JobSuite(ジョブスイート)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

最終更新日 

近年、人材の募集はネット媒体が中心になっていますが、自社サイトをはじめ、各種求人サイトを利用するなどチャネルが増え、応募者のとりまとめや管理、選考が煩雑になるケースも少なくありません。
採用担当者の業務を軽減し、採用の効率化を図るツールを導入する企業が増えています。
その1つであるJobSuite(ジョブスイート)の特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

JobSuiteとは

JobSuiteは中途採用業務の効率化を図るための機能が搭載された採用管理システムで、求人募集から応募受付、選考の進捗管理業務を効率化することができます。
個人情報を扱う採用業務における安全性も担保されたツールです。

JobSuiteの特徴·機能

JobSuiteの特徴と主な機能を見ていきましょう。

求人募集をスマートに

自社ホームページの募集情報ページをスピーディーに更新できるようになり、エントリーフォームを簡単に設置して、応募受付時の手間を軽減できます。
人材紹介会社などの各エージェントへの紹介依頼も簡単に行えるようになります。

応募者の受付業務の効率化

エントリーフォームを使った応募受付から完了メールの返信、進捗管理表への転記までを自動処理が可能です。
エージェントからの応募受付も自動化できます。
多様なルートからの応募を自動で処理することで、迅速かつ確実な処理ができるようになるのがメリットです。

選考に関わる連絡業務をスピードアップ

専用フォームを用いた情報の回覧·回収機能が搭載されており、合否判定の結果通知や面接希望日時の調整もスムーズになります。
メール送信作業をシステムがフォローしてくれるため、送信ミスのリスクがなくなり、選考結果の連絡を迅速に行えるようになるのです。

JobSuiteの強み

インターネットを通じた求人採用を行ううえで不安になるのは、応募者情報の漏洩など個人情報の流出です。
JobSuiteを利用することで応募者の個人情報を外部の安全な環境で一元管理できるようになり、人為的なミスによる情報漏洩リスクを軽減できます。
JobSuiteは1998年のサービス提供以来、個人情報の漏洩事件や事故は一度も起こしていません。

JobSuiteの価格·料金プラン

公式サイトに料金の掲載はありませんが、各企業の採用ボリュームに応じたプランが用意されます。
プランは企業のニーズによって提案されるため、詳細な料金については要問い合わせです。
2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

JobSuiteの注意点

新しいサービスを導入する場合、事前に無償でお試しができると便利です。
この点、JobSuiteでは気軽にトライできる無償の利用期間はありません。
事前に試したい際にはJobSuiteに問い合わせ、営業担当者によるコンサルテーションを受け、デモンストレーションで確認することが必要です。
そのうえで、継続的に検討するのに必要があれば、試用アカウントが一定期間貸し出される仕組みとなっているため注意しましょう。

JobSuiteの口コミ·利用企業からの評判

簡単に応募フォームを作成できた

“自社の採用ページにエントリーフォームを設置することを一番の目的にJobSuiteを導入しました。HTMLの知識がまったくない担当者でも、簡単にフォームを作って設置することができ、助かっています。”(某コンサルティング会社様)

エージェントとのやり取りが楽に

“複数のエージェントと契約していますが、新規求人の公開や選考結果の連絡など、エージェントとの各種連絡が、JobSuiteのおかげで効率良く行えるようになりました。”(某医療機器メーカー様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるTalentCloudは候補者をタレントプールできる機能を備え、アクセストラッキングを通じて候補者の興味や関心度をスコアリングできます。
企業は候補者と最適なタイミングで個別にコミュニケーションが取れ、自社にマッチする人材を効率的に採用できます。
費用は登録人数200名で月額2万円~、登録人数5,000名までで月額10万円~で初期費用はかかりません。
JobSuiteはTalentCloudのような選考を直接サポートする機能は搭載されていません。
その代わりとして、採用活動の状況や成果を一目で把握できる機能が利用できます。
クロス集計機能で、これまでの採用活動成果の数値が一目で把握でき、募集職種状況分析機能で、採用活動が順調に進んでいるかを視覚的に捉えることが可能です。
費用は1法人あたり月額5万円~で企業ごとにプランが提案されます。

TalentCloud(タレントクラウド)の料金·評判·機能について。月額2万円から使える?

JobSuiteで採用業務の生産性アップを

JobSuite応募の受付から書類選考や面接、内定通知という一連の採用業務を効率化することで、企業が人を選ぶことに集中できる環境を整えてくれます。
セキュリティ対策の外部化により、セキュリティの維持·管理にかかるコストを低減し、安全に採用業務の生産性を向上できるのが魅力です。

画像·データ出典:JobSuite公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載