ShiftMAXの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
3万円〜
初期費用
20万円
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは 勤怠管理 の製品です。
勤怠管理 の製品をまとめて資料請求

シフト制や深夜帯勤務など多様な働き方を効率的に管理するには勤怠管理システムの導入がおすすめです。

近年は各社から勤怠管理システムが登場しており、どんなサービスを選べかいいか検討中という方も多いと思います。

今回紹介するShiftMAXは、現場作業をメインとしている企業に役立つ機能が豊富に搭載された勤怠管理システムです。

本記事ではShiftMAXの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

ShiftMAXとは

ShiftMAXとはKYODOU株式会社が運営している勤怠管理システムです。

警備業や建設業、ビルメンテナンスなど現場での作業が多い業界に向けた機能が搭載された勤怠システムで、勤怠管理の効率化はもちろん工数管理の効率化にも貢献します。

従業員の出退勤状況の把握や作業内容の管理に役立つ機能も搭載されています。

従業員向け、所属長向け、管理者向けの3つの立場で使用できる機能を備えた勤怠管理システムです。

おすすめの勤怠管理システム

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

       

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

       

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

類似サービス: KING OF TIME

(4.5)

         
月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

       

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。


ShiftMAXの機能·特徴

ShiftMAXの主な機能は以下の通りです。

  • Excelインターフェイス
  • 二重配置防止機能
  • 携帯&スマートフォン打刻機能
  • 静脈認証機能
  • インターネット打刻機能
  • 実績表の自動生成機能
  • リアルタイム分析機能
  • 遅刻防止機能

プライベートクラウド型のシステム

ShiftMAXはネットさえつながればどこからでも打刻ができる、クラウド型の勤怠管理システムとなっています。

場所を問わずに勤怠管理ができるため、リアルタイムに打刻処理などを確認し、ミスなどの防止を実現できます。

また、ShiftMAXはクラウド型の中でもユーザー企業ごとに専用クラウド環境を構築する「プライベートクラウド型」を採用するしているため、効率の良いリソース管理および高度なセキュリティ、高い独立性を実現します。

エクセルと同様の操作性で利用できる

ShiftMAXはWebブラウザで管理するクラウド型ではなくExcelを採用しています。

ネットワークでExcelを常時接続しているためリアルタイムでの打刻&集計を可能とします。

普段から使い慣れているExcelの操作性そのままにシフトの作成から勤怠管理、帳票出力などが可能となるため、新しいツールの導入にあわせて操作性を学習するための期間を最小限にすることができ、現場のワークフローを変更することなく導入できる点が優れています。

Excelベースだからこそ、列の追加や工数管理などがイメージの通りに実現することができるのです。

打刻方法が豊富

建設業やビルメンテナンスなど業界ごとに採用している打刻方法は様々です。

ShiftMAXは豊富な打刻方法があるため、打刻機を設置する場所を限定することもありません。

  • ICカード認証
  • 暗証番号認証
  • 指静脈認証
  • モバイル打刻
  • クリック認証

上記の認証方法に対応しており事務所や店舗などではスペースを使わないICカード、直行直帰が多い現場ではスマホによる打刻など状況に合わせて取り入れることができます。

多様な勤務形態に対応可能

ShiftMAXは、正社員・非正規社員が混在していたり、複雑なシフト体制が組まれていたりする企業に対して特に最適なサービスです。

リモートワーク・24時間勤務・複数回勤務・フレックス勤務などにもしっかりと対応しており、あらゆる給与形態・休日出勤・振替休日申請などが多くても安心です。

紙ベースのタイムカードや勤務予定表から脱却したい企業に特におすすめと言えるでしょう。

サポート体制も充実

ShiftMAXは、サポートも充実しています。

導入前には、エンジニアが訪問し、ヒアリングをしてくれるため、自社に最適なシステム設計を提案してくれます。

運用中にも、独自のサポートセンターで疑問点・不明点に対応してくれたり、リモート接続で手助けしてくれたりなど、手厚い展開を行っています。

独自の労務規定があるという会社も安心して運用できるでしょう。

ShiftMAXの料金·価格

ShiftMAXの料金は以下の通りです。

  • 初期費用:20万円
  • 月額料金:3万円〜
  • 基本機能:300円/人

導入段階におけるコンサルティング、デモンストレーションは無料で受けることができ、2022年1月現在通常は5万円のエンジニアによる訪問ヒアリングが無料になるキャンペーンも開催中です。

また、契約人数は10人単位となります。

2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

ShiftMAXの無料トライアルについては公式サイト上で明記がないため問い合わせが必要となります。

ShiftMAXの導入事例·評判

3日かかっていた勤怠管理が1日に

“ホテルは勤怠パターンが多様化するため既存の勤怠管理では対応しきれないことが課題でした。勤怠管理システムの導入を検討する中でExcelの柔軟性を持つShiftMAXを導入することにしました。導入効果は大きく、結論から言えば3日かかっていた勤怠管理がわずか1日でできるようになり大変助かっています。”(富士屋ホテル株式会社様)

作業コストも削減できました

“フィールドセールスを行う社員が多いため、携帯電話を活用した打刻ができるシステムはないかと探していたときにShiftMAXはスマートフォン•携帯電話で打刻ができ現状のフォーマットを変えなくても利用できる点が導入の決め手となりました。勤怠管理が効率化されただけでなくそれに関係していた作業コストも大きく削減でき大変助かっています。”(カシオマーケティングアドバンス株式会社様)

“警備業務に特化した出退勤自動受付システム”の構築で、従来システムからのスムーズな移行が実現。

“これまでも警備員は携帯電話を使った音声認証による勤怠管理を行っていたせいか、新たなしくみを違和感なく使うことができています。ShiftMAXでは音声ではなく携帯電話を使った番号入力なので、認証ミスも減りました。また、管制側でも、これまで同様の画面に構築してもらえたおかげで、スムーズに操作できるようになっています。またこれまではガチガチのシステムだったのでデータ変更は難しかったのですが、今では管理者権限でデータ変更なども柔軟に行えるようにした点も好評価です。”(セコムジャスティック株式会社様)

受注から一貫したシステムで、コスト削減とサービス品質の向上へ。

“ShiftMAXの導入で、警備員の手配・配置とその確認にかかる時間を、劇的に減らすことができました。

また、ShiftMAXでは警備員が携帯電話を使って簡単な操作をすることで上番・下番報告が可能となりました。しかもそれは、クラウド上でリアルタイムに一元管理されているので、管制のPC上からも即時把握することができます。”(株式会社ライフ・セキュリティー・サービス様)

この製品に関連する動画を紹介

ShiftMAXで勤怠管理の効率化を

ShiftMAXについてご紹介させていただきました。

  • 現場作業の多い業界に特化した機能編成
  • エクセルライクな操作性

上記の点から、フィールドセールスや現場での作業が多い業界の企業におすすめと言えるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:ShiftMAX公式サイト

    その他の関連する記事

    これは 勤怠管理 の製品です。
    勤怠管理 の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    社員が自身で勤務日程を管理できるようになった。

    良い点

    WEB上で簡単に出勤・退勤・お休みの申請ができ、自分の勤務日程を簡単に管理できるようになった。

    改善点

    出勤の打刻がたまにエラーになることがあった。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    ウェブ上で出勤・退勤の申請をできるようにしたい企業におすすめ。過去の勤務の確認も簡単にできるようになった。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • 勤怠管理

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: freee勤怠管理Plus

        (4.5)

        月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

               

        多彩な打刻方法が導入できる

        freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

        わかりやすい画面で管理・修正が可能

        freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

        勤怠状況を一覧で確認

        管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

        類似サービス: KING OF TIME

        (4.5)

                 
        月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間3営業日〜

        KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

               

        豊富な打刻手段

        KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

        給与計算も効率化

        KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

        いつでも最新の状態で利用できる

        働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載