My Redmineの料金・評判・口コミについて

月額費用
8,000円〜
初期費用
要お問合せ
無料お試し
翌月末まで
導入社数
非公開

プロジェクトの進捗管理を見える化することや社員同士で情報共有をしやすくするために、専用の管理ツールを利用する企業が増えてきました。
本記事で、人気のプロジェクト管理ツールのMy Redmineについて取り上げて、特徴や価格などをご紹介いたします。

My Redmineとは

My Redmine(マイレッドマイン)は、ファーエンドテクノロジー株式会社が提供しているクラウド型のプロジェクト管理サービスです。
オープンソースソフトウェアのRedmineをベースとしているのが特徴で、900社以上企業が利用しています。

類似サービス: Shachihata Cloud

(0)

月額費用110円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

My Redmineの特徴·機能

My Redmineは、プロジェクトの進捗状況や課題などの管理に役立つ機能がいろいろ搭載されており、クラウド上で利用することができます。
主な特徴や機能については以下の通りです。

複数のプロジェクトでも管理しやすい

My Redmineは、プロジェクト管理機能が充実しているのが特徴です。
ガントチャート、カレンダー、ロードマップなどさまざまな形式で表示が可能なので、複数のプロジェクトの管理も簡単に行うことができます。

新たにチケットパネルを搭載

新機能として、チケットパネルが搭載されています。
この機能を使うと、カード形式で複数のタスクを一覧表示できるので、進捗状況や予定などが一目で把握しやすくなります。

サーバー不要で導入できる

My Redmineは、クラウド型のサービスなので、導入の際に専用サーバーは不要です。
導入自体も簡単に行うことができ、維持費用や管理の手間もかかりません。

スマートフォンやタブレットでも利用できる

マルチデバイス対応で、スマートフォンやタブレットでも利用可能な点も、My Redmineの特徴です。
社内ではパソコン、社外ではスマートフォンといった使い方ができるので、リモートワークにも最適です。

My Redmineのガントチャート機能について

ガントチャート機能を標準で搭載

My Redmineでは、ガントチャート機能を標準で搭載しています。

また、ガントチャートをより効率的に利用するためのプラグインも提供されており、より高度な運用を希望する方にもおすすめです。

ガントチャートでできること

ガントチャートは、プロジェクトのスケジュール管理に優れており、プロジェクトの開始から終了までのスケジュールを可視化することができます。

プロジェクトの進捗に遅れがある場合は、バーの色が変化して表示されるため、迅速な対応が可能となります。

長期のプロジェクトでも、全体をひとつの画面で表示し、見たい期間を絞って表示させることも可能です。

タスクを登録して、担当者や作業内容をチャートから表示させることもできるため、プロジェクト管理を効率化することができます。

My RedmineにWikiを追加できる?

Wiki機能を標準で搭載

My Redmineには、Wiki機能が標準で搭載されており、プロジェクトごとにWikiを追加することができます。

プロジェクトメニューのWikiをクリックし、内容を登録し保存してWikiを作成します。

ナレッジ共有が可能に

My RedmineのWiki機能を活用することで、ナレッジを社内に蓄積することができます。

プロジェクト管理のための社内ルールや管理方法などをWikiにまとめることで、効率的にナレッジを蓄積することが可能となります。

My Redmineの強み

My Redmineの強みは、オープンソースソフトウェアのRedmineがベースとなっているため、カスタマイズがしやすいことです。
画面レイアウト変更などのプラグインもいろいろとありますし、SubversionやGitなどと連携させることもできます。
また、Redmineは無償提供されているソフトウェアなので、解約した後に余計なコストをかけずに、データを移行しやすい点もMy Redmineの強みです。

My Redmineの価格·料金プラン

My Redmineの料金プランは、 スタンダード(S)プラン、ミディアム(M)プランの2種類があります。
スタンダード(S)プランの月額料金は8,000円、ミディアム(M)プランの月額料金は14,000円です。
どちらのプランも初期費用はかかりません。
料金の詳細はMy Redmine公式サイトで確認できます。

2020年10月現在/詳細は公式サイトを確認

My Redmineの注意点

My Redmineの注意点は、多機能でカスタマイズも可能であるため、慣れるまでに時間がかかりやすいことです。
ただし、UI自体は非常にシンプルなので、慣れてしまえば直感的に扱えるようになります。

My Redmineのプラグインについて

UI Extension

UI Extensionは、UIを拡張することができるプラグインです。

UI Extensionをインストールすることで、以下の機能が拡張されます。

  • 画像やPDFといった添付ファイルを画面遷移なしでプレビュー表示
  • テキスト入力でのフローチャートなどの図を描画
  • セレクトボックスでキーワード検索し、選択肢を絞り込み表示
  • ロードマップ画面でバージョンごとにバーンダウンチャート表示

IPアドレスフィルター

IPアドレスフィルターは、IPアドレスによるアクセス制限を利用企業自身で設定することができます。

管理画面からIPアドレスを登録し設定することで、アクセス制限が即時反映されます。

スタンダード・ミディアムプランでは、最大100アドレスまで、エンタープライズプランでは、200アドレスまで登録することができます。

My Redmineの導入事例·評判

離れた拠点の進捗がわかりやすくなった

“離れた拠点の開発状況把握のためにMy Redmineを導入しました。メンバーのタスクの開始から終了までを把握できるようになり、トラブルも起こりにくくなったので助かっています。”(アーティサン株式会社様)

Excelから脱却でき管理が楽になった

“今まではExcelを使っていましたが、My Redmineを導入したことで、メールのやりとりが減り、進捗管理がしやすくなりました。”(アルコニックス株式会社様)

類似サービスとの比較

My Redmineと類似したサービスとしては、Backlogがあります。
Backlogは、株式会社ヌーラボが提供しているプロジェクト管理ツールです。
My Redmineと同様に、タスク管理やファイル管理など便利機能が搭載されており、マーケティングや開発などさまざまな場面で利用されています。
300種類以上のキャラクターアイコンも用意されており、表示がわかりやすいのがBacklogの特徴です。
Backlogの料金プランは数種類ありますが、一番人気のプレミアムプランは月額19,800円で利用できます。
My Redmineのスタンダード(S)プランの月額料金は8,000円なので、両者を月額料金だけで比較すると、My Redmineのほうが月額料金を安く抑えることができます。

この製品に関連する動画を紹介

My Redmineでプロジェクト管理の効率的を

クラウドで利用できるプロジェクト管理サービスのMy Redmine。
多機能で使いやすいMy Redmineを導入すれば今までより効率的にプロジェクトの管理、離れた場所にいるメンバーの進捗管理が可能となりますので是非導入を検討してみてください。

画像·データ出典:My Redmine公式サイト

My Redmineの評判・口コミ

(4)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

My Redmineの良い評判・口コミ

・タスクごとに進捗状況が確認できる。
・格安で利用できる。
・サポートが充実している。

My Redmineのその他の評判・口コミ

・操作が少し難しい。
・案件のステータスに合わせて色分けができると嬉しい。
・ガントチャートが作りづらい。

My Redmineを導入した結果に関する評判・口コミ

・複数のタスクを同時に進行でき、見落としがなくなった。
・細かく分かれたタスクに優先順位を付けたり担当者の割り振りがしやすい。
・タスク管理をチケットごとに行うことができ、チケットを更新するたびに進捗履歴に残せるので工数削減に繋がった。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載