• 人事労務管理とは?それぞれの違いと適切な管理方法、気をつけるべきことを解説

    最終更新日 

    人事管理労務管理は企業にとって欠かせない業務ではありますが、それぞれの言葉の意味を正しく理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

    本記事では人事管理と労務管理のそれぞれの説明と、管理する上で注意するべきポイントなどを紹介しますので参考にしてください。

    人事管理と労務管理とは?

    人事管理とは

    • 人に関する業務を行う
    • 人材育成
    • 人材評価
    • 人事異動

    人事管理は従業員個人に対して行う業務が主な対象となります。

    具体的には、採用活動や人事評価、人材育成などから人事異動、配属管理などが挙げられます。

    人事管理が適正に行われることで、企業の成長に必要な人材が効率的に採用できるようになり、従業員一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できる部署で働くことが可能となります。また、人材育成においても効率的な人材育成によって従業員のスキルを成長させることができます。

    労務管理とは

    • 社内環境の整備が目的
    • 福利厚生管理
    • 業務上の安全性の管理
    • 労使関係管理

    人事管理が従業員個人に対して影響を与えるものであるのに対して、労務管理は社内に影響を与える業務と言えます。

    労務管理の内容としては、福利厚生管理や労働環境における安全性の確認、労使関係の管理、労働時間や休暇についての契約内容の管理、賃金や賞与など労働条件に関する施策や制度が当てはまります。

    人事管理も労務管理も従業員を対象とはしていますが、個人を対象としているか、組織全体を対象としているのかに違いがあり、どちらも企業にとって欠かすことのできない業務と言えます。

    人事管理と労務管理の違いについて

    人事管理は従業員個人を対象としているのに対し、労務管理は従業員が働く環境や労働条件を対象としていることが違いとして挙げられます。具体的には以下のような違いがあります。

    業務上の違い

    人事管理は企業にとって最も重要な働き手の管理を行い、適切な配置や教育をもって人材の管理·把握ができるようにします。主な人事管理の業務としては以下のようなものが挙げられます。

    • 人材採用
    • 人事異動管理
    • 人材育成
    • 解雇手続き
    • 人事評価

    労務管理は従業員と企業とが交わしている契約などを管理することで、法律を遵守した働き方、快適な労働環境の実現を目的とした業務です。主な労務管理の内容は以下のものが挙げられます。

    • 従業員の入社·退社手続き
    • 勤怠管理
    • 労働安全衛生管理
    • 給与計算
    • 契約内容の管理
    • 保険の手続き

    それぞれ業務内容は異なりますが、いずれも企業の成長には欠かせない業務で、いずれかが欠けても組織は成り立ちませんので密接な関係にある業務と言えます。

    人事の適切な管理方法と管理する上で気をつけることは?

    人事管理においては、従来の正社員中心の終身雇用型のシステムから大きく変化していることを意識する必要があります。

    働き方改革が提唱され、長時間労働に対する厳しい罰則が課せられるようになったり、セクハラ·パワハラといったハラスメントなどへの対応も人事管理には求められるようになりました。

    少子高齢化に伴う働き手の変化や、新型コロナウイルス対策におけるテレワークなど時代の変化によって生まれる様々な要因に都度対処していく適応力が人事管理には求められます。

    労務の適切な管理方法と管理する上で気をつけることは?

    労務管理も働き方改革や社会情勢の変化によって見直さすべき点が増えてきました。

    従業員が働きやすい環境づくりのために、清潔なオフィスを保ち、風邪などのウイルスが蔓延しないように湿度や温度管理を行うなどの作業環境の改善は常に意識しておく必要があります。

    また、肉体的負担を伴う業務においては適切な人員を配置する、ストレスを緩和できるように休憩室を設置するなどの対応も検討すると良いでしょう。

    いずれもオフィスで働く従業員の立場になって、どうしたらもっと快適に働くことができるかを意識することが重要です。よかれと思ってやったことが、従業員にとってはストレスになってしまったり、あまり効果を感じてもらえないようでは意味がありません。

    人事管理と労務管理の具体例

    人事管理の業務内容

    採用·人材配置

    人事管理の具体例としては、適切な人材を適切な部署に配置することが挙げられます。

    人材不足に悩んでいる部署や、退職予定者が多い部署の状況などを把握して、人材を採用したり既存の人材を異動するなどして人材を確保、その後は人事評価を行い必要があれば別部署に配置する必要があります。

    以前はうまく機能していた組織も、仕事内容や人間関係の変化でうまく回らない可能性もあるので、常に従業員の状態を把握して適切に管理している状態が望まれます。

    人材教育·モチベーション管理

    人事管理の重要な業務として、研修などの人材育成が挙げられます。eラーニングや集合研修を行って従業員に適したスキル研修を行うようにしましょう。

    チームリーダーやマネージャー職であればマネジメント研修を行うことで適切なチーム管理が行えるようになりますし、資格や専門的なスキル研修を行うのも有効です。研修制度がしっかりしていれば、従業員の企業に対するエンゲージメント向上にもつながりますので決して軽視できる業務ではありません。

    また、従業員が業務に対して意欲的に働けるようにモチベーション管理を行うことも重要です。定期的な個人面談や待遇の改善などを行い、従業員の生産性を高めることを意識しましょう。

    労務管理の業務内容

    社内体制の見直しを行う

    労務管理において重要なことは、単純な手続き作業だけでなく、社内環境の適切な把握が求められます。

    従業員の離職率や社内での問題を把握して適切に改善策を講じる必要があります。

    会社における就業規則の見直しも重要で、社内で浸透していないようでは規則を作成した意味がありませんし、浸透していないとしたらどこがわかりにくいのかを調査して改善するようにしなければいけません。

    また、従業員の健康状態を管理するために健康診断を行ったり、社食サービスを導入するなどの福利厚生の充実も労務管理の業務内容に含まれます。

    昨今では、労働時間の管理に対しても厳しい姿勢が求められており、規定時間を超過した残業を行っている企業には罰金や懲役といった重い罰則が課せられるだけでなく、場合によっては厚生労働省により企業名を公表させられてしまう可能性もあるので厳格に管理しなければいけません。

    勤怠管理システムを導入することで、規程時間をオーバーした残業が発生しそうな場合にアラートを受け取れるようになるので、こういったITシステムの導入も検討すると良いでしょう。

    給与計算や保険手続きの見直し

    給与計算や勤怠管理だけでなく、入社手続き、退社手続き、社会保険の加入·脱退手続きなども労務管理に含まれます。

    手続き関連は法律も関係してくるので、常に正確な手続きを行っている必要があり、給与計算も税法が関係してくるだけでなく、従業員の大切な給与に関する業務なのでミスを犯すわけにはいきません。

    これらの業務は正確性が求められる上にタスク量が多いので、勤怠管理システムや給与計算システム、またはそれらをオールインワンで搭載している労務管理システムの導入を行うと効率的に管理することができます。

    おすすめ人事労務管理システム5選

    SmartHR

    特徴

    SmartHRはクラウド型の人事労務管理システムとして高いシェア率を誇っています。

    使いやすい画面で人事労務関連の業務を効率化して、働きやすい環境の構築に貢献してくれることから導入企業からも好評で、従業員数が多い大企業にも対応できる強固なセキュリティを搭載しているサービスです。

    また、30名までであれば無料で利用できるプランも提供されています。

    主な機能

    • 人事情報の管理機能
    • 電子申請に対応
    • 対応手続き
    • 明細発行機能
    • マイナンバー管理機能
    • 外部サービス連携機能
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル15日間無料
    最低利用人数要問い合わせ

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    SmartHRの料金·評判·機能について。年末調整が効率化できる?

    画像·データ出典:SmartHR公式サイト

    ジョブカン労務管理

    特徴

    ジョブカン労務管理は、労務担当者の声を元に開発された人事労務管理システムなので、使いやすい操作画面で労務担当者が欲しかった機能が搭載されていることが特徴です。

    また、従業員数5名までであれば無料で利用できるプランも提供されています。有料プランは5名から利用可能です。

    主な機能

    • マイナンバー管理
    • 帳票作成
    • 年末調整機能
    • アラート通知機能
    • 社内規程ファイル共有
    月額料金400円〜
    初期費用0円
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数5名〜

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    ジョブカン労務管理の料金·評判·機能について。1ユーザー月額400円から利用できる?

    画像·データ出典:ジョブカン労務管理公式サイト

    オフィスステーション

    特徴

    オフィスステーションはクラウド型の労務管理システムで、全ての機能をオールインワンで使うことはもちろん、必要な機能だけを選んで導入することができる利便性の高さが特徴的です。

    年末調整などはもちろん、118種類以上の帳票に対応しているので、幅広い業界の労務管理を効率化してくれます。

    主な機能

    • 電子申請対応
    • 自動データ入力
    • 従業員データ管理
    • 給与データのインポート
    月額料金要見積もり
    初期費用要見積もり
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数1人〜

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    オフィスステーションの料金·評判·機能について。30日間無料お試しができる?

    画像·データ出典:オフィスステーション公式サイト

    jinjer労務

    特徴

    jinjer労務は従業員の入社·退社手続きがワンクリックでできる手軽さで、紙やエクセルでの管理からも解放されることから多くの企業で導入されている実績があります。

    ほとんどの作業をオンライン化できるので、わざわざ役所にいく時間や紙に印刷する時間などをカットして大幅な業務効率化が実現できます。

    主な機能

    • 書類の自動作成
    • Web申請に対応
    • ToDoリスト機能
    • 各種対応手続き
    月額料金300円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数1人〜

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    月額300円から導入できる?jinjer(ジンジャー)の料金・評判・機能について

    画像·データ出典:jinjer労務公式サイト

    人事労務freee

    特徴

    会計ソフトとして有名なfreeeからリリースされている人事労務管理システムです。

    勤怠管理や年末調整機能、マイナンバー管理など労務管理の効率化に必要な機能が豊富に搭載されています。

    主な機能

    • 給与計算
    • オンライン明細発行機能
    • 勤怠管理機能
    • 年末調整機能
    • 従業員管理機能
    • 有給休暇管理機能
    • マイナンバー管理機能
    月額料金1,980円〜
    初期費用0円
    無料トライアルあり
    最低利用人数1人〜

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    人事労務freee(フリー)の料金·評判·機能について。月額1,980円から使える?

    画像·データ出典:人事労務freee公式サイト

    人事労務管理システムの導入が効率化の鍵に

    人事管理や労務管理を効率化することで、従業員が働きやすい環境の構築が実現でき、企業としての生産性も上げることができます。

    難しい法律関連の手続きや、複雑な給与計算·勤怠管理などある程度労務管理の経験がないと難しい業務が多いですが、人事労務管理システムを導入することで、直感的操作で労務管理を効率化することができるので、是非導入を検討してください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部