ReBOTの料金·評判·機能について。採用活動が自動化できる?

最終更新日 

ビッグデータや人工知能(AI)など、最新テクノロジーを活用したHRテクノロジーが注目されています。
最近では大手IT企業において大量の新卒応募者の選別に、AIを使った選考機能が導入され、話題を集めました。
特に新卒採用の分野では、HRテクノロジーを活用した採用の強化と効率化が急速に進んでいくと見込まれています。
その先駆けとなるサービスであるReBOTの特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

ReBOTとは

ReBOTは学習機能を使った労働力ロボットを活用することで、学生と対面する時間を増やして、新卒採用業務を効率化しながら、自社にマッチした人材の確保を支援してくれるツールです。
採用における非コア業務を人の作業に依存せずに効率化できます。

ReBOTの特徴·機能

ReBOTの特徴と機能を見ていきましょう。

各ナビサイトからの取り込み業務を自動化

ルールエンジンと機械学習を活用することで、24時間、365日作業が可能な環境が生み出され、常に複数媒体から最新の応募者データをATSへ取り込んで、管理ができるようになります。
1日複数回の取り込みができるので、ATS内のデータを常に新鮮な状態にキープできます。

エントリー者のスクリーニング作業を自動化

自社サイトや各媒体からのエントリー者のデータを、デジタルで書類選考が可能です。
合格·不合格のフラグチェック作業を自動化することで、書類選考の手間を大幅に削減できます。

説明会·セミナーなどイベント設定を自動化

各媒体やATSへの説明会や面接日程などのイベントスケジュールを、簡単に設定することが可能です。
規定のフォーマットに入力するだけで、各種媒体や各種ATSへのイベント設定を自動で対応できます。

ReBOTの強み

ReBOTを導入することで、採用における非コア業務が自動化·効率化でき、応募者を見極める時間を増やすことも可能となります。人事担当者がコア業務に専念できる体制が作れるのがメリットです。
内定辞退されないよう、面接で学生への動機付けを行うことや自社にマッチした人材か見極めをする時間が増やせます。
人的作業から機械作業に移行することで、リアルタイムで進捗状況が把握できるようになり、状況に応じて対策をスピーディーに打てるようになります。

ReBOTの価格·料金プラン

費用については公開されていないため、詳細な料金については要問い合わせです。
なお、公式サイトの問い合わせフォームより、提案書の作成依頼をはじめ、コンサルタントとの電話相談依頼やコンサルタントへの訪問依頼、詳しいサービス内容の照会や他社の採用事例についての案内を請求することができます。
2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

ReBOTの注意点

費用は問い合わせしないとわかりません。
ロボットを活用した汎用性のある類似サービスがまだ少ないため、相場感がわかりにくいのが弱点です。
導入を検討するにあたっては、まずはReBOTに問い合わせてみることが必要です。

ReBOTの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

類似サービスであるHITO Linkリクルーティングは新卒·中途のあらゆる採用業務を自動化·効率化し、オペレーション業務の削減と採用スピードの向上をサポートする採用管理システムです。
料金は初期費用なし、月額7万円~ですが、契約プランやオプション機能によって異なります。
ReBOTは労働力ロボットを活用して採用業務の自動化と効率化を図りながら、学生との接触時間を増やして自社によりマッチする有能な人材を採用するための新卒採用サポートシステムで、費用は要問い合わせです。

ReBOTで失敗のない新卒採用を

ReBOTを利用することで採用における人による作業が必須ではない業務を自動化、効率化が図れます。
空いた時間を使って学生と対面で動機付けをすることや見極めをする時間を増やすことが可能です。
自社にマッチする人材を採用するとともに、内定辞退につながらないようフォローアップを図ることができますので是非この機会に導入を検討してみてください。

画像·データ出典:ReBOT公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載