Taskworld(タスクワールド)の料金・評判・口コミについて

月額費用
1,050円〜
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
非公開

日々の業務をいかに効率良く行うかは、企業にとって大きな課題です。
それを解消するためにタスク管理ツールを導入する企業も少なくありませんが、使いやすいものを選ぶことがポイントになります。無料サービスを含め、さまざまなタスク管理ツールがありますが、どれを選べば良いのでしょうか。
ここではタスク管理ツールとして人気が定着している、Taskworld(タスクワールド)についてご紹介します。
タスクワールドの特徴や料金、強みなどについてわかりやすく解説しますので、ツール選びの参考にしてください。

タスクワールドとは

タスクワールドは、タスク管理とプロジェクト管理に特化したツールです。
日常的に発生するさまざまな業務を総合的に管理できるツールとして人気があり、社内·テレワーク両方で活躍します。

類似サービス: Shachihata Cloud

(0)

月額費用110円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。


タスクワールドの特徴·機能

タスクワールドにはどんな特徴や機能が備わっているのでしょうか。
タスクワールドの特徴や機能をチェックすると、人気の秘密が見えてきます。

タスク管理が視覚化できて作業が円滑に

タスクワールドには、「タスク管理」「アナリティクス」「プロジェクト管理」「コミュニケーション」「セキュリティ」などの複数の機能が搭載されています。
タスク管理画面では、搭載されている機能ごとにタスクの管理をしますが、ドラッグ&ドロップ操作できるなど管理しやすいように視覚化され見やすいという特徴があります。
機能が充実していても、管理がスムーズにできなければ意味がありません。タスクワールドは直感的に操作できるよう管理画面が工夫されていますので、使いやすい総合型タスク管理ツールといえます。

チャット機能でプロジェクトの進行を後押し

タスクワールドには、ファイルや情報の共有だけでなくチャット機能も搭載しています。
プロジェクトについてチャットで話し合えるほか、プライベートやグループごとのチャットも可能などさまざまなパターンでほかのスタッフとコンタクトが取れます。充実したタスクワールドのチャット機能は、社内SNSの代わりにもなり得るのです。
チャットの活用によって確認したいことがその場でできるだけでなく、メールを送信する回数も減らすことにつながります。

タスク管理·プロジェクト管理向けのユニークな機能が満載

タスクワールドには、タスク管理やプロジェクト管理を円滑に進めるための、ユニークな機能が充実しています。
たとえば「ガントチャート」は、プロジェクトの期限やT0D0タスクの期限を設定し、視覚化する機能です。
Chrome拡張機能を利用することで使える機能ですが、タスクの期限を目で追えるためチームをマネジメントするときに役に立ちます。

タスクワールドカレンダー

タスクワールドカレンダー機能を利用することで全てのタスクをカレンダーに表示することが可能になります。

日付をクリックすることで直接タスクを作成することが可能で、ドラッグ&ドロッグの直感的操作で期日の変更もできるので操作性に非常に優れています。

タスクワールドカレンダーはGoogleカレンダー、Outlook、Mac OS Xとも同期が可能です。

スマホアプリについて

タスクワールドにはiOS、Androidに対応したスマホアプリもあります。

外出先からタスクの確認、チャット機能、ファイル整理機能を使うことで場所にとらわれず業務を効率化することができます。

  • ビジュアルボード
  • チームメッセージング
  • ファイル管理
  • インタラクティブダッシュボード
  • プッシュ通知
  • Webアプリとのリアルタイム同期

などの機能を利用することが可能です。

タスクワールドの強み

タスクワールドの強みは、タスク管理に便利な機能が充実している点です。
プロジェクトを進めるには、チームを組んでさまざまな作業をこなしチーム内で定期的に確認する必要がありますが、タスクワールドの機能は細かな作業にも対応しています。
作業ごとにツールを導入すると、使い分けが面倒になったり混乱したりするおそれがありますが、タスクワールドについてはそうした心配は無用です。

タスクワールドの価格·料金プラン

プラン名プロフェッショナルビジネスエンタープライズ
月額料金(年払い)1,050円/ライセンス2,300円/ライセンスカスタム価格
最小ライセンス数2225
プロジェクト数上限100250無制限
チャット機能
ゲスト数上限050無制限
ワークスペース数11無制限
添付ファイルサイズ上限100MB350MB350MB
ストレージ容量100GB1TB無制限

 

タスクワールドには「プロフェッショナル」「ビジネス」「エンタープライズ」と3つの有料プランがあります。
年払いの場合、プロフェッショナルは1ライセンスにつき月額1,050円、ビジネスは1ライセンスにつき月額2,300円で利用可能です。
エンタープライズは、カスタム価格となりますので、詳細は要問い合わせです。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

タスクワールドでは全機能を無料で30日間利用することが可能なトライアルを提供しています。

公式サイトからGoogleアカウントで登録するかメールアドレスを入力することでアカウントの作成ができます。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

タスクワールドの注意点

タスクワールドには、無料プランがなくすべて有料での利用になります。
タスク管理ツールの中には、無料で利用可能なものもあるため、コスト面からすると敷居が高くなります。
しかしプロフェッショナル·プランとビジネス·プランには、30日間の無料トライアルが設定されていますので、試してみたい場合はトライアルから入るというのも良いでしょう。

タスクワールドの口コミ·利用企業からの評判

タスク管理が効率化できました

“これまで複数のタスク管理ツールを試してきて、たどり着いたのがタスクワールドでした。効果的に作業の整理が行えるほか、タスクごとに管理できる点に利便性を感じています。使い勝手も良く、過去の作業について振り返りやすいという点も業務改善に役立ちます。”(株式会社オロパス様)

SNSでの評判·口コミ

類似サービスとの比較

タスクワールドの類似サービスに、wrike(ライク)とTrello(トレロ)があります。
どちらのサービスも無料プランがあり、ある程度の機能まで無料で利用可能です。
Trelloとタスクワールドにはスケジュール管理はあるけれど、wrikeには搭載されていないなど、細かな機能別に違いがあります。
Trelloは世界中にユーザーを抱える人気ツールで、利便性が高いことで知られています。しかしタスクワールドはTrelloが持たない機能(ガントチャートなど)が多くあるため、Trelloでは得られない利便性を感じられるでしょう。

Taskworld(タスクワールド)を含む「プロジェクト管理ツール」を比較

この製品に関連する動画を紹介

タスクワールドでタスク管理やプロジェクト管理の効率化を

タスクやプロジェクトを総合的に管理するために誕生したタスクワールド。
視覚的に優れ、状況に合わせて柔軟に対応できるタスクワールドなら、複雑なプロジェクトもスムーズに進められるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

画像·データ出典:タスクワールド公式サイト

タスクワールドの評判・口コミ

(4)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

タスクワールドの良い評判・口コミ

・直感的に操作できる。
・メンバーの登録や削除が簡単にできる。
・チームを超えてのタスク管理がしやすい。

タスクワールドのその他の評判・口コミ

・連携できるアプリを増やしてほしい。
・ガントチャートが使いづらい。
・タスクの表示設定が見にくいので変更できると嬉しい。

タスクワールドを導入した結果に関する評判・口コミ

・プロジェクトごとでタスク管理ができるので、進捗状況が分かりやすく、業務効率化に繋がった。
・導入後はプロジェクト進捗や共有がしやすくなった。
・社内のシステム部門とのやり取りを一元化でき、工数削減することができた。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載