• Bizer team(バイザーチーム)の料金·評判·機能について。月額1,980円から使える?

    最終更新日 

    日々発生する業務をスムーズに行うため、タスク管理の改善を実施している企業が増えています。
    効率良くタスク管理を行うためには、タスク管理ツールは不可欠な存在ですが、チームワークをアップさせるためのにはどれを選んだら良いのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。
    タスク管理ツールの中でも、チームワークアップ向けのBizer team(バイザーチーム)について、特徴や強み、料金プランなどの点から詳しく説明します。
    タスク管理ツール選びの参考にしてください。

    Bizer teamとは

    Bizer teamは、チームの生産性を上げるために開発されたツールです。
    メンバーとのやり取りが積極的にかつ円滑に進むような機能を搭載し、チームで進めるタスクの効率化を目指します。

    Bizer teamの特徴·機能

    Bizer teamの特徴や機能はいくつかありますが、特に魅力的な3つの特徴についてご紹介します。

    進捗状況がわかりやすい

    チームワークでプロジェクトを進めるうえで最も大切なのが、プロジェクトの進み具合を把握することですが、Bizer teamを使うと、進捗状況がリアルタイムでわかるようになります。
    Bzer teamにはコメントを書き込んだりファイルを添付できたりしますので、チーム内で進捗状況を確認しながら、必要なプロセスの修正も速やかに行えます。

    タスクテンプレートが豊富

    豊富な種類の中から、好みのタスクテンプレートを選んで使えるのも、Bizer teamの魅力です。
    搭載されているタスクテンプレートには、経理向け、IT向けなど分野別にデザインされています。
    タスクテンプレートは繰り返し使え、同じ状況が発生したときに再利用が可能です。
    有給の手続きなど、よく利用される手続きのテンプレートを作成しておくと、手続きが楽になります。
    手続きのために必要な作業内容も確認できるので、作業によるミスを防ぐことも期待できます。

    チェックリストで業務の見える化を促進

    Bizer teamがチームワーク向けのツールと言われるのは、チーム内でプロジェクトの情報が共有しやすいよう業務を見える化する点にあるといえます。
    各メンバー向けにチェックリストを作成することで、作業がひと目でわかるようになります。

    Bizer teamの強み

    Bizer teamの強みは、情報の管理や共有、進捗状況の確認など、チームワークを向上させるための機能が搭載されている点にあります。
    さらに操作が簡単なので、ツールの操作が苦手というメンバーも使いやすく、理想的なチームワークタスク管理ツールといえます。

    Bizer teamの価格·料金プラン

    Bizer teamには「ライト」「ビジネス」「エンタープライズ」と3つのプランがあります。
    それぞれユーザー数やゲストユーザー数、ストレージ、使える機能によってプランが異なります。
    料金は月払いまたは年間払いから選べるのです。
    ライトは1ヶ月あたり2,380円(年払いは1,980円)、ビジネスは3,380円(年間払いは2,980円)、エンタープライズは年払いのみに対応していて、1ヶ月あたり3,780円になります。サポートが付いているのはエンタープライズのみです。
    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Bizer teamの注意点

    Bizer teamの利便性については個人差があります。
    たとえば操作しづらい部分がある場合やタスク管理機能はテキストでしか確認できない点が挙げられますのでビジュアル的に把握したいという方には物足りないと感じる場合もあります。

    Bizer teamの口コミ·利用企業からの評判

    業務時間の大幅削減を達成

    “弊社は規模が大きいため、何か変更があると変更するのにチーム単位で業務を行う必要があります。進捗状況が確認できないなどチームワークが乱れ、業務が捗らないという事態は避けたく、Bizer teamの導入を決定しました。操作が簡単で使いやすく、速やかに業務に取りかかれそうだと思ったのも利用を決めた理由でした。テンプレートを設定するだけで、面白いように業務が進み、気がついたら期待していた10分の1のスピードで終わらせることができました。導入して本当に良かったと思います。”(セブン銀行様)

    類似サービスとの比較

    Bizer teamと類似したサービスに「マンモスプロジェクト」と「Torio(トリオ)」があります。
    Bizer teamと同じく両方ともチームプロジェクトで使えるよう工夫されたタスク管理ツールで、業務を見える化させることで進捗状況が確認しやすくなっています。
    Torioは利用するスタッフメンバーが多くなるほど料金が割安になり、さまざまなツールと連携できるため、多数のメンバーがいたとしてもすぐさま更新状況が確認できます。
    Torioの料金は、ベーシックは1人あたり980円、シングルは1人あたり1,280円、エンタープライズは要問い合わせです。
    マンモスプロジェクトは、メール1つで参加者を招待できるという機能を持ちます。
    マンモスプロジェクトの料金は、通常オンライン版は1人あたり月額500円、オンプレミス版は年間36万円、プライベートクラウド版は年間60万円です。

    Bizer teamでチームタスクの円滑化を

    Bizer teamにはチームワークを円滑に進めるための工夫が散りばめられ、利用しやすいツールです。
    Bizer teamで業務を見える化させ、チームタスクの向上を目指してはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:Bizer team公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部