト集計が可能 ・総合的な従業員の管理が可能に

料金面としては初期費用がかからないKING OF TIMEやジョブカン勤怠管理がおすすめです。また、機能面としては勤怠管理以外の業務も効率化できるTeamSpiritやジョブカンがおすすめです。

TeamSpiritを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

TeamSpiritで働き改革の実現を

今回は働き方改革働き方改革プラットフォームのTeamSpiritをご紹介させていただきました。働き方改革が発表されてから様々な企業がそれを実現させようと勤怠管理システムを取り入れたり独自の働き方を提唱するようになりましたが、サービス残業や超過労働はなくなっているわけではありません。

従業員にとっても厳しい残業をしてまで一つの会社に留まるという働き方は過去のものになってきており、いかに決められた時間でパフォーマンスを発揮できる環境にあるかを重視する時代になってきています。企業としても優秀な人材を確保、手放さないためにも勤怠管理をはじめとした働き方改革にしっかりと対応できる地盤を作りたいものです。そのためにはTeamSpiritのような勤怠管理などを効率化できるシステムの導入は不可欠です。

サービスの導入には予算はもちろんのこと、現在の企業としての働き方改革に対応できていない部分を明確化することや人事や労務からのヒアリングもしっかりと行い比較検討することが重要です。

画像・データ出典:TeamSpirit公式サイト