LINE@(LINE公式アカウント)料金・評判・特徴・機能について

更新日:

    LINEは、日本全国でもっとも普及しているコミュニケーションアプリです。

    2020年3月時点の調査では、アクティブユーザー数が8400万人を超えています。
    これは日本の人口の67%、実に7割近い人々が、日常的に使用している計算になります。

    この膨大な数のユーザーに向け、企業が情報発信できるツールがあります。

    それが、LINE@(LINE公式アカウント)です。

    本記事では、LINE@(LINE公式アカウント)の特徴や使い方、料金についてわかりやすく解説します。

    LINE@(LINE公式アカウント)とは?初心者にもわかりやすく解説

    LINE@(LINE公式アカウント)は、店舗や企業が運営するビジネス用のアカウントのことです。

    LINE@(LINE公式アカウント)をもつ店舗や企業が、一般ユーザーと「友だち」になることで、セールや新商品など、お得な情報を発信できるサービスです。

    スマートフォン普及以前の販促活動は、メールマガジンが主流でした。
    しかし、迷惑メールに弾かれたり、受信ボックス内で埋もれたりと、開封率に難がありました。

    LINE@(LINE公式アカウント)は、顧客のスマートフォンにプッシュ通知でメッセージを送信できるため、100%の到達率を誇ります。

    また、文字だけの情報と違い画像や動画も配信できるため、届けられる情報量が多く、配信効果の分析もできます。

    販促ツールとして優れた機能が満載で、集客や販促に絶大な威力を発揮するツールとして、利用する企業が急増しています。

    以前は、「LINE@」と「LINE公式アカウント」は別のサービスプランとして運用されていましたが、2019年に「LINE公式アカウント」に一本化されています。
    本記事では、旧名称に馴染みがある読者に向け、同サービスを「LINE@(LINE公式アカウント)」と表記します。

    おすすめの類似LINEマーケティングツール

    LINE公式アカウント運用の自動化を実現: LOYCUS(ロイカス)

    (4.5)

    月額費用22,000円〜無料お試しあり
    初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

    LINE公式アカウント活用を促進し、最適な友だちへ、最適なメッセージを、最適なタイミングで配信できます。 配信・返信などの運用業務から友だちのデータ蓄積まで全部自動化でき、業務負荷を減らしながらマーケティング効果を最大化。

    LINE公式アカウント運用の自動化ができる

    LOYCUSを利用することで、LINE公式アカウントを活用しての配信やお問い合わせに対する返信を自動化することができます。 また、LOYCUSを利用すれば、友だち情報も自動で蓄積することができ、データの活用でより配信効果を高めることができる点も特徴的です。

    セグメント配信で効果を最大化

    LOYCUSでは、LINE公式アカウントの運用を自動化することで、友だちデータを蓄積することができ、蓄積したデータを元にセグメント化して最適なターゲットに対して、最適なタイミングで配信をすることが可能です。

    配信効果が可視化できる

    LOYCUSは、友だち追加経路の分析、配信したメッセージに含まれるURLのクリック、ブロック率など配信効果の詳細な分析ができます。 ダッシュボードが見やすく、1つの画面で様々な情報をリアルタイムで把握できるため、ただメッセージを送って終わりではなく、よりメッセージの効果を高めることが可能になります。

    LINEで本格的なマーケティングを: MicoCloud

    (4.5)

    月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ導入期間最短翌日

    MicoCloud(旧:Aura)はLINEを使って煩雑になりがちな顧客管理やマーケティングを効率化し、数字の最適化を実現するサービスです。

    情報の自動取得と顧客管理が可能

    行動履歴や、アンケート、トークログを自動で取得することができます。データの出力や外部ツールとの連携も可能で顧客管理も簡単。

    顧客属性に合わせた最適な情報提供が可能

    MicoCloud(旧:Aura)を使って自動で取得した顧客情報を元にユーザーを分類。各セグメントに合わせた配信を行うことで開封率と反応率を最大化できます。

    botで情報回収や質問対応が可能

    顧客へのヒアリングや会話の自動化をbotで実現することが出来ます。回答内容や傾向を可視化しPDCAを回せます。

    LINEアカウントの運用を自動化: DMMチャットブースト

    (4.5)

    月額費用30,000円〜無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ最短導入期間2週間程度

    LINE公式アカウントの運用で課題を抱える企業をサポートし、自社サービスの顧客対応を加速化、自動化されたアカウントによって顧客満足度や売上の向上、リピーターの獲得を実現します。

    24時間顧客対応が可能に

    チャットブーストは、LINE公式アカウントの運用を自動化させることができるため、アカウント運用の担当者がこれまで多くの時間を割いていたアカウント管理を効率化することが可能となります。

    顧客一人ひとりに最適化されたアプローチを実現

    LINE公式アカウントをそのまま運用している場合、顧客一人ひとりに最適化されたメッセージ配信を実現することは難しいです。 チャットブーストでは、顧客とのコミュニケーションを通して、様々な情報を自動で収集して一元管理することができます。

    メッセージ配信後の計測·分析が可能

    ただメッセージを配信しているだけではPDCAが回せず、効果的な配信は実現できません。 チャットブーストにはメッセージ配信ごとの顧客の反応を計測·分析する機能が搭載されています。 LINEはメールなどと違い、すぐに反応が現れるツールであるため、施策の改善もスピード感を持って行うことができます。そのため、都度検証を行い改善していくことで、アプローチの効果を向上させることができるようになります。

     

    おすすめのLINEマーケティングの製品資料もついてくる

       資料ダウンロード

    LINE@(LINE公式アカウント)の機能について

    LINE@(LINE公式アカウント)は、販促ツールとして優れた機能をもっています。
    主な機能を紹介します。

    メッセージ配信

    友だち登録してくれたユーザーに対し、メッセージを配信する機能です。

    テキストだけでなく、スタンプや画像、動画メッセージなど、多彩な表現で販促情報をユーザーに届けることができます。

    ひとつのメッセージ配信につき、3つの種別を同時に選択できるため、目を引きやすい広告配信が可能になります。

    チャット

    友だちになってくれたユーザーのうち、トークやスタンプで返信があったユーザーと、個別にチャットで会話ができる機能です。

    ユーザーには、気軽に相談や質問ができるメリットがあります。

    しかし、運営側は個別の対応が必要となるため、対応コストがかかる点には注意が必要です。

    自動応答メッセージ

    ユーザーからの個別メッセージに対し、自動で応答するのがこの機能です。

    個別メッセージに対する、対応コストが削減できます。

    ユーザーからのメッセージに対し、事前登録した定型メッセージを返信したり、特定のキーワードをAIが判別して、対応したメッセージを返信したりと機能が充実しています。

    クーポン・抽選

    ユーザーに向け、お得な割引クーポンや魅力ある抽選を配信できます。

    友だち登録のお礼に特典を配信すれば、魅力的な特典であるほど登録数は伸びるでしょう。

    セールや新商品発売時に配信すれば、来店意欲や購買動機を高められます。

    また、定期的なクーポン配信により、ブロックされることを防ぎ、会員登録の維持につながります。

    ショップカード

    来店やサービスの利用、商品の購入により、デジタルスタンプを付与できる機能です。

    例えば、「5回の来店でソフトドリンク1杯無料クーポン進呈」といった使い方がイメージしやすいでしょう。

    分析機能

    日々の友だち追加数やブロック数などの数値を確認できます。

    配信メッセージに対するインプレッション数や、顧客の属性情報(性別・年齢・地域)、友だち追加経路データまで参照することが可能です。

    LINE@(LINE公式アカウント)の作り方・始め方

    LINE@(LINE公式アカウント)の作成は、LINE公式アカウントの開設ページにアクセスし、必要事項を登録すれば、簡単にアカウントを作成できます。

    LINE@(LINE公式アカウント)には、「認証済みアカウント」と「未認証アカウント」の2種類があります。

    「認証済みアカウント」を取得するには、LINE社の審査に合格する必要があり、審査には通常10営業日ほどかかります。

    手間はかかりますが取得すれば、認証済みバッジが付与され、アカウントの信頼度が上がります。

    また、LINEアプリ内の検索結果に表示され、発見率や露出が上がるので広告効果が高くなるメリットがあります。

    LINE@(LINE公式アカウント)を利用するメリット・デメリット

    次に、LINE@(LINE公式アカウント)を利用するメリットとデメリットを解説します。

    メリット

    高い広告効果が大きなメリットです。

    友だち登録してくれたユーザーに「お得情報」を一斉配信できるため、リアルタイムな広告発信が可能になります。

    そのほか、メール販促と比較して到達率や開封率が高い点もメリットとして挙げられます。

    クーポンやショップカードを上手に利用すれば、リピートの獲得も容易に行えるでしょう。

    また、顧客分析にも効果を発揮します。分析機能によりユーザーの属性を把握することで、より精度の高い販促を打てるようになります。

    一定の範囲であれば無料で始められ、効果を確認してから有料プランに移行することもできます。

    デメリット

    LINE@(LINE公式アカウント)で販促を行う際に、最初に苦労するのが友だち登録を増やすことです。

    ユーザーに友だち登録してもらわないことには、情報を発信できません。

    来店客に地道に声掛けをしたり、魅力的な登録特典を用意したりと、導入時にはそれなりの負荷がかかります。

    また、配信数が増えると有料になることや、魅力的な運営を継続しないとユーザーに簡単にブロックされるといったこともあります。

    LINE@(LINE公式アカウント)の料金について

    LINE@(LINE公式アカウント)は、無料で始められ効果を確認してから有料プランに移行するなど、気軽に始められるのが特徴です。

    料金プランは以下の3種類となっています。

    フリープラン

    ・月額固定費無料
    ・無料メッセージ通数1000通
    ・追加メッセージ不可

    月額固定費と1000通までの料金が無料なので、気軽に始められます。

    ライトプラン

    ・月額固定費5000円
    ・無料メッセージ通数15,000通
    ・追加メッセージ5円

    有料プランですが、月額固定費の5000円だけで15,000通のメッセージが利用できます。
    友だち登録が増えてきた段階で、送付メッセージの通数を確認しながら、このプランに移行すると良いでしょう。

    スタンダードプラン

    ・月額固定費15,000円
    ・無料メッセージ通数45,000通
    ・追加メッセージ3円

    友だち登録数が順調に伸び、LINE@(LINE公式アカウント)の運用が軌道に乗った段階で移行すると良いでしょう。

    この段階であれば、広告効果が実績として現れ、販促ツールとして十分な効果が実感できているでしょう。

    まとめ

    LINE@(LINE公式アカウント)は、無料で始めることができ、さまざまな販促効果が見込める有用なツールです。

    利用する店舗や企業も増えており、小売店や飲食店、通販サイトなどでは必須の販促アイテムとなるのではないでしょうか。

    導入初期は負荷がかかりますが、それを乗り越えれば大きな成果につながります。導入を検討してみてはいかがでしょうか。

      • qeee枠【LINEマーケティング】

        LINEで本格的なマーケティングを: MicoCloud

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入期間最短翌日

        MicoCloud(旧:Aura)はLINEを使って煩雑になりがちな顧客管理やマーケティングを効率化し、数字の最適化を実現するサービスです。

        情報の自動取得と顧客管理が可能

        行動履歴や、アンケート、トークログを自動で取得することができます。データの出力や外部ツールとの連携も可能で顧客管理も簡単。

        顧客属性に合わせた最適な情報提供が可能

        MicoCloud(旧:Aura)を使って自動で取得した顧客情報を元にユーザーを分類。各セグメントに合わせた配信を行うことで開封率と反応率を最大化できます。

        botで情報回収や質問対応が可能

        顧客へのヒアリングや会話の自動化をbotで実現することが出来ます。回答内容や傾向を可視化しPDCAを回せます。

        LINE公式アカウント運用の自動化を実現: LOYCUS(ロイカス)

        (4.5)

        月額費用22,000円〜無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        LINE公式アカウント活用を促進し、最適な友だちへ、最適なメッセージを、最適なタイミングで配信できます。 配信・返信などの運用業務から友だちのデータ蓄積まで全部自動化でき、業務負荷を減らしながらマーケティング効果を最大化。

        LINE公式アカウント運用の自動化ができる

        LOYCUSを利用することで、LINE公式アカウントを活用しての配信やお問い合わせに対する返信を自動化することができます。 また、LOYCUSを利用すれば、友だち情報も自動で蓄積することができ、データの活用でより配信効果を高めることができる点も特徴的です。

        セグメント配信で効果を最大化

        LOYCUSでは、LINE公式アカウントの運用を自動化することで、友だちデータを蓄積することができ、蓄積したデータを元にセグメント化して最適なターゲットに対して、最適なタイミングで配信をすることが可能です。

        配信効果が可視化できる

        LOYCUSは、友だち追加経路の分析、配信したメッセージに含まれるURLのクリック、ブロック率など配信効果の詳細な分析ができます。 ダッシュボードが見やすく、1つの画面で様々な情報をリアルタイムで把握できるため、ただメッセージを送って終わりではなく、よりメッセージの効果を高めることが可能になります。

        LINEアカウントの運用を自動化: DMMチャットブースト

        (4.5)

        月額費用30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間2週間程度

        LINE公式アカウントの運用で課題を抱える企業をサポートし、自社サービスの顧客対応を加速化、自動化されたアカウントによって顧客満足度や売上の向上、リピーターの獲得を実現します。

        24時間顧客対応が可能に

        チャットブーストは、LINE公式アカウントの運用を自動化させることができるため、アカウント運用の担当者がこれまで多くの時間を割いていたアカウント管理を効率化することが可能となります。

        顧客一人ひとりに最適化されたアプローチを実現

        LINE公式アカウントをそのまま運用している場合、顧客一人ひとりに最適化されたメッセージ配信を実現することは難しいです。 チャットブーストでは、顧客とのコミュニケーションを通して、様々な情報を自動で収集して一元管理することができます。

        メッセージ配信後の計測·分析が可能

        ただメッセージを配信しているだけではPDCAが回せず、効果的な配信は実現できません。 チャットブーストにはメッセージ配信ごとの顧客の反応を計測·分析する機能が搭載されています。 LINEはメールなどと違い、すぐに反応が現れるツールであるため、施策の改善もスピード感を持って行うことができます。そのため、都度検証を行い改善していくことで、アプローチの効果を向上させることができるようになります。

        LINE誘導で離脱防止が可能に: Penglue(ペングル)

        (4.5)

        月額費用0円無料お試しなし
        初期費用0円月の請求上限額50万円

        Penglueはポップアップ・バナーでユーザーをLINEへ誘導し自動接客を行うことができる成果報酬型マーケティングチャットボットです。

        ポップアップでユーザー離脱を防止

        サイトを離脱しようとするユーザーにはLINEへ誘導するポップアップ·バナーを表示。AIが標準搭載されているので行動解析を行い最適なタイミングで表示させることが可能です。

        LINEで自動接客

        LINE誘導後はチャットボットが自動接客。20年以上の広告運用経験を活かしたシナリオ設計も好評です。

        追客もお任せ

        コンバージョンに至らなかったユーザーに対してはプッシュ通知を活用した追客が可能です。コンバージョン済みユーザーの除外もできるので不要な通知を送ってしまう心配もありません。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載