POWER EGG(パワーエッグ)の料金·評判·機能について

更新日:

    各企業で仕事における意思の疎通など、日々の業務コミュニケーションをスムーズにするためのツール導入が盛んになってきました。
    今回は総合型コラボレーションツールとして注目されているPOWER EGG(パワーエッグ)について、機能や評判、料金プランなどを解説します。

    POWER EGGとは

    POWER EGGは、ディサークル株式会社が提供する業務改革のためのツールです。
    迅速な意思決定を実現するため、情報を共有し決裁プロセスをデジタル化するグループウェア、汎用申請ワークフロー、Webデータベース、経費精算ワークフロー、CRMの5つの機能を連携しています。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。


    POWER EGGの特徴・機能

    POWER EGGの特徴は、業務プロセスを可視化し内部統制システムを支える管理機能を持つことです。
    クラウドとオンプレミス両方のサービスを提供しているのも特徴で、新バージョンとなるVer3.1cではスマートフォン版も使いやすく改良しています。

    機能を選べる

    POWER EGGには5つの機能がありますが、必要なものだけを選んで活用することができます。
    グループウェア、申請ワークフロー、経費精算ワークフロー、Webデータベース、CRMの中から使う分だけ選び、ユーザ分だけの料金で利用が可能です。
    機能や従業員数への柔軟な対応で企業規模にかかわらず費用対効果を発揮します。

    申請と承認の機能が豊富

    各社オリジナルの申請フォーマットを作成できるうえ、フォーム作成の手間も非常に簡略化されています。
    必要な項目をリストから選び、ドラッグ&ドロップするだけでレイアウトも可能、細かな調整も感覚でできるためストレスフリーです。申請から承認までの機能も豊富で、プッシュ通知も可能なため常にチェックしていなくても漏れを防げます。
    また、承認途中でも新しい承認者を追加できたり、設定した承認ルートを飛ばして上位者決裁に変更したりといったフレキシブルな対応も可能です。

    簡単な操作性

    最低限の機能をシンプル操作で行うことを目指しているため、機能が多くても扱いやすい設計になっています。
    画面も見やすく不要な機能や作業手間が省かれているため、直感的に使いこなせるのがメリットです。

    POWER EGGの強み

    クラウド型とパッケージ型両方に対応しており、双方リーズナブルでわかりやすい料金体系となっているのが強みです。
    またバージョンアップによりインターフェースがスマートフォンに最適化され、汎用申請ワークフローの操作性が強化されました。
    外出先でも手元のデバイスからスピーディに申請・承認が可能で、申請作業はタップ一つで承認ルートも自動設定可能です。
    管理機能のメンテナンス性も優れており、組織や部署、役職などのデータからアクセス権限や決裁フローの設定も可能となっています。

    POWER EGGの価格・料金プラン

    POWER EGGの料金はクラウド版とパッケージ版の基本サービスが両方とも公式サイトに掲載されています。
    クラウド版のサービスは基本使用料金が1契約10,000円、経費精算ワークフローとグループウェアは月額500円、汎用申請ワークフロー月額550円、Webデータベース月額650円、CRM月額280円となっています。
    そのほかオプションサービスもあります。

    2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    POWER EGGの注意点

    パッケージのほうを選んだ場合、料金にプラスしてサービスごとに別途、年間保守サービス料も必要となりますのでそこは注意しましょう。
    また英語や中国語など多言語対応も可能ですが、こちらはオプションとなり月額各10,000円かかります。

    POWER EGGの口コミ・利用企業からの評判

    稟議書のペーパーレス化を実現できました

    “いままでは稟議書に紙を使っていたので、決済に時間がかかっていました。また、進捗もわからなかったため、総務部のほうでも問い合わせの対応が大変でした。しかし、POWER EGGを導入して稟議書を電子化したところ、決済が早くなって大変助かってます。また、進捗情報もわかりやすくなり、資料を探す手間もだいぶ省けました”(株式会社富士通マーケティング様)

    類似サービスとの比較

    POWER EGGに類似するサービスとしては、インフォテック株式会社のCreate!Webフローが挙げられます。
    Create!Webフローもクラウド版とパッケージソフト版両方の形態を提供しており、1ユーザにつき月額500円、最少10ユーザからサービスを提供しています。ただCreate!Webフローは紙の申請フォームをそのままデータ化するイメージで、どちらかというとペーパーレス化がメインという感覚でしょう。
    あらゆる業務プロセスをオールインワンで実装しているPOWER EGGのほうが、企業運営全体の効率化を図るうえではアドバンテージがあります。

    POWER EGGを含むおすすめのグループウェアツール比較

    グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    POWER EGGで業務に改革を

    今回は業務改革ツールのPOWER EGGを紹介させていただきました。
    日々の業務コミュニケーションをスマートにするというコンセプトに基づき、迅速な意思決定と社内の情報共有を推進するデジタルワークフローツールです。
    5つの機能を連携しあらゆる業務においてプロセスを可視化することで、組織全体の連携を強め、仕事のあり方を変革することができるでしょう。

    画像・データ出典:POWER EGG公式サイト

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      • グループウェア

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載