TalentCloud(タレントクラウド)の料金·評判·機能について。月額2万円から使える?

最終更新日 

少子化に伴う人材難の時代に自社にマッチする有能な人材をいかにスムーズに採用するかは、多くの企業の悩みです。
採用コストを抑えて有能な人材を確保するために、採用管理システムを導入する企業が増えてきました。
その1つであるTalentCloud(タレントクラウド)の特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

TalentCloudとは

TalentCloudは採用候補者のデータを蓄積し、システム上で候補者の転職意向や興味度などの数値化を図り、最適なタイミングでオファーができる機能を備えています。
マッチング精度を高めることで採用コストを削減する、タレントプール特化型の画期的な採用管理システムです。

TalentCloudの特徴·機能

TalentCloudの特徴と機能を見ていきましょう。

採用ブランディング

採用サイトやブログを簡単に作成できます。
求職者の入社意向を向上させるサイトを自社で作成できるようになり、外注コストの軽減が可能です。

タレントプールを楽々形成

簡単なUIで候補者を登録できます。
CSVでの一括登録も可能です。
採用サイトにタレントプールの登録フォームを設けることや招待メールを送る機能も搭載され、候補者自身にユーザー登録をしてもらえるため、自社に興味を持つ人材のタレントプールを簡単に構築できます。

候補者トラッキング

タレントプールに登録された候補者の興味度や行動を数値化した上で、通知してくれる機能も付いています。
サイトへのアクセス頻度やプロフィールの変更、チャットのやり取りなどを通じて、スコアが上昇していく仕組みです。
スコアの上昇を捉えて、候補者が転職や就職を考えているタイミングを直感的に把握できます。

採用管理

シンプルながらも必要な機能が搭載された採用管理機能も実装しています。
チャットでのコミュニケーションや選考進捗管理、担当者設定、履歴書などPDFファイルのアップロード、他媒体のデータインポート機能やレポート機能などがあります。

TalentCloudの強み

TalentCloudは自社に興味ある人材を簡単に集めてタレントプールを構築できるとともに、候補者をトラッキングできる機能があるのが強みです。
候補者リストを無駄にせず、生き返らせるタレントプールシステムとして有効活用ができます。
応募者をはじめ、イベント参加者や紹介者、サイトにアクセスしてきた人物など採用につながるあらゆる候補者のリストを一本化して、スコアリングし、候補者にとって最適なタイミングでオファーが出せます。

TalentCloudの価格·料金プラン

料金は登録人数200名まで月2万円、登録人数500名まで月5万円、登録人数1,000名まで月8万円、登録人数5,000名まで月10万円です。
以降5,000名ごとに5万円が追加されます。

2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

TalentCloudの注意点

独自ドメインを利用したい場合は、設定費が10万円かかります。
契約期間は1年ごとになるため、数ヶ月程度のお試し利用はできません。
ただし、利用にあたって15日間無料トライアルがあり、無料サポート付きの初期設定後に15日間の無料ベーシックプランの利用ができます。
実質無料の30日間に導入の検討が可能です。

TalentCloudの導入事例·評判

多彩な人材が集まるタレントプールを形成

“正社員の転職だけでなく、副業やインターン·業務委託、起業準備のための仲間作りなど多様な働き方を見据えたタレントプール事業の立ち上げができました。転職だけではなく、多彩な人材の広がりや繋がりが持てるのが魅力的です。”(株式会社インキュベイトファンド様)

チャット機能を活用

“電話や対面が得意でない候補者とチャットでコミュニケーションを取れたことで、最初のやり取りから面接の約束までスムーズで、自社にマッチする人材と巡り会えました。”(株式会社エイシス様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるJobSuite CAREERでは自社ホームページや複数のエージェントを通じて最新の募集状況を簡単に公開できる仕組みが搭載されています。
応募受付後のとりまとめが自動化されるため、人を選ぶ業務に集中できます。
料金プランは初期費用150,000円、月50,000円で最低利用期間3ヶ月です。
これに対してTalentCloudは応募者や候補者をタレントプールでき、選択業務についてもトラッキングによるスコアリングを通じて、最適な人材を最適なタイミングでオファーできるようになっている点で、類似サービスにはない機能が搭載されています。
初期費用なしで月額だけで利用できますが、最低利用期間1年となります。

TalentCloudで採用コストを削減して良質な人材確保を

TalentCloudは自社に興味を持つ候補者のタレントプールを構築でき、トラッキングを利用したスコアリングを通じてマッチング精度を高め、採用コストを軽減してくれます。
導入後の採用候補者の数を従来の10倍、採用コストの削減率70%の実現も可能です。

画像·データ出典:TalentCloud公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部